まとめ

「高校野球」

「高校野球」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 10/19 8:00
長崎スポーツ

大崎、長崎日大下す 逆転勝ちで3度目V 九州地区高校野球長崎大会

優勝を決めてマウンドに駆け寄り、喜ぶ大崎の選手たち

 九州地区高校野球長崎大会の決勝戦が18日、長崎市の長崎県営野球場であり、大崎が長崎日大を7-3で下し、3回目の優勝を果たした。両チームは31日から県内で行われる九州大会に出場する。

2020 10/9 11:00
佐賀

「がばい旋風」もう一度!高校野球強化プロジェクト委員会設置 佐賀

硬式野球体験会で紅白戦に臨む中学生たち

 「がばい旋風」を巻き起こし、佐賀北高が頂点に立った2007年の夏の全国高校野球選手権大会以降、佐賀県内高校の野球部は全国制覇から遠ざかっている。再び優勝旗をもたらそうと、県は野球関係者とともに「野球育成・強化プロジェクト委員会」を設置。

2020 8/2 6:00
大分

古豪、ダークホースが躍進 コロナ禍の大分県高校野球大会

熱戦が繰り広げられた津久見と大分舞鶴との決勝戦

 2020大分県高校野球大会は、津久見がノーシードから快進撃を見せ、夏の大会としては32年ぶり13回目となる優勝を飾って、7月31日に閉幕した。16日間にわたり、43校の球児たちが熱戦を繰り広げた今大会。

2020 7/31 6:00
大分

津久見高が22年ぶり決勝進出 古豪復活へ地域一丸

夏の大分県大会で決勝出場を決めた津久見高

 甲子園で優勝実績がある津久見高(大分県津久見市)が夏の県大会としては22年ぶりの決勝進出を決めた。長い低迷期からの復活を支えたのは、古豪復活を願う地域の熱い思い。

2020 6/6 15:55
福岡

高校野球、福岡でも独自交流戦 「代替大会なし」一転 来月11日から週末開催

5月25日に代替大会の断念を発表した福岡県高野連

 全国高校野球選手権福岡大会の中止決定を受けて新たな動きが出てきた。福岡市と近隣自治体の高校で構成する福岡地区で独自の「福岡地区高校野球交流戦」を実施することが決まり、5日に開催要項が発表された。

2020 3/12 12:58
福岡スポーツ

夏の甲子園連覇の主将 小倉高OB原勝彦さん死去

夏の甲子園を2連覇し、優勝旗を持って旧小倉市内をパレードする原勝彦さん(右手前)ら小倉高野球部の選手たち=1948年8月(愛宕クラブ提供)

 元プロ野球選手で、小倉高(小倉北区)野球部OBの原勝彦さんが1月26日、心不全により89歳で亡くなった。高校3年時には同校野球部で主将を務め、1948年夏の甲子園では2連覇を果たした。

