検証 コロナ第1波
連載

「検証 コロナ第1波」

「検証 コロナ第1波」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 7/4 6:00
社会

緊急事態宣言は「伝家の宝刀、一回だけ」 政府のシナリオは危うく

イメージ

 東京都の新規感染者が107人に上った2日夕、安倍晋三首相は官邸で日本医師会の中川俊男会長と会った。「ワクチン開発が予想以上に早く進んでいますね」と自ら話題を振った首相。

2020 7/3 6:00
社会

「社会的に終われ」感染者追い込む不寛容 同調圧力が市民を分断

イメージ(写真と記事本文は直接関係ありません)

 「もはやテロリスト。 日を追うごとに過激になるインターネット上の書き込みに、山梨県の高橋直人健康増進課長はため息を深くした。

2020 6/30 6:00
社会

「不安はパッと消えまっせ」始まりは耳打ち 酷評されたアベノマスク

全世帯に配布された布マスク

 未知の新型コロナウイルスとの戦いに右往左往した政府。とりわけ世論の不興を買い、身内からも「失策」と酷評されたのが、全世帯向け布マスクの配布だった。

2020 6/29 6:00
社会

「無理だよ」閣僚白旗 休業補償求め知事の乱 対策主導し世論味方に

テレビ会議で重ねられた全国知事会と国の意見交換=19日夕、東京都千代田区

 燃え広がった感染の炎を鎮めるため、各地の対策を指揮したのは全国の知事たちだった。世論を味方に付け、政府に物申す自治体トップの発信力が、国と地方の関係を揺さぶった。

2020 6/28 6:00
社会

10年前の提言生きず…PCR検査、増えなかった理由

PCR検査の演習をする医療関係者=6月22日、東京都八王子市の病院(撮影・鶴加寿子)

 あなたが今、新型コロナウイルスに感染しているかを調べられる「PCR検査」。日本は欧米や韓国と比べ、実施件数が桁外れに少ないことに疑問の目が向けられてきた。

2020 6/26 6:00
社会

爆笑王の死が国民変えた 「真剣に注意しなければ」という“遺言”

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 4月7日は、日本で初めて緊急事態が宣言された緊迫の日として記憶に刻まれることになった。対象は福岡など7都府県。

2020 6/25 6:00
社会

入国制限が遅れた代償は 五輪開くため聖火到着待ち、ウイルス拡散

東京・国立競技場近くに設置されているモニュメント

 ウイルスの感染拡大を政府はどこかで食い止められなかったのか。その答えを示唆する研究成果が4月27日、国立感染症研究所から発表された。

2020 6/23 6:00
政治

「一斉休校」側近主導で強行 結論ありきの政治アピール

首相官邸

 2月27日昼、安倍晋三首相は官邸の執務室で、萩生田光一文部科学相、藤原誠文科次官と向き合っていた。 首相は「学校を介し、子どもから高齢者に感染が広がるのを防ぎたい」と一斉休校を持ち出した。

2020 6/22 6:00
社会

「これから地獄か」クルーズ船から始まった戦後最大の医療危機

712人の集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」=2月12日、横浜市の横浜港(撮影・一ノ宮史成)

 薄闇の海に、ほの白く山のような船体が浮かんでいた。 2月5日未明、横浜港(横浜市)沖。

2020 6/22 6:00
社会

「病床はパンク寸前」医療崩壊迫った首都 総力戦でしのいだ“第1波”

新型コロナウイルス感染症を巡る国内の主な出来事

 「感染爆発 重大局面」と大書されたボードを掲げ、小池百合子東京都知事はテレビカメラを正面から見据え、同じ危惧を繰り返した。「『医療崩壊』が起こりかねない」-。

PR

PR

注目のテーマ