これが旬
コーナー

「これが旬」 (2ページ目)

海、大地、森に恵まれた九州の食に関する「旬」情報を届けます。休日のお出かけ先のヒントにもどうぞ。

2021 6/22 17:30
社会

軟らか麺、手打ちのこし 宮崎市の「釜あげうどん」セット

ふなやの釜あげうどん

 宮崎市に行くと目につく、店構えからして雰囲気たっぷりの釜揚げうどん店。春季キャンプで訪れるプロ野球選手も楽しみにしていると聞く。

2021 6/15 17:30
くらし

甘い香りとろける食感 熊本・錦町 勘米良果樹園の桃

熊本県錦町「勘米良果樹園」の桃

 日中は汗ばんでも朝夕は肌寒い昨今。熊本県最大の桃の産地・錦町、勘米良(かんめら)果樹園では出荷作業の真っただ中。

2021 6/8 17:30
社会

自然栽培の米と野菜で 熊本・津奈木の離乳食「あんしんまんま」

熊本・津奈木の離乳食「あんしんまんま」

 「味見役はわが子。今年2歳になった長男も、これで育ったんです」。

2021 6/1 17:30
社会

常温保存 骨まで食べて 長崎・壱岐の干物セット

長崎県壱岐市「メイリ・キッチン」の干物

 「干物、送ったよ」。長崎県壱岐市の友人から連絡があり、冷蔵庫の中を整理していたら、届いたのは常温便。

2021 5/25 17:30
社会

「日本一」梅干しの名脇役 大分・日田市大山の「もみしそ」

黒川金右衛門「マル金ファーム」のもみしそ

 「一村一品」運動発祥の地としても知られる九州屈指の梅の産地、大分県日田市大山町。この地でオリンピックのように4年ごとに開かれる全国梅干しコンクールで、第4回(2003年)チャンピオンに輝いたのが黒川百合子さん(74)の梅干しだ。

2021 5/18 17:30
くらし

絶妙の舌触り味も濃厚 福岡・岡垣町の瓶詰塩生ウニ

岡垣町の塩生ウニ

 「ごめんなさい。瓶詰を甘く見とりました…」。

2021 4/20 17:30
くらし

穏やかな味わい好感 大分・日田の野菜あられ

ももは工房の野菜あられ

 大分県日田市夜明上町の「ももは工房」で、6人の女性がこしらえる「野菜あられ」。沖縄・宮古島の「雪塩」をまぶした塩あられと、砂糖を輪掛けした甘あられの2種。

2021 4/13 17:30
くらし

コクの決め手は黒砂糖 福岡・筑紫野のゴーヤーのつくだ煮

むすび庵のゴーヤーのつくだ煮

 そろそろ夏野菜の植え付けシーズン。直射日光をさえぎるグリーンカーテン用に栽培されることも多いのが、ゴーヤーだ。

2021 4/6 17:30
くらし

後味スッキリ〝半殺し” 福岡・筑前町のクロダマルのおはぎ

クロダマルのおはぎ

 年配の人には「マツヤレディス」の方が通りがいいだろうか。福岡市・天神の商業施設ノース天神、地下1階に社会福祉法人「野の花学園」が開く、毎週水曜日だけの特設市がある。

2021 3/30 17:30
くらし

限りなく「生果実」感 福岡・上毛町のあまおうスコーン

元気farm(福岡県上毛町)のあまおうスコーン

 緊急事態宣言は解除されても、まだまだ油断できない新型コロナウイルス。とはいえ家族の「どこかに行きたい」という声を受け、県内移動で松本元気さん(39)、一恵さん(36)夫妻が営む福岡県上毛町の元気farm(ファーム)へ。

2021 3/23 17:30
くらし

それだけ歩きゃうまかろ 福岡・糸島の「万歩鶏の炭火焼」

緑の農園の「万歩鶏の炭火焼」

 うっすらと炭火の跡がある肉片を、つまようじで刺して口の中へ。おお、この弾力。

2021 3/16 17:30
くらし

日替わりメニュー充実 福岡・八女市上陽町の総菜レストラン

「ほたると石橋の館」のお惣菜

 福岡県八女市上陽町のシンボル二つを、そのまま交流施設の名前にした「ほたると石橋の館」。館内レストラン「さくら橋」はコロナ禍のさなか、今年1月、テークアウト主体で開業した。

2021 3/9 17:30
くらし

“罪悪感ゼロ”なお菓子 築上町のキクイモチップス

きくいもカリカリ素焼きちっぷす

 テレビの健康番組などでも取り上げられ、人気急上昇のキクイモ。「天然のインスリン」と呼ばれる水溶性食物繊維イヌリンを多く含むため、血糖値などが気になる人の注目を集めているという。

2021 3/2 17:30
くらし

生で良し、鍋でも良し 北九州・小倉の大葉春菊

大葉春菊を手にした岡村資巳さん

 彩りと苦味が食欲をそそる春菊の食べ方といえば、まず思い浮かぶのは鍋か。「鍋はもちろんですが、大葉春菊は生で食べると絶品ですよ」。

2021 2/16 17:30
くらし

とりこになるコク、たまりません 福岡・大木町のアイガモ肉

アイガモ肉を手にした中島宗昭さん

 肉といえば、日頃は鶏肉か豚肉を食べることが多い。でも、友人の農家に分けてもらってそのコクのある味を覚えて以来、とりこになったのがアイガモ肉。

2021 2/9 17:30
くらし

無農薬、棚田、天日干し 福岡・糸島の田縁米

井原山田縁プロジェクトの黒米とうるち米

 「もう年やし、いつまで米作りが続けられるか…」。きっかけは17年前、当時、福岡県の農業改良普及員をしていた川口進さん(62)が、糸島市の棚田で無農薬による米作りをしてきた平尾ヒデ子さん(88)のつぶやきを聞いたことだったという。

2021 2/2 17:00
くらし

ばあちゃんの味を原点に 福岡・水巻町「竹の子」の白菜漬け

福岡県水巻町「竹の子」の白菜漬

 この時季、福岡県水巻町にあるギャラリー喫茶「竹の子」で、オーナーの武谷繁三さん(76)が定食に添えて出す白菜の漬物は、常連客が待ちわびる逸品。「ばあちゃんの家で食べたような懐かしい味」と評判だ。

2021 1/26 17:00
くらし

ささっとプロの味に! 川崎町・ラピュタファームのハーブ塩麹

ラピュタファームのハーブ塩麹

 「お昼は、ご自分でお願いしますね~」。そう言い残して、妻は実家に帰省。

PR

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR