コーナー

「囲碁」

「囲碁」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

第44期天元戦五番勝負 第3局 11月23日(金)

井山裕太天元 対 山下敬吾九段

佐賀県鹿島市「祐徳稲荷神社」

特設ページへ

2020 10/20 20:35
文化

天元戦第2局 井山が勝ちタイに

天元戦第2局を制し、感想戦で対局を振り返る井山裕太天元=20日午後6時15分、札幌市

 囲碁の井山裕太天元(31)=棋聖、名人、本因坊=に一力遼碁聖(23)が挑戦している第46期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第2局が20日、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌で打たれ、午後5時49分、黒番の井山が223手までで中押し勝ちした。井山は対戦成績を1勝1敗のタイに戻した。

2020 10/20 13:03
文化

天元戦第2局、競り合い激しく「両者が足を止め打ち合うような展開」も

天元戦第2局で初手を打ち下ろす井山裕太天元(右)。左は一力遼碁聖=20日午前9時、札幌市

 囲碁の井山裕太天元(31)=棋聖、名人、本因坊=に一力遼碁聖(23)が挑む第46期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第2局が20日、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌で始まった。 第1局は一力が290手までで黒番半目勝ち。

2020 10/20 11:01
文化

天元戦第2局始まる 右下隅から攻防「長期戦の様相も」

天元戦第2局で初手を打ち下ろす井山裕太天元(右)。左は一力遼碁聖=20日午前9時、札幌市

 囲碁の井山裕太天元(31)=棋聖、名人、本因坊=に一力遼碁聖(23)が挑む第46期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第2局が20日、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌で始まった。 第1局は一力が290手までで黒番半目勝ち。

2020 10/10 6:00
福岡文化

「博多・カマチ杯」藤沢優勝、来年から女流名人戦に

博多・カマチ杯女流オープン戦で優勝した藤沢里菜女流立葵杯=9日午後、福岡市中央区

 囲碁の新棋戦「第1回博多・カマチ杯女流オープン戦」の決勝が9日、福岡市で打たれ、黒番の藤沢里菜女流立葵杯(22)が上野愛咲美女流本因坊(18)に中押し勝ちした。トロフィーを受け取った藤沢女流立葵杯は「自分の力を出し切れた」と笑顔を見せた。

2020 10/8 21:04
文化

天元戦第1局 一力碁聖が半目差で先勝

天元戦第1局で勝利し、感想戦で対局を振り返る一力遼碁聖=8日午後6時半すぎ、名古屋市

 囲碁の井山裕太天元(31)=棋聖、本因坊=に一力遼碁聖(23)が挑む第46期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が8日午前9時から、名古屋市熱田区の料亭「賀城園」で始まり、午後6時19分、290手までで一力が黒番半目勝ちし、タイトル奪取に向けて好スタートを切った。 持ち時間各3時間のうち、残りは両者とも1分。

2020 10/6 19:22
文化

盤石の井山か、新鋭の一力か 囲碁・天元戦、8日に第1局開幕

井山裕太天元(右)と一力遼碁聖

 囲碁の井山裕太天元(31)=棋聖、本因坊=に一力遼碁聖(23)が挑む第46期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が8日午前9時から、名古屋市の料亭「賀城園」で打たれる。 囲碁界の絶対王者に、成長著しい若手がぶつかる注目のシリーズ。

2020 9/2 18:00
文化

勢いの一力か、復位目指す河野か 囲碁・天元戦、4日に挑戦者決定戦

 囲碁の第46期天元戦(西日本新聞社主催)の挑戦者決定戦が4日午前10時から東京都千代田区の日本棋院で打たれる。一力遼碁聖(23)と河野臨九段(39)が対戦、勝者が10月8日から始まる5番勝負で井山裕太天元(31)=棋聖、本因坊=に挑戦する。

2020 2/15 6:00
福岡社会文化

女流棋士16人が激突 囲碁「カマチ杯」本戦、15日から

囲碁「博多・カマチ杯女流オープン戦」に出場する女流棋士たち=14日午後、東京・日本棋院

 囲碁の新たな女流棋戦、第1回「博多・カマチ杯女流オープン戦」の本戦が15、16日、東京の日本棋院で打たれる。主催者推薦者や予選を勝ち上がったトップ棋士16人が出場。

