生きる働く
連載

「生きる働く」

安心して働けることは自分らしく生きる基盤。それぞれの幸せを追う人たちの「働く」に迫る連載。

2017 10/5 11:19
くらし

稼がない仕事も評価を【第19部】 提言 これからのハタラク<8完> 日高 邦博さん

 ●主夫 日高邦博さん 企業の花形部門といえば営業でしょう。人事や経理なども無くてはならないのに、「お金を稼ぐ」営業が一番偉いような顔をしている。

2017 10/4 13:40
くらし

隣にいるLGBT、配慮してますか【第19部】 提言 これからのハタラク<7> 松中 権さん

 ●認定NPO法人グッド・エイジング・エールズ代表 松中 権さん LGBT(性的少数者)は、テレビ画面の向こうにいる存在でも、新宿2丁目にしかいない存在でもありません。2015年の調査では国内人口の7・6%、13人に1人の割合です。

2017 10/3 11:41
くらし

障害者の「生きがい」 息長い支援を【第19部】 提言 これからのハタラク<6> 津留 清美さん

 ●NPO法人「福ねこ舎」理事長 津留 清美さん 熊本市中央区出水で、障害のある人の就労継続支援A型事業所として、ギョーザやお菓子の製造・販売、レストラン「みなみのかぜ」の運営をしています。訓練をして一般企業で働けるような人材を育成する場ではありますが、毎月コンサートや絵画などの展示会を開くなどして、地元の人などに足を運んでいただいています。

2017 9/30 14:40
くらし

精神面への配慮は、企業利益にも【第19部】 提言 これからのハタラク<5> 山本 勲さん

 ●慶応義塾大商学部教授 山本勲さん 電通の違法残業事件を受け、企業では長時間労働の是正が最重要課題となりました。しかし、危ぶまれるのは「残業時間の削減」という数値目標だけが先走りしかねないこと。

2017 9/29 11:25
くらし

就職は一つのステップにすぎない【第19部】 提言 これからのハタラク<4> 白井 章詞さん

 ●長崎大多文化社会学部准教授 白井章詞さん 現在の就職活動はかつてない「超短期戦」です。3月に解禁し6月選考スタートで、3月から企業の合同説明会に行って話を聞いたぐらいでは、企業のことも自分との相性も何も分かりません。

2017 9/28 11:57
くらし

「介護をやめる」という選択肢【第19部】 提言 これからのハタラク<3>和気 美枝さん

 ●一般社団法人介護離職防止対策促進機構代表理事 和気 美枝さん 親などの介護を理由に勤めていた会社を辞める「介護離職」。その数は年間10万人を超えるといわれています。

2017 9/27 14:50
くらし

上限定めても、残業なしが原則【第19部】 提言 これからのハタラク<2>遠藤 雄二さん

 ●九州大大学院経済学研究院准教授 遠藤 雄二さん 働き方改革の要は長時間労働をなくすことです。そのために「生産性を上げる」という言葉をよく聞きますが、生産性を1日当たりの仕事量で考えている経営者が多くいます。

2017 9/26 14:01
くらし

失敗して、しんどかったら辞めればいい【第19部】 提言 これからのハタラク<1>北川 恵海さん

 ●『ちょっと今から仕事やめてくる』著者 北川恵海さん 《2015年2月に発刊した「ちょっと今から仕事やめてくる」は、長時間労働やパワハラ、自殺などのテーマを扱った小説。デビュー作にして70万部超の大ヒットとなり、今夏には福士蒼汰さん、工藤阿須加さんの主演で映画化された》 執筆するきっかけになったのは、私自身が働く中で感じてきた「違和感」です。

2017 9/16 14:39
くらし

【第18部】転職という選択<5完>筆宝 孝太さん(35) 山口 裕郷さん(31)

リクルートキャリア九州RAグループマネジャー筆宝孝太さん

 九州の転職市場の動向は。転職活動をする上でのアドバイスは-。

2017 9/15 13:37
くらし

自分を守る「再出発」 【第18部】 転職という選択<4>

「営業職」や「福岡県」など職種や勤務地の希望を入力して、転職サイトで条件に合う求人を見つける

 午前0時36分の終電より早く帰れる日はほぼなかった。福岡に本社を置く商社の東京支社に勤めていたころ、社宅に戻る車内には、沿線の「ディズニーリゾート」で遅くまで遊んで帰る人がいつもいて、キャラクターのかぶり物を身に着け、楽しそうに笑う姿をただ眺めていた。

