まとめ

「長崎原爆74年」(2ページ目)

「長崎原爆74年」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 8/9 6:00
長崎

被爆地の願いを世界に 50カ国の大使が献花 原爆落下中心地碑

原爆落下中心地碑に献花する駐日大使

 長崎市は9日、原爆投下から74年を迎える。8日は市内で祈りの日を迎える準備が進んだ。

2019 8/8 6:00
社会

被爆十字架、浦上へ返還 あす「長崎原爆の日」

浦上天主堂に返還された被爆十字架=7日午後4時40分すぎ、長崎市

 長崎は9日、原爆投下から74年となる「原爆の日」を迎える。長崎市の平和公園では同日午前10時40分から、被爆者や遺族のほか、安倍晋三首相、各国の駐日大使らの参列で平和祈念式典が開かれる。

2019 8/8 6:00
社会

米ドラマで「ナガサキする」 “破壊する”の意味で使用 原爆に着想、俗語表現か

「THIS IS US」シーズン1のDVD(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 米国で大ヒットし、日本でもNHKで放映されている連続ドラマ「THIS IS US(ディス・イズ・アス)」で、「Nagasaki」という単語が「破壊する」「つぶす」という意味の動詞として使われている。原爆の壊滅的な威力を踏まえ、完膚なきまでにたたきつぶすという意味合いで用いたとみられる。

2019 8/8 6:00
社会

被爆手帳所持6割減、団体代表ら死去 長崎、次代の活動苦慮

7月から夜間ライトアップされている長崎市の平和公園。平和の尊さを考えてもらう狙いがある

 「被爆者のいない時代」が迫ろうとしている。被爆者健康手帳を持つ被爆者は14万5844人(3月末現在)で、最も多かった1980年度末時点の37万2264人から6割減った。

2019 8/7 10:40
春秋

「どうしても原爆ドームからスタートさせたかった」…

 「どうしても原爆ドームからスタートさせたかった」。監督を務めた故市川崑さんは生前、こう語っている。

2019 8/7 9:12
国際

ローマで原爆追悼式典


                  ローマの古代遺跡パンテオン前広場で歌う音楽家のマキ・奈尾美さん=6日(共同)

 【ローマ共同】ローマの古代遺跡パンテオン前広場で6日、広島と長崎の原爆犠牲者を追悼する式典「ヒロシマを二度と繰り返さない」が開かれた。長野県軽井沢町の音楽家、マキ・奈尾美さん(59)も出席、自ら作曲した「あなたの手に」を歌い、集まった市民ら数十人と平和を願った。

2019 8/7 6:00
長崎社会

二つの被爆地つなぐ鎮魂の調べ 2世のビオラ奏者・沖西さん

平和を祈り、教会にビオラの音色を響かせる沖西慶子さん(中央)=6日午後6時半ごろ、広島市

 6日夜、広島原爆の爆心地から北東約1・2キロにあるカトリック教会に鎮魂の音色が響いた。オーケストラの一人、ビオラ奏者の沖西慶子さん(54)は広島市在住で、2度目の原爆が投下された長崎の被爆2世。

2019 8/6 10:30
社説

広島原爆の日 核だらけの世界にするな

 74年前の8月6日、原爆が米国によって広島に投下され、3日後には長崎にも落とされた。戦闘員でも何でもない市民たちが核の業火に焼かれ、死んでいった。

PR

PR

注目のテーマ