科捜研のリアル
連載

「科捜研のリアル」

「あなたの特命取材班」の通信員に質問を募ったところ、子どもから大人までたくさんの反応があった。質問を携え、「科捜研のリアル」を探った。

2020 1/16 12:05
福岡社会連載

「科捜研の女」広がる役割、災害でも 法医科の百田、松尾さん

DNA型を分析する機器に試料をセットする百田芙美さんとモニターを確認する松尾真奈さん

 「私が入った頃は法医科に1人もいませんでしたが、今では多くの女性が頑張っています」。西日本新聞「あなたの特命取材班」通信員の質問に、法医科に勤務して12年目の百田芙美さん(38)が笑顔で答える。

2020 1/9 12:00
福岡社会連載

火災、発砲 真実を追え 物理科の西嶋、戸山さん 科捜研のリアル❽

燃え残った電気コンセントプラグの破片を顕微鏡で拡大し、モニターで異常箇所を調べる西嶋靖治さん

 Q 火災現場では鑑識や消防など、さまざまな立場の人が原因を調査していますよね。 「われわれが火災現場に行くのは捜査側の依頼を受けてから。

2019 12/26 14:18
福岡社会連載

繊維片から難事件を解決 微細物鑑定の辻田明さん 科捜研のリアル❼

微細な繊維片を顕微鏡で拡大する辻田明さん(画像はサンプル)

 「諦めるのは早いですよ」。西日本新聞「あなたの特命取材班」通信員の質問に、福岡県警科学捜査研究所(科捜研)の辻田明さん(48)が応じた。

2019 12/19 12:00
福岡社会連載

目の付けどころが大事 文書鑑定の田口雄一さん 科捜研のリアル❻

レシートの画面を拡大しながら、不明文字を読み取る田口雄一さん(資料はサンプル、写真は一部を加工しています)

 「これから先、鑑定に活用する可能性は十分にあります。  西日本新聞「あなたの特命取材班」への質問に、福岡県警科学捜査研究所(科捜研)の「文書心理科」で文書鑑定を担当する田口雄一さん(41)が答える。

2019 12/12 12:00
福岡社会連載

犯人の心を現場で読む 心理鑑定の安木博臣さん 科捜研のリアル❺

心理鑑定担当の安木博臣さん。ポリグラフの装置は持ち運びできるようにコンパクトにまとめられている

 Q 事件への関与を否認する容疑者。切り札「うそ発見器」の出番が来た。

2019 12/5 12:00
福岡社会連載

アナログあってのデジタル 竹下尚紀さん 連載・科捜研のリアル❹

映像から交通事故を分析する竹下尚紀さん

 Q 今は技術が進歩しているから、映像が一つあれば事件や事故はすぐに解決しそう。 福岡県警科学捜査研究所(科捜研)の物理科のベテラン竹下尚紀さん(48)は「あなたの特命取材班」の通信員の質問を聞いた後、少し考え、一つの事故について語り始めた―。

2019 11/28 12:00
福岡社会連載

薬物鑑定は時間との闘い 脇川憲吾さん 【連載・科捜研のリアル❸】

質量分析装置に試料を入れる脇川憲吾さん。「ここに至る前処理が重要なんです」と語る

 「そんなものはありません!と言いたいところですが…。法規制しても次々と新たな物が生まれてくる危険ドラッグとのいたちごっこは難しい闘い。

2019 11/21 12:00
福岡社会連載

DNA型鑑定、緊張の連続 毛利公幸さん 【連載・科捜研のリアル❷】

ピペットを使い、試料を容器に入れる毛利公幸さん

 Q ドラマ「科捜研の女」では、京都府警科学捜査研究所(科捜研)の法医担当の研究員、榊マリコさんが現場を駆け巡り、事件を解決していきますよね。 「『現場に行くわよ!』としゃしゃり出ることはありません。

2019 11/14 12:00
福岡社会連載

帽子にマスク…どう突破? 3D顔画像鑑定 北村悠さん 連載・科捜研のリアル❶

撮影に使う機器に座り、性能を確認する北村さん(左奥)。手前は照合用のパソコン(顔画像はサンプル、写真の一部を加工しています)

 Q 防犯カメラにマスク姿の犯人らしき人物。写っているのは横顔だけ。

PR

PR

注目のテーマ