コーヒー日和 福岡の街角で
連載

「コーヒー日和 福岡の街角で」

記者が福岡市内を中心に街を歩き、コーヒーに魅せられた人たちの物語をつづっていく連載。

2013 4/2 22:01
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(13)カフェ応援し地域貢献

店を直接訪れ、「カフェトライブ」に載せる情報を取材する久原茂保さん

 外光をふんだんに取り入れた明るい店内は、女性客ばかりだった。待ち合わせ場所に指定された「カフェ・ド・アッシュ」(福岡市中央区今泉)。

2013 4/2 21:59
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(14)記者ノート

数秒の違いで味が変わる焙煎作業

 「パチッ」。コーヒーの生豆を焙煎(ばいせん)機に入れて十数分。

2013 3/18 23:59
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(11)カップの上に新たな夢

自慢のクマと雪だるまのラテアートを施したカフェラテを出す山田大五朗さん

 コーヒーは絵を描く「キャンバス」にもなる-。そう思わせてくれたのが、福岡市中央区大名の「カフェ パンデロー」でコーヒーを入れる山田大五朗さん(34)だ。

2013 3/18 23:56
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(12)「体にいい」を追究20年

コーヒーの研究について学生に指導する古野教授(右)

 眠気覚ましやリラックス効果を期待して飲むことが多いコーヒー。気軽に楽しむ一杯にどんな効能があるのか、真剣に研究している人がいる。

2013 3/15 9:11
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(10)福岡から物語を発信

コーヒーを飲みながら次回作について話す岡崎さん

 西鉄福岡(天神)駅で各駅停車の電車に乗り込み、文庫本に目を通す。京都の喫茶店を舞台にしたミステリー小説「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹(い)れた珈琲を」。

2013 3/13 21:52
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(9) 貧しい生産者助けたい

カウンターに並ぶのは8種類のオーガニックコーヒー。中でも5種類はフェアトレードの豆を扱っている

 カウンターに並べた八つのコーヒーカップに、産地が異なるコーヒー豆が山盛りになっていた。福岡市東区美和台の住宅地の一角にあるカフェ「ポップコーヒーズ」。

2013 3/11 14:32
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(8) “豆”のおいしさ伝える

ブラジルから届いた豆の味を確かめる後藤文男さん

 300グラムの生豆に、発酵した豆が1粒交ざるだけで、コーヒー全体に土やカビの臭いが付くという。豆の質を守るため、コーヒーの本場ブラジルには、欠点のある生豆を的確に取り除き、焙煎(ばいせん)後の味わいや香りの良しあしを見極める能力を認定する資格がある。

2013 3/11 14:32
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(7) 喫茶店主の魅力を紹介

「福岡喫茶散歩」で取り上げた喫茶店の店主(右)と談笑する小坂章子さん

 隣客の持っていた本が目に入った。福岡市内の個人経営の喫茶店40軒を紹介した「福岡喫茶散歩」(書肆侃侃房=しょしかんかんぼう=刊)。

2013 3/11 14:30
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(2) 変わらぬ店であり続け

焙煎機の前で、豆の仕上がり具合を確認する中村さん。味を大きく左右するだけに、表情も真剣

 レトロな白い洋風の館が見えてきた。「昭和」を感じさせるたたずまい。

2013 3/7 19:25
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(6) 美味なる一杯にかける

焙煎機から出した豆をうちわで激しくあおぐ森光さん

 一杯のコーヒーができあがるまでには、さまざまなプロセスを経る。その一つが生豆をいり上げる焙煎(ばいせん)。

2013 3/7 11:59
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(5) 天神見守り続けて23年

カウンターに座る常連客と話しながら、開店当初から変わらないサイフォンでコーヒーを入れる斉藤接子さん

 周囲の様相が目まぐるしく変わる街だから、変わらないママの笑顔に会いたくなる-。 福岡市・天神の商業施設「天神ビブレ」3階にある喫茶キャロット。

2013 3/2 17:04
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(4) 豆を求めて世界を巡る

焙煎した豆の仕上がり具合をスタッフと一緒に確かめながら、良しあしを判断する技術を指導する井崎克英さん

 店の扉を開けると、利き酒ならぬ“利きコーヒー”の真っ最中だった。「ズズーッ」。

2013 3/2 16:53
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(3) 2人で夢を追いかける

縁もゆかりもない福岡で夢をかなえた北添修さん(左)と岩瀬由和さん(右)

 フィルターに入れた粉のわずか1ミリのズレが味を大きく左右する-。 コーヒーは繊細なんだと教えてくれたのは、西鉄薬院駅にほど近い「レックコーヒー」(福岡市中央区白金)の共同代表、北添修さん(32)と岩瀬由和さん(31)だ。

2013 3/2 16:41
連載

【コーヒー日和 福岡の街角で】(1) 人がつながり合う場に

開店以来、こだわり続けるエスプレッソを出す西岡総伸さん

 高層ビルやマンションが立ち並ぶ無機質な周囲の風景とは裏腹に、この空間は温(ぬく)もりを感じる。福岡市中央区の渡辺通りから少し入った「マヌコーヒー春吉店」。

PR

PR

注目のテーマ