2019 11/28 6:00
九州ニュース

先日、高校野球の取材で…

 先日、高校野球の取材でお世話になった野球部の監督と再会した。2年前から当時とは別の公立高校で指導しているが、地方の主要大会で半世紀ぶりの優勝に導いたという。

2019 8/12 18:41
鹿児島スポーツ

神村学園は高岡商に3―4で敗れる 全国高校野球選手権第7日

 全国高校野球選手権大会第7日は12日、甲子園球場で2回戦が行われ、神村学園(鹿児島)は高岡商(富山)に3―4で敗れた。

2019 8/12 12:30
長崎速報

海星は聖光学院に3ー2で勝利 全国高校野球選手権

 全国高校野球選手権大会第7日は12日、甲子園球場で2回戦が行われ、海星(長崎)は聖光学院(福島)を3ー2で破った。

2019 8/11 10:15
福岡速報スポーツ

筑陽学園は作新学院に3ー5で敗れる 全国高校野球選手権

 全国高校野球選手権大会第6日は11日、甲子園球場で2回戦が行われ、筑陽学園(福岡)は作新学院(栃木)に3ー5で破れる。

2019 8/10 13:39
熊本速報

熊本工は山梨学院に3ー2で勝利 全国高校野球選手権

全国高校野球選手権大会第5日は10日、甲子園球場で1回戦が行われ、熊本工は山梨学院を3ー2で破った。

2019 8/8 18:11
宮崎速報

富島は敦賀気比に1ー5で敗れる 全国高校野球選手権

初戦突破ならず、敦賀気比の校歌を聞く富島の選手たち

 全国高校野球選手権大会第3日は8日、甲子園球場で1回戦が行われ、初出場の富島(宮崎)は敦賀気比(福井)に1ー5で敗れた。

2019 8/8 12:59
大分速報

藤蔭は明徳義塾に4―6で敗れる 全国高校野球選手権

 全国高校野球選手権大会第3日は8日、甲子園球場で1回戦が行われ、藤蔭(大分)は明徳義塾(高知)と対戦し、4―6で敗れた。

2019 8/4 6:00
福岡スポーツ

筑陽学園闘志新た 初戦は6日目、作新学院と 高校野球

初戦の対戦相手を決めるくじを示す筑陽学園の江原佑哉主将

 第101回全国高校野球選手権の組み合わせ抽選会が3日、大阪市のフェスティバルホールであった。県代表の筑陽学園は、大会6日目の11日、第1試合で栃木県代表の作新学院と対戦することが決まった。

2019 8/4 6:00
佐賀スポーツ

佐賀北、神村学園と初戦「自分たちの野球貫く」 高校野球

初戦の対戦相手を決めるくじを示す佐賀北の千綿洋登副主将

 第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市であり、5年ぶり5度目の出場となる県代表の佐賀北は大会初日の6日、第2試合で鹿児島県代表の神村学園との対戦が決まった。早くも初日から、九州勢同士がぶつかる。

2019 8/4 6:00
長崎スポーツ

海星「打ち勝ちたい」 12日に聖光学院と初戦 高校野球

初戦の対戦相手を決めるくじを示す海星の坂本芽玖理主将

 第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市であり、5年ぶり18回目の出場となる県代表の海星は大会7日目の12日、第2試合で福島県代表の聖光学院との対戦が決まった。 聖光学院とは2014年の「長崎がんばらんば国体」で対戦し、加藤慶二監督率いる海星は逆転負けを喫した。

2019 8/4 6:00
熊本スポーツ

熊本工、山梨学院と対戦 10日「最少失点で勝つ」 高校野球

初戦の対戦相手を決めるくじを示す熊本工の梶原凌介主将

 第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市であり、県代表として6年ぶり21回目の出場となる熊本工は大会5日目の10日、第2試合で山梨県代表の山梨学院との対戦が決まった。 山梨学院は4年連続9回目の強豪。

2019 8/4 6:00
大分スポーツ

藤蔭、明徳義塾と対戦 竹下監督「攻めの野球で挑む」 高校野球

初戦の対戦相手を決めるくじを示す藤蔭の松尾将主将

 第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市であり、2年連続3度目の出場となる県代表の藤蔭は大会3日目の8日、第2試合で高知県代表の明徳義塾との対戦が決まった。 藤蔭の竹下大雅監督は「甲子園でも実績のある全国レベルの相手だが、気後れせずに初回から攻める野球で挑む」と気合十分。

2019 7/31 6:00
福岡スポーツ

心震えた逆転サヨナラ 高校野球福岡大会を振り返って

全力を尽くして戦い、サヨナラ負けに泣いた福岡の選手たち。球児1人1人に、白球に託した物語があった

 8月6日に開幕する第101回全国高校野球選手権の県代表校が29日、筑陽学園に決まった。16年ぶり2回目の夏の甲子園で、8強入りした春のセンバツに続く出場に期待が高まる。

2019 7/30 6:00
福岡スポーツ

筑陽学園 夏の大舞台へ 西日本短大付先制実らず 高校野球福岡大会

春夏連続の甲子園出場を決め、喜ぶ筑陽学園の選手たち

 第101回全国高校野球選手権福岡大会は29日、久留米市野球場で決勝戦が行われた。筑陽学園が7‐4で西日本短大付を下し、16年ぶり2回目の優勝を果たした。

PR

PR

注目のテーマ