気になるっ写
連載

「気になるっ写」

「気になるっ写」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 8/23 6:02
福岡

福々しい笑顔の石像「タノカンサア」、なぜここに?

田の神様を囲んで笑顔を見せる奥村さん夫妻

 福岡県豊前市山内の農道。田んぼの片隅に、高さ30センチほどの石像がたたずむ。

2020 8/22 6:00
福岡

樹齢400年倉本聡さん描く 巨樹老木・皇后杉 神秘的重々しさ 権現山

樹齢400年と推定される「巨樹老木・皇后杉」。倉本聡さんも現地を訪れてスケッチした

 テレビドラマ「北の国から」などで知られる脚本家で、樹木などを題材とした点描画も手がける倉本聡さんが北九州市を訪れてスケッチした老木がある。 八幡東区の皿倉山(標高622メートル)に連なる権現山(同617メートル)北面の標高450~500メートルに広がる約4ヘクタールの杉林。

2020 8/10 6:00
福岡

少子化、早い巣立ち…アオバズク育つ神社に異変?

仲睦まじいアオバズクの親子(右が親)=7月16日、原忠則さん撮影

 「今年は何かおかしい」と、小倉南区のアマチュアカメラマン原忠則さん(77)は言う。10年以上前から福岡県行橋市の正八幡宮に通い、毎年飛来するアオバズクを撮り続けてきた。

2020 6/16 14:47
福岡

創業100年のホテルに“光のアート” 人々が出会い交わる「非日常空間」を表現

千草ホテルの正面の壁に浮かぶ「Crossing」

 福岡県八幡東区西本町の千草ホテル(地上5階地下1階建て)は日没から約5時間、正面の壁面に「白」「緑」「紫」などの光が交錯する「色彩豊かな芸術品」を浮かび上がらせる。 ホテル側によると、この「色彩豊かな芸術品」は縦11メートル横19メートル。

2020 6/8 6:00
福岡

道路脇に数百個の四角錐、この形は? 「本物そっくり」区民納得

戸畑区の街中に点在する車止め

 北九州市戸畑区の街中を歩いていると、四角錐(しかくすい)の「物体」が道路脇に数多く設置されているのが目に留まる。どうやら車止めのようだが、戸畑でこの形といえばあれしかない-。

2020 6/5 16:21
福岡

日本一の大きさ? カラフル大仏、実は…聖徳太子

色鮮やかで圧倒的な存在感を放つ「若松大仏」。手前は永野勝久住職

 北九州市若松区の市道を若戸大橋から北西側の小石方面に坂道を上っていくと、右手にカラフルで大きな像が立っている。髪を耳のところで結った特徴的な髪形に、極彩色の袈裟(けさ)と着物。

2020 5/20 6:00
福岡

一体何?不思議なオブジェ 「マカロニ星人」の正体を探ってみた

「中の橋」の歩道上に設置されたオブジェ

 マカロニみたいな頭にほっそりした女性のような体形の不思議なオブジェがずらり。北九州市小倉北区の紫川に架かる「中の橋」に設置された通称「マカロニ星人」は、同区の中心街でひときわ異彩を放っている。

2020 5/18 6:00
福岡

日本一小さな火山?工場の奥に潜む250万年前のロマン

上空から撮影した妙見山(左上)は工場に囲まれていた(黒崎播磨提供)

 北九州市の工場構内に「日本一小さな火山」がある!?。耐火物メーカー「黒崎播磨」の本社と八幡工場(八幡西区)の敷地内にある妙見山(41メートル)は250万年前の火山の痕跡だという。

2020 5/12 6:00
福岡

なぜ?カーブミラー、県道にずらり 謎を探ってみた

カーブミラーがずらりと並ぶ苅田町山口の県道

 福岡県苅田町の山間部、山口地区の県道に、カーブミラーがずらりと並んだ不思議な場所がある。わずか約200メートルの間に11柱、20面のミラーがひしめく。

2020 5/11 6:00
福岡

橋の上の銅像 源氏の名馬が残した別れの逸話 北九州市戸畑区

「御馬橋」の親柱に鎮座する「磨墨」の銅像

 戸畑区の天籟寺川に架かる「御馬橋(おうまばし)」の親柱(牧山新町)の上には、高さ50センチほどの馬の銅像が鎮座している。橋の名前にちなんだオブジェだとすれば少々安直な気もするが…。

2020 4/29 6:00
福岡

一体これは何?連なる8羽のフクロウ 北九州に不思議な石碑

フクロウが縦に連なった石碑

 フクロウが縦に連なること8羽。高さは地上から約6、7メートルある。

2020 4/28 6:00
福岡

「あっ危ねー」不思議な道路標示 思わず減速…福岡・吉富町

「あっ危ねー!」の道路標示。なんとも自由すぎる

 車を運転中、思わずスピードを落としてしまう不思議な道路がある。県道中津豊前線にある福岡県吉富町の交差点から南下すると、謎は明らかになる。

PR

PR

注目のテーマ