壱行の歌 認知症を描く
コーナー

「壱行の歌 認知症を描く」

「壱行の歌 認知症を描く」の連載記事を掲載しています。

2021 3/29 17:30
医療・健康

出会いが心を強くしてくれた【壱行の歌 認知症を描く】

ありがとう 全てに感謝したくって

 私は忘れ物の常習犯です。通勤バスに傘、スーパーにバッグを置き忘れては、後見人の中倉美智子さんと引き取りに行きます。

2021 3/22 17:30
医療・健康

地域の熱気に背中を押され【壱行の歌 認知症を描く】

牛蒡みたいにささがれて僕は歩いて行く

 2018年の8月末、私は後見人の中倉美智子さんと福岡県田川市の県立大にいました。「筑豊地区福岡県認知症医療センター合同研修会」という看板が掛かっています。

2021 3/8 17:30
医療・健康

1人の100歩より100人の1歩【壱行の歌 認知症を描く】

人は皆 期間限定のダイヤモンドだよ

 宮崎県都城市での講演会は盛況でしたが、未熟さも感じました。思いを言葉にする過程で、自分の症状や至らない行動、人間性まで再認識され、苦しくもあったからです。

2021 2/8 17:30
医療・健康

目を開かせてくれた人たち【壱行の歌 認知症を描く】

微笑みはあなたの宝

 私は若年性認知症になって何度も自分を見失い、目を閉じてばかりでした。そのたびに、生きる意味と希望を私に届けてくれる人たちがいました。

2021 1/25 13:30
医療・健康

当事者や家族との集いが財産に【壱行の歌 認知症を描く】

希望をもって皆とともに生きていく

 よりによって今日はとても冷えるね。誰か一人でも来てくれたらいいけど…。

2021 1/18 13:30
医療・健康

みんなに助けられて気付いた【壱行の歌 認知症を描く】

人は誰でも 愛情という絆創膏を 病んだだれかに貼れる

 「かわいい。 絵を描くことに夢中の私は、花屋さんでモデル探しをすることが増えました。

2021 1/11 15:05
医療・健康

色鉛筆を握ると光が差した【壱行の歌 認知症を描く】

この先に見えるのは オレンジに輝くトンネルの出口

 2015年6月、初めての展示会は多くの来場者に恵まれました。予算がわずかしかない中で、任意後見人の中倉美智子さんとボランティアのキヨカさんが必要な物を手作りしてくれ、無事終えることができました。

2020 12/21 11:22
医療・健康

展示会場で裏に隠れてしまう【壱行の歌 認知症を描く】

心の中に住みついたアルツハイマーが居る 鬼が島へ行く

 認知症と診断され、私が1年近くメモ帳に書き連ねていた「思い」が、任意後見人の中倉美智子さんの毛筆ではがき100枚以上になりました。中倉さんは展示会場を探し始めましたが、私は「心の中を人に見られてしまう」と気が気じゃありませんでした。

2020 11/30 14:00
医療・健康

「心の記録」が出来上がっていく【壱行の歌 認知症を描く】

苦労の細木に 幸福が芽吹く

 「年が明けたよ。今年は良いことがあるように、初詣に行かないとね」。

2020 11/23 11:59
医療・健康

人の情けという薬を知った【壱行の歌 認知症を描く】

母さん 僕はまだ生きてるよ もっともっと生きるよ だから後でほめて下さいね

 任意後見人の中倉美智子さんがしかってくれたおかげで、私は自分を取り戻しました。2014年の暮れには、激しく悔しがったり落ち込んだりせず、落ち着いた生活を遅れるようになっていました。

2020 11/16 11:58
医療・健康

鬼の形相に解けていった心【壱行の歌 認知症を描く】

命はね、一つなんだよ 人志くん

 2014年の夏に診断を受けた後、私の心はコントロールが効かなくなりました。ちょっとした忘れ物や失敗を激しく悔やみ、ティッシュやコップを投げたりと、物に当たらないと冷静になれなくなりました。

2020 10/26 11:00
医療・健康

世の中の秩序と常識にのまれ【壱行の歌 認知症を描く】

世の中の秩序と常識にのまれ

 若年性認知症の診断を受けてから1カ月ほどたった2014年8月末には、体調がますます悪化していました。少し難しい問題に直面すると、頭が締め付けられるように痛くなったり、だるくなったりしました。

2020 10/23 11:00
医療・健康

皆の前から消えてしまいたい【壱行の歌 認知症を描く】

皆の前から消えてしまいたい

 精神的に参って大きな病院に検査入院し、気が晴れないまま退院日を迎えました。2014年の7月末。

2020 10/22 11:00
2020 10/21 17:06
医療・健康

味付けできない調理師なんて【壱行の歌 認知症を描く】

稲穂にもなれない僕は虫になる

 新型コロナウイルスの影響で、私は仲間と4カ月ぶりに笑顔で再会を果たしました。お互いの元気な姿を見て、不安や孤独感が引き、身も心も生き返ったようでした。

PR

PR