これが旬
連載

「これが旬」

海、大地、森に恵まれた九州の食に関する「旬」情報を届けます。休日のお出かけ先のヒントにもどうぞ。

2019 8/24 17:00
くらし

子規も引かれた燃える赤 福岡・吉富町のケイトウ 

吉富のケイトウ

 「鶏頭の十四五本もありぬべし」。俳人正岡子規が、亡くなる2年前の句会で詠んだ句である。

2019 8/24 17:00
くらし

子規も引かれた燃える赤 福岡・吉富町のケイトウ 

吉富のケイトウ

 「鶏頭の十四五本もありぬべし」。俳人正岡子規が、亡くなる2年前の句会で詠んだ句である。

2019 8/24 17:00
くらし

子規も引かれた燃える赤 福岡・吉富町のケイトウ 

吉富のケイトウ

 「鶏頭の十四五本もありぬべし」。俳人正岡子規が、亡くなる2年前の句会で詠んだ句である。

2019 8/17 17:00
くらし

「循環」が生み出す逸品 佐賀・川副町のアスパラガス 

アスパラガスを収穫する高橋恵子さん

 「野菜の良しあしは後味で分かる。良い野菜は爽やか。

2019 8/10 14:49
くらし

自宅で簡単に仕込み 福岡・瀬高の「ホームメイク味噌セット」

椛島商店のみそ

 園舎に入ると、ぷ~んと食欲をそそる、みその香りが漂ってきた。福岡市早良区の高取保育園。

2019 8/3 15:25
くらし

竹田夫妻、最後の作品 熊本・水俣の無添加みかんジュース

熊本県水俣市の竹田さん夫妻が育てたネーブル、はるかを素材にした無添加ジュース

 熊本県水俣市のオーガニック食品店「もじょか堂」。店主の澤井健太郎さん(40)から試飲カップを渡された。

2019 7/27 17:00
くらし

生ハモのうま味凝縮 熊本・日奈久のちくわ 

片山蒲鉾店のちくわ

 家族で熊本県八代市の日奈久温泉を訪ねた。俳人の種田山頭火も投宿したことで知られ、木造3階建て旅館が並ぶ小さな温泉街。

2019 7/23 10:06
くらし

「ギネス級」の甘さ! 福岡・うきはの桃「嶺鳳」

筒井正敏さんと「嶺鳳」

 6月上旬から9月にかけて、約40もの品種の桃がリレー出荷される福岡県屈指の産地うきは市で、「ギネス級」の桃をいただいた。桃を手掛けて35年。

2019 7/13 17:00
くらし

豪雨の後でも美味 熊本・錦町の桃

錦自然農園の白鳳

 熊本県錦町で「錦自然農園」を営む内布知典さん(55)、恵美子さん(54)夫妻から、注文していた桃「日川白鳳(ひかわはくほう)」が届いた。樹の上で完熟させてから届くので既に食べ頃。

2019 7/6 17:00
くらし熊本

大豆のうま味ずっしり 熊本・五木村の豆腐

「五木豆腐」の冷ややっこ

 木綿とも絹ごしとも違う、こんな豆腐もあったのか! 初めて熊本県五木村の豆腐を食べた時の衝撃。箸が立つほど硬いが、その分、大豆のうま味が凝縮されている。

2019 6/29 17:00
くらし

懐かしいヤギのミルク 福岡・宇美町の「うみあいす」

うみアイスを持つ小林孝昭さん

 戦中から戦後間もない時代に育った人には懐かしい、ヤギのミルクで作ったアイスがあると聞いた。福岡県宇美町の教えられた場所に着くと、キッチンカーの前で、オーナー小林孝昭さん(36)がヤギと一緒に待っていた。

2019 6/22 17:00
くらし

ふわっとリフレッシュ 沖縄・国頭村の「山原の香り袋」 

山原の香り袋

 沖縄県北部の国頭村与那は、亜熱帯照葉樹林に囲まれた人口200人弱の小さな集落。地域の宝を大切にした取り組みが活発で、宿の経営をはじめ、集落の散策ツアーや草木を使った工芸体験などを催している。

2019 6/15 17:00
くらし長崎

べっこう色の幸福 長崎・対馬の和紅茶

つしま大石農園の紅茶

 国の天然記念物ツシマヤマネコの里として知られる長崎県対馬市の上県(かみあがた)町佐護地区。大石孝儀(こうぎ)さん(69)、裕二郎さん(37)親子が営む「つしま大石農園」。

2019 6/8 17:00
くらし

自然の甘みポケットに 宮崎発の「九州ピュアドライ」

「南九州プロジェクト」(宮崎市)のドライフルーツ「九州ピュアドライ」

 「何これ? マンゴーそのまんまやん!」。口に入れて驚いた。

2019 6/1 17:00
くらし

生かじり まるでフルーツ 福岡・久留米のスイートコーン

野村勝浩さんとスイートコーン

 緑豊かな耳納(みのう)連山を背にして穀倉地帯が広がる福岡県久留米市太郎原(だいろばる)地区。大人の背丈ほどに伸びたトウモロコシ畑で、オーナーの野村勝浩さん(58)が「うん、これがよか」ともぎとった1本をガブリとやった。

2019 5/25 17:00
くらし

玄界灘の夕日のごとく 福岡・宗像の「スープ・ド・ポアソン」 

FURANCEYAの「スープ・ド・ポアソン」

 福岡県宗像市の「FRANCEYA(フランスヤ)」で誕生日のディナーをいただいた。その名の通りフレンチのお店、しかも地産地消を心掛けた料理で評判なのだ。

2019 5/18 17:43
くらし

「もったいない」を形に 福岡・宗像の「無農薬アスパラ茶」

福岡県宗像市の農家、竹松有樹さんのアスパラガスを素材にした、フラワーティーカフェ(福岡市西区今宿)のアスパラ茶

 福岡県宗像市の農家、竹松有樹さん(45)のアスパラガスは、ほどよい歯応えと、みずみずしさで人気だ。土作りにこだわり、無農薬無化学肥料で栽培される。

2019 5/11 17:00
くらし

潮風が育む自然な甘み 熊本・つなぎFARMのサラダたまねぎ

「チームサラたま」のメンバー

 熊本県津奈木町が町を挙げて取り組む環境保全型農業のプロジェクト「つなぎFARM(ファーム)」。活動グループの一つ、サラダたまねぎの若手生産者有志でつくる「チームサラたま」の実験農場は、不知火海から吹く潮風が当たる場所にある。

2019 4/27 17:00
くらし

漁師一家の心づくし 長崎・対馬「海におまかせ定食」

 おいしい魚が食べたい。海外で働くすし職人の友人に頼まれて向かったのは、長崎県対馬市、料理店「海小屋吉栄(よしえい)」だ。

2019 4/20 17:00
くらし

まるで宝石箱のお弁当 大分・由布市の「由布ポタジェ」

 「わぁ、宝石箱みたい」。お弁当の上ぶたを取ると、花畑のようなおかずの数々から、ふわり、春の香りが漂った気がした=写真。

PR

PR

注目のテーマ