まとめ

「高校野球」 (3ページ目)

「高校野球」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 7/24 6:00
佐賀スポーツ

鳥栖、佐賀北が決勝へ 高校野球佐賀大会

【鳥栖―東明館】10回、鳥栖は二走の木原が盗塁を決め、勝ち越しのチャンスを広げた

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会は13日目の23日、準決勝2試合が佐賀市のみどりの森県営球場であり、鳥栖と佐賀北が決勝進出を決めた。 鳥栖は延長戦の末、第5シードの東明館とのシーソーゲームを制し、2年ぶりの決勝進出を決めた。

2019 7/24 6:00
長崎スポーツ

諫早農、逆転サヨナラ ベスト8決まる 高校野球長崎大会

【五島―諫早農】9回、4番坂本の逆転適時打でサヨナラ勝ちし、抱き合って喜ぶ諫早農の選手

 第101回全国高校野球選手権長崎大会は23日、県営野球場(長崎市)と佐世保市総合グラウンド野球場で3回戦5試合があり、ベスト8が出そろった。 秋の県大会優勝の長崎南山は鎮西学院に1点差で敗れた。

2019 7/24 6:00
大分スポーツ

8強出そろう 情報科学、明豊、中津東 高校野球大分大会

【大分上野丘―明豊】6回、右犠飛で追加点を挙げる明豊の野辺。3塁走者は若杉

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は23日、大分市の別大興産スタジアムで3回戦3試合があり、情報科学、明豊、中津東のシード3校が勝ち、ベスト8が出そろった。 第1試合は、雨のため5日連続で順延していた情報科学と佐伯豊南の一戦。

2019 7/24 6:00
熊本スポーツ

決勝は九州学院VS熊本工 25日、藤崎台球場で 高校野球熊本大会

【九州学院―秀岳館】5回1死二、三塁、7番荒川の適時打で二走山路も生還

 第101回全国高校野球選手権熊本大会は23日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場で準決勝2試合が行われ、九州学院と熊本工が決勝に進出した。 九州学院は秀岳館に先制されたが、三回に一番川野の本塁打などで逆転。

2019 7/23 6:00
福岡スポーツ

小倉工サヨナラ勝ち8強 九国大付は投手戦制す 高校野球福岡大会

【福岡工大城東‐小倉工】延長11回を投げ抜き、サヨナラ勝ちを呼び込んだ小倉工・樋口風音投手

 第101回全国高校野球選手権福岡大会は22日、県大会5回戦が行われ、シード勢4校がベスト8進出を決めた。 小倉工と福岡工大城東は4‐4で延長戦に入り、1点を勝ち越された小倉工が十一回裏、2点を入れて逆転サヨナラ勝ちした。

2019 7/23 6:00
福岡スポーツ

九産大九州、九回3点リード守れず 高校野球福岡大会

【九産大九州‐筑陽学園】サヨナラ負けを喫したものの、8回まで無失点の力投を見せた九産大九州・野田壮吾投手

 九産大九州の野田壮吾投手(2年)にとって「魔の九回」となった。今大会の優勝候補の筑陽学園を八回までほぼ完璧に封じ込め、3点差で迎えたが、まさかの4失点で逆転サヨナラ負け。

2019 7/23 6:00
長崎スポーツ

海星、佐実に打ち勝つ 長崎商は5回コールド 高校野球長崎大会

5回、海星は6番村上の三塁打で逆転。三塁から生還した松尾倫はベンチの仲間とハイタッチ

 第101回全国高校野球選手権長崎大会(県高野連など主催)は22日、長崎市の県営野球場と佐世保市総合グラウンド野球場で3回戦3試合があった。 海星は中盤の五回、六回に村上の3点本塁打などで大量点を挙げ、シード佐世保実との打撃戦を制した。

2019 7/23 6:00
大分スポーツ

情科VS豊南は5日連続 高校野球大分大会、雨でまた中止

5日連続の雨によるベンチ待機で、和やかに過ごす情報科学の選手。この日も試合はできなかった

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は22日、大分市の別大興産スタジアムで予定されていた3回戦の残り3試合が降雨のために中止となり、23日に順延された。第1試合で予定されていた情報科学と佐伯豊南の試合は5日連続での中止。

2019 7/22 6:00
熊本スポーツ

決勝懸け4強激突 秀岳館―九州学院 有明―熊本工 高校野球熊本大会

4校のチームデータ

 第101回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は22日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場で準決勝2試合が行われ、4校が決勝進出を懸け激突する。20年ぶりに4強入りした有明はエースが好調。

