これが旬
コーナー

「これが旬」 (3ページ目)

海、大地、森に恵まれた九州の食に関する「旬」情報を届けます。休日のお出かけ先のヒントにもどうぞ。

2021 1/26 17:00
くらし

ささっとプロの味に! 川崎町・ラピュタファームのハーブ塩麹

ラピュタファームのハーブ塩麹

 「お昼は、ご自分でお願いしますね~」。そう言い残して、妻は実家に帰省。

2021 1/19 17:00
くらし

新鮮、うまい、安い! 福岡・大木町の「もぎとりキノコ」

道の駅おおきのキノコもぎとりコーナー

 家庭の生ごみを回収して発酵させた液体肥料を土に返し、ミネラルたっぷりの農産物を作る-。「おおき循環センターくるるん」を拠点に、時代をリードする事業を展開する福岡県大木町。

2021 1/12 17:00
くらし

海底湧水8時間煮詰め 佐賀・唐津市松島の「海士の塩」

海水塩「海士の塩」

 佐賀県唐津市の呼子港から連絡船で15分。玄界灘に浮かぶヒョウタンのような姿の松島。

2021 1/5 17:00
くらし

季節限定天日で仕上げ 福岡・柳川の「おひさまいちじく」

JA柳川の「おひさまいちじく」

 「九州の人からもらったんだけど、今年の分は、もうできたかって。全国から何人も電話してこられるんですよ」。

2020 12/22 17:00
くらし

湧水育ち ふるさとの味 熊本・相良村のアユの甘露煮

生駒水産のアユの甘露煮

 熊本県相良村を南北に貫く川辺川。生駒浩一さん(58)、泰成さん(56)兄弟が営む生駒水産は、そのほとりにある。

2020 12/15 17:00
くらし

かむほどに多様な味わい 福岡・川崎町の玄米餅

中村家の玄米餅

 「楽して稼げる仕事はない。どうせ苦労するなら、親の後を継ぎ、地元で農業する」。

2020 12/8 17:00
くらし

大豆産地生まれの名脇役 福岡・柳川の「まめマヨ」

JA柳川の「まめマヨ」

 今や、世界で生産される大豆の8割は遺伝子組み換え技術による栽培だという。国内自給率は7%程度だから、海外が「もう遺伝子組み換えしか作らない」なんてことになれば、選択の権利も自由もない。

2020 12/1 17:00
くらし

遠く離れた大切な人へ 大分・豊後高田の「手作り万菜おせち」

手作り万菜おせち

 大分県豊後高田市の直売所玉津まちの駅「夢むすび」で、地元の女性たちがお正月の「手作り万菜おせち」を販売して8年目。今年、メンバーに、2人の地域おこし協力隊員が加わった。

2020 11/24 17:00
くらし

土作りが生むうま味 福岡・糸島の納豆

百笑屋の百笑納豆

 当欄で紹介したい農産物や加工品は、たいてい周囲にお裾分けする。反応によっては掲載を見送ることもあるのだが、福岡県糸島市の直売所「伊都菜彩」で買った「百笑納豆」は兄がすぐ、「どこで売りようと?」。

2020 11/17 17:00
くらし

復活の味は甘く濃く 福岡・朝倉の「あまおう」

朝倉のあまおう

 最も需要があるクリスマスシーズンを前に、今月20日、今季の初出荷が始まる福岡県朝倉地域のイチゴ「あまおう」。苗作りと収穫を同時並行で行うなど「1年に13カ月働く」といわれるほど多忙なイチゴ農家とあって、出荷の喜びは大きい。

2020 11/10 17:00
くらし

糖度増して美味本番 福岡・朝倉の富有柿

朝倉の富有柿

 果物作りに合う水はけの良い土と、山々の伏流水に恵まれた地で栽培が始まって100年余。全国有数の甘柿生産量を誇る福岡県朝倉地域の富有柿が、出荷の最盛期を迎えた。

2020 10/27 17:00
くらし

思い出の味をもう一度 熊本・高森町の地トウキビ

地トウキビを栽培する甲斐好夫さん

 テレビで見た、軒先一面につるされただいだい色のトウモロコシ。どんな人が作っているのか知りたくて、宮崎県高千穂町との県境にある熊本県高森町下切地区に、生産者を訪ねた。

2020 10/20 17:00
くらし

サクッ!脳が喜ぶ歯触り 福岡・うきはの四方竹

うきはの四方竹

 食べ物を味わう際、歯触りはとても大事な要素。サクッとかみこむ感覚は、なぜか脳に心地よい。

2020 10/13 17:00
くらし

幸せしみじみ筑穂牛の味 福岡・川崎のバーベキュー

ラピュタファームのバーベキューセット

 秋晴れの日。同じく中高年の連れを誘い、福岡県川崎町安真木の大ケ原台地へ。

2020 10/6 17:00
くらし

薬味にも万能調味料にも 熊本・湯前町のゆずごしょう

下村婦人会のゆずごしょう

 そろそろ鍋物が恋しくなる季節。熊本市内の催事で、ゆずごしょうを見つけ、思わず手に取った。

2020 9/29 17:00
くらし

歯応え、やがて、しっとり 佐賀・伊万里の奈良漬

古伊万里酒造の奈良漬

 夫の両親から8歳の娘まで3代にわたり、食べ続けている奈良漬。佐賀県伊万里市二里町にある1909(明治42)年創業の「古伊万里酒造」の製品だ。

2020 9/15 17:00
くらし

「かけるだけ」でお店の味 福岡・うきはの果実酢

福岡県うきは市吉井町の醸造メーカー「果実酢と調味料・スー」の果実酢

 コロナ禍で、おうちご飯の機会が増えてから、キッチンの調味料が充実した感がある今日この頃。福岡県うきは市吉井町の醸造メーカー「果実酢と調味料・スー」が造る酢にハマっている。

2020 9/8 17:03
くらし

甘みまろやか 食べ方多彩 福岡・豊前の豆腐

久末食品の豆腐シリーズ

 豆腐マニアの私がほれ込んだ、福岡県豊前市の久末食品の豆腐。九州三名水の一つ「畑冷泉(はたのれいせん)」がある当地の地下水と、契約農家の大豆などが原料で、しょうゆをかけずに口に含むと、大豆の甘みが実にまろやか。

2020 9/1 17:00
くらし

常備しておきたい一品 佐賀・伊万里市の「山ん鶏」

鶏肉加工品「山ん鶏」ギフトセット

 「おつまみにもおかずにもいい。何にでも使えて、ちょっと豪華。

2020 8/25 17:00
くらし

ほんのりピンク 夢生む味 福岡・宇美町×宮崎・都農町の「梅ぇ~アイス」

梅ぇ~あいす

 「町制100周年を記念した、新しい特産品を食べに来て!」。福岡県宇美町の商工会青年部長、山元大輔さん(42)のお誘いで、40頭のヤギを飼い、ヤギのミルク100%のアイスクリームを販売するコヤスファームへ。

PR

PR