2017 9/14 11:54
くらし

伸びる「第二新卒」市場 【第18部】転職という選択<3>

9月初旬に北九州市で開かれた合同会社説明会には「第二新卒」を含む多くの求職者が訪れた

 終身雇用に年功序列…。日本では、そうした雇用慣行が長く続き、諸外国に比べ1社に勤め続ける人が多いという印象がある。

2017 9/13 13:25
くらし

育児、介護が変える「ベストな仕事」【第18部】転職という選択<2>

革製品の店「ビジネスレザーファクトリー福岡天神店」で働く高宮健さん

 生後4カ月の娘を抱っこしてお風呂に入れる。髪を洗うと気持ちよさそうにニコニコ。

2017 9/12 13:27
くらし

崩れる「35歳限界説」 【第18部】転職という選択<1>

職歴を記した年表を見ながら「転職を通して成長できた」と話す久保山奈穂さん

 決断は、47歳だった。福岡県の中島裕介さん(52)=仮名=は5年前、新卒から25年ほど勤めた流通業の会社を辞め、メーカーに転職した。

2017 8/12 11:15
くらし

打ち込めるものがある限り 【第17部】「老後」と呼ばないで<5完>

会社で培った経験や人脈なんてね、その会社でしか役に立たないんですよ、と語る大坪さん

 56歳の時に初めてハローワークを訪ねた。「月収30万円くらいはほしい。

2017 8/12 11:13
くらし

配慮一つで人材は輝く 【第17部】「老後」と呼ばないで<4>

立ち姿が若手のお手本になっている豊さん。「背筋と膝をぴしゃっと伸ばさんと、老人に見えるからね」

 72歳の警備員デビューだった。求人誌、ハローワーク、シルバー人材センターでも駄目で、福岡県70歳現役応援センター(県内4カ所)でようやく紹介してもらえた仕事。

2017 8/10 13:32
くらし

信頼あるから続けてほしい 【第17部】「老後」と呼ばないで<3>

1人部屋の仮眠室に布団を敷く大野さん。新しい仕事も「年の功で乗り越えていかんとな」

 財布から金色のカードを抜いて大野正夫さん(68)=福岡県福津市=が差し出した。「これが誇りたい」。

2017 8/9 13:28
くらし

年金生活はつらいよ 【第17部】「老後」と呼ばないで<2>

明日はどこの仕事だっけ。うっかり違うところに行かんよう、何度も確認せんと

 広げた手帳にはきちょうめんな字がびっしり。日曜を除いてほとんど出勤日の丸印が付いている。

2017 8/8 11:11
くらし

81歳ヘルパー「今が天国よ」 【第17部】「老後」と呼ばないで<1>

身長150センチの小さな体で動き回るトキちゃん。「料理は段取り!」と、何品ものおかずを同時に仕上げた

 むんと熱気が漂うバス停に、嵐旬世(あらしときよ)さん=北九州市=はさっそうと降り立った。81歳、現役の訪問介護員(ホームヘルパー)だ。

2017 3/3 13:25
くらし

非正規職員に残業代支給へ 新年度から福岡市方針 対象2700人 同一労働同一賃金 各自治体でも急務に

非正規職員の連携のため2月に創刊したニュースレターを手にする「アミカス嘱託職員ユニオン」の成瀬穫美さん

 福岡市は4月から、これまで残業代の支給対象外としてきた非正規職員に対し、支払いを可能にする方針を固めた。就業要綱を見直し、正規職員の時間外勤務手当に相当する報酬を支給できるようにする。

2017 2/11 12:55
くらし

私の時短術 国・企業の働き方改革 待てない 無駄な作業や浪費を探せ 残業ゼロへ自分から一歩

 安倍政権が進める働き方改革で、長時間労働の是正が焦点になっている。だが国や企業が変わるのを待つのでなく、自ら「現場改革」に取り組む人もいる。

PR

PR

注目のテーマ