2019 7/21 6:00
福岡スポーツ

シードの飯塚と東福岡敗退 ベスト16出そろう 高校野球福岡大会

【春日―飯塚】飯塚打線を2点に抑え完投勝利を挙げた春日・坂元創投手

 第101回全国高校野球選手権福岡大会は20日、県大会4回戦の残り8試合が行われ、ベスト16が出そろった。シード校はこの日、飯塚と東福岡が敗れた。

2019 7/21 6:00
熊本スポーツ

熊本工、逆転で4強 昨年の覇者星翔姿消す 高校野球熊本大会

【東海大星翔―熊本工】3回2死一、二塁、東海大星翔は、4番植田の適時打で同点に

 第101回全国高校野球選手権熊本大会は20日、リブワーク藤崎台球場で準々決勝2試合があった。 プロ注目の右腕、浅田将汰投手率いる有明は初回から2点を先制。

2019 7/20 6:00
福岡スポーツ

福岡大大濠が快勝 県大会開幕 高校野球福岡大会

【筑陽学園‐近大福岡】5回無死一塁、内野ゴロで一塁にヘッドスライディングする近大福岡の選手

 第101回全国高校野球選手権福岡大会は県大会初日の19日、4回戦の8試合が行われ、16強チームが次々と決まった。シード校では東海大福岡が敗退した。

2019 7/20 6:00
佐賀スポーツ

佐賀北、5年ぶり4強 高校野球佐賀大会 21日準決勝

【佐賀北―伊万里農林】7回、佐賀北は2死二、三塁で代打碇が中前適時打を放ち、2人が生還し逆転

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会は12日目の19日、前日に降雨ノーゲームで順延となった準々決勝1試合が佐賀市のみどりの森県営球場であり、佐賀北が5年ぶりの準決勝進出を決めた。 佐賀北は伊万里農林のサウスポー吉田の打たせて取るピッチングを前に終盤まで抑えられていたが、七回の得点機に代打の碇が2点適時打を放ち、試合をひっくり返した。

2019 7/20 6:00
大分スポーツ

8強 大分南35年ぶり 藤蔭は2年連続 高校野球大分大会

【大分雄城台―藤蔭】4回、吉田創の適時打で生還する藤蔭の片平

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は19日、大分市の別大興産スタジアムで3回戦2試合があった。大分南は大会初となるタイブレークの末に、1984年以来2回目のベスト8進出を決めた。

2019 7/20 6:00
熊本スポーツ

秀岳館がベスト4進出 九回逆転の九州学院も 高校野球熊本大会

【熊本国府―秀岳館】8回1死一、三塁、熊本国府は3番増田の適時打で三走上田が生還

 第101回全国高校野球選手権熊本大会は19日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場で3回戦1試合と準々決勝2試合があり、秀岳館と九州学院が準決勝進出を決めた。 初回に先制した秀岳館は着実に加点し、第1シードの熊本国府を退けた。

2019 7/19 6:00
福岡スポーツ

県大会19日開幕 高校野球福岡大会

第101回全国高校野球選手権福岡大会(県大会)

 第101回全国高校野球選手権福岡大会の県大会が19日、開幕する。北部、南部大会の3回戦を突破したシード14校を含む計32校が、1枚の甲子園切符を懸けて激突する。

2019 7/19 6:00
佐賀スポーツ

東明館、初の4強 高校野球佐賀大会

【東明館―北陵】9回、東明館は1死満塁で6番大場の中前安打と相手守備の乱れで2人が生還して逆転に成功し、歓喜に沸いた

 第101回全国高校野球選手権佐賀大会は11日目の18日、準々決勝1試合が佐賀市のみどりの森県営球場であり、第5シードの東明館が初の4強入りを果たした。第2試合の佐賀北―伊万里農林は降雨でノーゲームとなり、19日に順延となった。

2019 7/19 6:00
熊本スポーツ

八代、接戦制し8強に 昨年Vの東海大星翔も 高校野球熊本大会

【八代―人吉】9回1死二塁、八代は9番斉藤の適時打で二走伊藤(右)が決勝のホームを踏む

 第101回全国高校野球選手権熊本大会は18日、熊本市中央区のリブワーク藤崎台球場で3回戦2試合があり、シードの八代と東海大星翔が昨年に続き準々決勝に進んだ。 八代は最終回に勝ち越して人吉との接戦を制した。

2019 7/19 6:00
長崎スポーツ

諫早農が完封勝利 ベスト16出そろう 高校野球長崎大会

【諫早―鎮西学院】2回に同点に追いつき、こぶしを突き上げて喜ぶ諫早ベンチ

 第101回全国高校野球選手権長崎大会(県高野連など主催)は18日、県営野球場(長崎市)と佐世保市総合グラウンド野球場で2回戦4試合があり、ベスト16が出そろった。 諫早農は先発中村が粘り強い投球で瓊浦を完封。

2019 7/19 6:00
大分スポーツ

大分商、シード文理を制す 杵築、大分工も準々決勝へ 高校野球大分大会

完投した大分商のエース川瀬

 第101回全国高校野球選手権大分大会(県高野連など主催)は18日、大分市の別大興産スタジアムで3回戦3試合があり、大分商が第1シードの日本文理大付を破り準々決勝に進んだ。杵築、大分工も勝ち上がった。

PR

PR

注目のテーマ