まとめ

「福岡ソフトバンクホークス」 (36ページ目)

「福岡ソフトバンクホークス」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 12/28 6:00
社会

ホークス戦、AIが時価設定 人気、日程 需要を予測 本拠地64戦、来季チケットに導入

 プロ野球福岡ソフトバンクホークスが2019年のレギュラーシーズン中に本拠地で開催する全64試合のチケットについて、人工知能(AI)を活用し、売れ行きなど需給状況によって価格を変動させる「ダイナミックプライシング(DP)」を採用することが分かった。1試合当たり千~1500枚程度のDPチケットを販売する見込み。

2018 12/27 6:00
福岡

ホークス岩崎投手ら小中生に野球指導 豊前市

福岡ソフトバンクホークスの岩崎翔投手(左)からキャッチボールの指導を受ける小中学生

 福岡ソフトバンクホークスの選手らを招いた野球教室が26日、豊前市の市民球場であり、地元の小中学生ら約110人がバッティングやキャッチボール、守備の指導を受けた。地元の有志で構成する「豊前スポーツ活性化推進委員会」(上田大作会長)の主催で18回目。

2018 12/23 6:51
社会

今季現役引退の巨人・杉内、夢の引退登板

福岡ダイエーホークスのユニホームを着た(左から)城島氏、巨人・杉内コーチ、松中氏、和田

 今季限りで現役引退した巨人の杉内俊哉コーチが参加し、熊本市で22日にあった少年野球教室に、福岡ソフトバンクホークスOBの城島健司さんと松中信彦さんが登場。杉内コーチの「夢の引退登板」が実現した。

2018 12/21 6:00
福岡

ふるさと納税、ホークスと連携 筑後市 返礼品に始球式登板、特等席、グッズ

返礼品のオリジナルタオルを持って筑後市のふるさと納税をPRする西田市長(左端)

 筑後市は今月から、ふるさと納税の返礼品としてプロ野球福岡ソフトバンクホークスとの連携プランの取り扱いを始めた。返礼品は2軍の本拠地「タマホームスタジアム筑後」(タマスタ、同市津島)で行われるウエスタン・リーグ公式戦で始球式に臨む権利など。

2018 12/8 6:27
福岡

元ホークス柴原さんが一日署長 若松区で暴追・歳末防犯大会

一日署長を務めた柴原洋さん

 若松署と若松区は7日、若松市民会館(同区)で「暴力追放・歳末防犯区民総決起大会」を開いた。プロ野球福岡ソフトバンクホークスの元外野手で、西日本スポーツ評論家の柴原洋さん(44)を「一日署長」に任命。

2018 12/7 6:00
福岡

ホークス栗原捕手と笠谷投手が児童と交流 「野球も勉強も続けること大事」

羽犬塚小児童にこれまでの歩みを説明する栗原捕手(左)と笠谷投手

 プロ野球福岡ソフトバンクホークスの栗原陵矢捕手(22)と笠谷俊介投手(21)が6日、筑後市の羽犬塚小を訪れ、6年生107人と交流した。 筑後市は2軍の本拠地、HAWKSベースボールパーク筑後の所在地。

2018 12/6 6:11
福岡

タカ牧原選手「一日署長」 筑後署 特別警戒出陣式で防犯訴え

篠崎弘美署長(左)とともに署員を視察する牧原大成選手

 筑後署の年末年始特別警戒出陣式が5日、大川市上巻のゆめタウン大川駐車場であり、プロ野球福岡ソフトバンクホークスの牧原大成選手(26)が一日警察署長として署員や防犯協会などの参加者を激励した。 久留米市出身の牧原選手はあいさつで「タマスタ筑後(筑後市)で練習し、筑後地区は思い入れのある地。

2018 12/2 6:00
社会

タカガールが選手たちと「運動会」 柳田、松田宣らと綱引き&リレー

ソフトバンクの柳田選手らと綱引きを楽しむ女性ファン=1日、福岡市城南区

 福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手や松田宣浩選手ら4選手との「運動会」を楽しむ女性限定のイベントが1日、福岡市城南区の福岡大であった。 体を動かす楽しさを味わい、女性にブランド名をもっと知ってもらおうとスポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」が企画。

2018 12/1 6:00
福岡

飯塚の5商店街で「永昌会」 1~5日、催し多彩に

永昌会をPRする商店主たち

 飯塚市商店街連合会は1~5日、1884年から続く師走恒例の大売り出し「永昌会」を本町、東町、昭和通、吉原町、新飯塚の5商店街で開く。各店舗のワゴンセール、物産展、現金のつかみ取りができる「ガラポン抽選会」などがあり、商店街全体で盛り上がりを見せる。

2018 11/26 6:00
社会

日本一タカ 37万人祝福 福岡市でパレード

ファンの声援を受けながら、日本一を祝うパレードをする(左から)福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手会長、工藤公康監督ら=25日午前11時すぎ、福岡市博多区

 プロ野球で2年連続日本一を達成した福岡ソフトバンクホークスの優勝祝賀パレードが25日、福岡市であった。沿道は37万人(主催者発表)のファンが詰めかけ、3連休最終日の都心部は祝福ムードに包まれた。