2019 12/19 6:00
文化

【ひと】天元戦5連覇で「名誉天元」の称号を得た 井山裕太さん

井山裕太天元

 七冠同時制覇を2度も成し遂げた「絶対王者」。それを脅かす若手棋士、許家元八段の挑戦を底力ではね返し、三冠を死守した。

2019 12/18 20:43
文化

井山5連覇「名誉天元」獲得 囲碁・天元戦第5局

天元戦5連覇を達成し、感想戦で対局を振り返る井山裕太天元=18日午後5時40分ごろ、徳島市

 囲碁の第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第5局は18日午前9時から徳島市の徳島グランヴィリオホテルで打たれ、午後5時36分、井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊=が挑戦者の許家元八段(21)に234手までで白番中押し勝ちした。対戦成績3勝2敗で5連覇を達成、名誉天元の称号を得た。

2019 12/18 11:18
文化

囲碁・天元戦第5局 難解な攻防続く

天元戦第5局で初手を打つ許家元八段(右)。左は井山裕太天元=18日午前9時、徳島市

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第5局が18日午前9時、徳島市の徳島グランヴィリオホテルで始まった。 2勝2敗で迎えた最終決戦。

2019 12/16 19:25
社会文化

許が最年少奪取か、井山5連覇か 囲碁・天元戦、18日第5局

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の最終第5局が18日午前9時から、徳島市の徳島グランヴィリオホテルで行われる。 今期は許が第1、第3局を制して先行したが、井山が第2、第4局に勝ち、2年連続で最終局にもつれ込んだ。

2019 12/9 20:44
文化

井山2勝目、最終局へ 天元戦第4局

天元戦第4局を制し、対局を振り返る井山裕太天元=9日午後5時ごろ、兵庫県洲本市

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第4局は9日、兵庫県洲本市のホテルニューアワジで打たれ、午後4時33分、先手番の井山が177手で中押し勝ちを収めた。 これでシリーズ対戦成績は2勝2敗のタイ。

2019 12/9 10:47
文化

囲碁・天元戦第4局がスタート 大ナダレ定石に進む

天元戦第4局で初手を打つ井山裕太天元(右)。左は許家元八段=9日午前9時、兵庫県洲本市

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第4局が9日午前9時、兵庫県洲本市のホテルニューアワジで始まった。 許の2勝1敗で迎えた第4局。

2019 12/8 6:00
文化

囲碁・天元戦9日第4局 井山に許が挑む

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第4局が9日午前9時から、兵庫県洲本市のホテルニューアワジで打たれる。 1勝1敗で迎えた第3局は11月22日に福岡県久留米市であり、許が乱戦を制して2勝目。

2019 11/22 11:34
福岡文化

許が中押しで2勝目 天元戦第3局

天元戦第3局を制した許家元八段(撮影・柿森英典)

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊、王座=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第3局が22日、福岡県久留米市のホテルマリターレ創世久留米で打たれ、午後4時56分、黒番の許が157手で中押し勝ちした。許は通算2勝1敗でタイトル獲得まであと1勝とした。

2019 11/22 6:00
福岡文化

天元戦熱戦に期待 久留米市で前夜祭

地元の小学生から花束を贈られる井山裕太天元(左から2人目)と許家元八段(右)(撮影・柿森英典)

 囲碁の第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)第3局を前に、対局場となる久留米市のホテルマリターレ創世久留米で21日、前夜祭があった。井山裕太天元(30)と挑戦者の許家元八段(21)が登壇。

2019 10/21 11:02
文化

天元戦第2局 井山勝ちタイに戻す

感想戦で勝負を振り返る井山裕太天元(左)21日午後5時すぎ、北海道ニセコ町

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊、王座=に許家元八段(21)が挑戦している第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第2局が21日午前9時から、北海道ニセコ町の「いこいの湯宿 いろは」で打たれ、午後5時5分、161手で黒番の井山が中押し勝ちを収め、対戦成績を1勝1敗のタイとした。 持ち時間各3時間のうち残りは両者とも1分。

2019 10/11 11:04
文化

天元戦第1局 大石取り許が先勝

天元戦第1局で勝利し、感想戦に臨む許家元八段=11日午後6時ごろ、岐阜市

 囲碁の井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊、王座=に許家元八段(21)が挑む第45期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第1局が11日午前9時、岐阜市の「都ホテル岐阜長良川」で始まり、午後5時21分、179手までで黒番の許が中押し勝ちし、タイトル奪取に向けて好発進した。 持ち時間各3時間のうち残りは両者とも1分。

2019 8/16 6:00
文化

許碁聖、天元戦挑戦者に

許家元碁聖

 囲碁の第45期天元戦(西日本新聞社主催)の挑戦者決定戦が15日、東京都の日本棋院で行われ、午後5時49分、白番の許家元碁聖(21)が佐田篤史四段(23)に214手までで中押し勝ちし、井山裕太天元(30)=棋聖、本因坊、王座=への挑戦権を得た。5番勝負は10月11日、岐阜市で開幕し、全国を転戦する。

PR

PR

注目のテーマ