まとめ

「平野啓一郎」

「平野啓一郎」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/12 20:19
社会

死刑廃止で「被害者ケアを」

 日弁連の死刑廃止シンポジウムで講演する作家の平野啓一郎さん=12日午後、東京都千代田区

 芥川賞作家の平野啓一郎さん(46)は12日、日弁連のシンポジウム「死刑廃止の実現を考える日」で講演し「被害者のケアを徹底しない限り、死刑廃止に向けた議論はなかなか進まないのではないか」と提言した。シンポはオンラインで開かれ、日弁連によると約400人が視聴した。

2021 10/4 6:00
社説・コラム

低投票率の遠因考…学生に政治参加のレッスンを

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 選挙の度(たび)に問題になるのが、投票率の低さである。 投票日が迫ると、様々(さまざま)な呼びかけが行われるが、なかなか効果は上がらない。

2021 9/29 17:30
文化

北九州・東アジア文学会議でシンポ 村田喜代子さんら苦悩を吐露 地球の危機 不確実な社会 どう描く 「重く暗いテーマも面白く」

佐藤アヤ子さん

 村田喜代子さんや桐野夏生さんら作家・翻訳家6人がコロナ禍以降の文学のあり方を探るシンポジウム「地球を聴く~持続可能性と文学ができること~」(北九州市主催)が20日、同市であった。

2021 8/25 17:30
文化福岡

平野啓一郎さんら日中韓の作家集う 来月20日、東アジア文学会議

平野啓一郎さん

 日中韓の文学者や北九州ゆかりの作家が集う「東アジア文学会議2021」が9月20日、北九州国際会議場(北九州市小倉北区)である。浅田次郎さんら第一線で活躍する作家が、東アジアの地域間交流のあり方やコロナ禍後の文学の可能性を探る。

2021 8/2 6:00
社説・コラム

【緊急事態宣言下の五輪】平野啓一郎さん

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 スポーツの世界戦のあとには、「元気をもらった」といった類いの言葉がよく聞かれる。競技者の一番の目的は、試合に勝つことだろうが、しかし、誰からも見向きもされないのであれば虚(むな)しく、表彰台の栄光は、やはり「シェア」されるべきものであろう。

2021 7/19 17:32
文化

第165回芥川賞、直木賞 選考経過詳報

(左)芥川賞選考委員の松浦寿輝さん(右)直木賞選考委員の林真理子さん

 14日に選考会が開かれた第165回芥川賞、直木賞(日本文学振興会主催)は、芥川賞が石沢麻依さん(41)の「貝に続く場所にて」と李琴峰さん(31)の「彼岸花が咲く島」、直木賞が佐藤究さん(43)の「テスカトリポカ」、澤田瞳子さん(43)の「星落ちて、なお」に決まった。

2021 6/29 11:30
大分社説・コラム

思考回路狂わせる疲労

記者コラム

 最近読んだ小説の主人公の男性が語る言葉にドキッとした。「僕は不安から逃れる方法を一つ知っている。

2021 5/31 6:00
社説・コラム社会文化

【格差社会と仮想空間】 平野啓一郎さん

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 先頃、刊行した長編小説『本心』では、2040年代の日本を舞台にした。現実的な問題として、私も属するロスジェネ世代が高齢者となり、自分の子の世代が社会の中心で活躍する未来を心配しながら想像しているからだった。

2021 5/2 6:00
社説・コラム

聖火は九州に来たが【お客様センターだより】

東京・国立競技場近くに設置されている東京五輪のモニュメント

 5月の大型連休を挟む日程で、東京五輪の聖火リレーが九州を巡っています。大分、宮崎、鹿児島の3県を通過。

2021 4/5 6:00
社説・コラム

【東京五輪と感染症】 平野啓一郎さん

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 五輪の放送権を持つアメリカのNBCが、聖火リレーを痛烈に批判したことが話題となっている。 「新型コロナ・ウイルスのパンデミックの最中、聖火リレーは、五輪の虚飾の祭壇上で、公衆衛生を犠牲にする危険を冒している。

2021 3/7 11:30
福岡文化

北九州ゆかりの作品集中上映 昭和館、13日にプレイベント 

ⓒ1983「天城越え」松竹株式会社

 北九州市ゆかりの作家の映画化作品を集中的に上映する今秋の「アートシネマ」のプレイベントとして、松本清張原作の「天城越え」(1983年)=写真=などの上映と、評論家でエッセイストの川本三郎さんと北九州市立文学館の今川英子館長によるトークイベントが13日、小倉北区魚町の映画館「小倉昭和館」で開かれる。 「アートシネマ」は「東アジア文化都市北九州」の中核事業の一つとして、同館などで開催予定。

2021 2/1 6:00
社説・コラム

【多様性と合意形成】 平野啓一郎さん

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 多様性を認めるべきだという。これは、自由の問題であり、基本的人権の問題であって、憲法に則(のっと)り、公共の福祉に反しない限り、最大限保障されなければならない。

2020 11/30 11:00
社説・コラム

【日本学術会議問題】 平野啓一郎さん

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 日本学術会議会員の任命拒否問題は、日本という「法の支配」下の国にあって、総理大臣が、就任早々、公然と法律に違反し、その後も違法状態が続いている、という前代未聞の出来事である。 既に670もの学術団体が抗議し、野党が批判し、法律の専門家らが問題を指摘している通り、日本学術会議法は、総理が、学術会議の「推薦に基づいて」、その会員の任命を行うことを定めている。

2020 9/28 11:00
社説・コラム

【ウィズ・コロナと住環境】 平野啓一郎さん

平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう)さん=作家

 「ウィズ・コロナ」、「アフター・コロナ」という言葉には批判もあるが、流行の終息はまだ見込めず、将来の別のウイルスの出現をも考えるなら、ともかくも、この状況への適応が求められている。 その一つは、住環境の意識変化だろう。

2020 8/3 5:00
文化

平野啓一郎 「本心」 連載第318回 第九章 本心

画・菅実花

 僕はただ、そのことを聞いてもらいたくて、ティリに話した。コンビニ動画のお陰(かげ)で集まった投げ銭も、進学のための学費に充てるつもりだった。

2020 8/2 5:00
文化

平野啓一郎 「本心」 連載第317回 第九章 本心

画・菅実花

「すごいですね。……朔也(さくや)さんが書いてくれたんですか。

2020 8/1 5:00
文化

平野啓一郎 「本心」 連載第316回 第九章 本心

画・菅実花

「いいお店ですね。「いいえ、初めてです。

2020 7/31 5:00
文化

平野啓一郎 「本心」 連載第315回 第九章 本心

画・菅実花

「俺は、今でもおかしいと思ってるよ、今の世の中。」と、また岸谷の言葉が過(よぎ)った。

2020 7/30 5:00
文化

平野啓一郎 「本心」 連載第314回 第九章 本心

画・菅実花

 初めてイフィーと会った日、彼のリアル・アバターとして散歩に来たのも、この日比谷公園だった。 イフィーも僕も、あの頃は、孤独だった。

2020 7/29 5:00
文化

平野啓一郎 「本心」 連載第313回 第九章 本心

画・菅実花

 到着が早すぎて、ティリの姿はまだなかった。 店員に予約名を伝えると、室内とテラス席とを選べると言われた。

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース

PR