2018 11/26 6:00
福岡

若鷹堂々 Vパレード

優勝パレードでファンの声援に応える柳田選手(右)と王会長

 2年連続日本一の栄冠を手にした若鷹(わかたか)軍団が福博の街に誇らしく降り立った。25日に福岡市であったプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの優勝祝賀パレード。

2018 11/22 6:00
福岡

小郡ゆかりのアスリート集う 元ホークス帆足さんら4人がトーク

現役時代の体験を語る小鴨由水さん(左)と帆足和幸さん

 小郡市スポーツ協会創立50周年を祝うトークイベントが17日、小郡市文化会館であった。女子マラソンのソウル五輪代表荒木久美さん、バルセロナ五輪代表小鴨由水さん、男子レスリングのアテネと北京五輪代表池松和彦さん、埼玉西武ライオンズと福岡ソフトバンクホークスで投手として活躍した帆足和幸さんの市ゆかりのアスリート4人が参加した。

2018 11/21 13:01
社会

「マークイズ」開業 初日からにぎわい 30分前倒しでオープン

開業初日からにぎわう「マークイズ福岡ももち」=21日午前、福岡市中央区

 福岡市中央区のヤフオクドーム隣接地に大型商業施設「マークイズ福岡ももち」が21日、開業した。施設前には開店を待つ約2000人の行列ができ、当初予定より30分前倒しして午前9時半にオープン。

2018 11/16 6:00
福岡

甘い香りで「ありがとう、平成」 平岡学園生徒が菓子細工披露 小郡市

ホークス選手をあしらった飾り山笠や福岡タワーなど平成の福岡を象徴する作品

 「調理・製菓」「栄養士」「介護福祉」の専門学校3校を運営する学校法人平岡学園(小郡市大保)の「平岡文化祭」(10、11日)で、間もなく幕を閉じる平成をテーマにした立体作品「ありがとう、平成」が披露された。マジパン、チョコ、寒天、パンを使って組み上げた細工の数々。

2018 11/15 6:00
社会

キューバ大使の宿泊拒否 ヒルトン福岡、市が行政指導

 米ホテル大手ヒルトングループの「ヒルトン福岡シーホーク」(福岡市中央区)が10月、いったん予約を受けた駐日キューバ大使の宿泊を、当日になって拒否していたことが分かった。米国の経済制裁対象国の要人であることが理由で、ヒルトン側は「米国の法令に伴う措置」と説明したが、特別な理由なく宿泊拒否することを禁止する旅館業法に違反しているとして、福岡市は行政指導を行った。

2018 11/14 6:00
福岡

12球団トライアウトにファン声援 タマホームスタジアム筑後

ソフトバンクの城所龍磨外野手の打撃を見つめる大勢のファン

 プロ野球で戦力外となった選手らを対象とした12球団合同トライアウト(入団テスト)が13日、筑後市津島のタマホームスタジアム筑後であった。現役続行を目指す48選手が参加。

2018 11/13 6:00
社会

新聞で知った「タカばあちゃん」に…ソフトバンク和田選手が驚きの行動

福岡県久留米市内の介護付き施設に入居する中村ケイ子さん(右)を訪ねたプロ野球ソフトバンクの和田毅選手。去り際に「行かんで」と袖をつかまれ照れ笑い

 「夢じゃないんですよね」-。「タカばあちゃん」は大好きな福岡ソフトバンクホークスの和田毅選手を前に、何度も自分の頬をつまんでみせた。

2018 11/6 6:00
社会

ホークス、25日に日本一パレード 福岡市・明治通り2.3キロ

 福岡市などは5日、2年連続プロ野球日本一に輝いた福岡ソフトバンクホークスの優勝祝賀パレードを25日、市中心部の明治通りで実施すると発表した。工藤公康監督や柳田悠岐選手、内川聖一選手ら主力組がオープンカーなどに乗り込み、沿道のファンと日本一の喜びを分かち合う。

2018 11/4 6:35
社会

タカばあちゃんTV応援 「福岡県久留米市の91歳」 「来季は本拠地胴上げを!」

メガホンを手に、ホークスへの思いを語る中村ケイ子さん。「野球観戦は私の生きがい」と笑う=福岡県久留米市

 本紙夕刊の電話投稿コーナー「テレプラ」の常連「福岡県久留米市、女性、91」は福岡ソフトバンクホークスの大ファンだ。ホークスが勝っても負けても投稿を寄せ、しばらく投稿がないと「お元気でしょうか」と気にかける読者もいるほど。

2018 11/4 6:00
社会

育成から正捕手、母の電話支えに MVP甲斐選手

 日本シリーズ新記録となる6連続盗塁阻止を達成、シリーズ最高殊勲選手(MVP)を獲得した福岡ソフトバンクホークスの甲斐拓也捕手(25)を女手ひとつで育てた母の小百合さん(51)=大分市=は「拓也が日本一に貢献する姿を見られて、本当にうれしい。今でも信じられない」と声を弾ませた。

PR

開催中

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR