気流
コーナー

「気流」

「気流」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 4/16 5:55
社説・コラム経済

ミャンマービールを飲まない訳

気流

「私たちは今、このミャンマービールを飲まないんです」。福岡市博多区の「吉塚市場リトルアジアマーケット」にあるミャンマー料理店「チョウゼヤ」。

2021 4/15 6:00
経済福岡社説・コラム

ミャンマー料理店は元銭湯

気流

福岡市博多区の「吉塚市場リトルアジアマーケット」に集まったアジア各国の店の中で、ミャンマー料理「チョウゼヤ」は、ひときわ異彩を放っていた。

2021 4/14 6:00
経済福岡

アジアの人が集える場所に

気流

足を踏み入れる前から、昭和の雰囲気がプンプンしている。入り組んだ細い通路。

2021 4/13 6:00
経済社説・コラム

あるホテルの破綻

長引くコロナ禍で資金繰りが行き詰まって倒産したり、廃業したりする事業者が増えている。毎日のようにそんな記事を書いたり、読んだりしているが、身近で起きるとショックが違う。

2021 4/9 6:00
経済国際

最高裁判事の素顔

気流

韓国・ソウル駐在時代、記者仲間と日本大使館の有志で週末にソフトボールで汗を流した。歴代の大使も名誉選手として加わっており、試合の日は公務の合間を縫って「背番号1」のユニホーム姿で応援に駆けつけてくれた▼試合では、大使が1度は「代打」に立つのが慣例だった。

2021 4/8 6:00
社説・コラム経済

老後の備えより、子供の教育費

気流

新年度が始まり、キャンパスライフに胸を躍らせている大学生も多いだろう。コロナ禍による不自由はあるだろうが、授業、サークル活動、アルバイト…自立への第一歩を踏み出せば、気持ちも開放的になる。

2021 4/7 6:00
社説・コラムスポーツ

聖火リレー、止まる勇気も

気流

冷めていた気持ちが、あの時大きく揺さぶられた。2018年2月に韓国・平昌(ピョンチャン)で開催された冬季五輪。

2021 4/6 5:57
経済

ぼーっとする効能

気流

「一体いつまで続くのでしょうか」。月に2回ほど出演させてもらっている地元民放の情報番組の終了後、アナウンサーがぽつりとつぶやいた。

2021 4/2 6:00
経済社説・コラム

帰ってくる「ロマン街道」

気流

福岡市のラジオ局「LOVE FM」で約2年間続いた「九州歴史ロマン街道」という番組が昨年9月で打ち切りになったことは、小欄でも報告した。日本航空(JAL)の提供番組だった▼出演者が九州各地の歴史や文化を語り合うという滋味深い番組だっただけに、関係者は当時落胆していた。

2021 4/1 6:00
経済

克服の1年が始まった

気流

1年ぶりに足を運んだ福岡空港国際線ターミナルは、想像以上に閑散としていた。多くの国際線が運休したままで、出入国のフロアは人影まばら。

2021 3/31 6:00
社説・コラム

ウイルスとの戦いは続く

気流

文字通り、激動の2020年度が終わる。ちょうど1年前の3月31日の紙面は、タレントの志村けんさんの訃報を伝えた。

2021 3/30 6:00
経済社説・コラム

昭和がまた遠くなる

気流

幼い頃から親しんできた身近な遊園地というのは、だれにでもある。長崎市民にとっては「福田の~」の愛称があった長崎遊園地(1996年閉園)、大分県民は「別府ラクテンチ」、宮崎県民は「こどものくに」といったところか▼福岡市民にとって東区の「かしいかえん」がそうだ。

2021 3/26 6:00
社説・コラム

「ざる」状態の国営ダム

「『ざる』みたいに水が漏れて、使えないダムがあります」。十数年前に勤務していた大分県で、竹田市の担当記者が憤まんやる方ない様子で語っていたのを覚えている。

2021 3/25 6:00
経済社説・コラム

復活機内誌で「福岡特集」

気流

スカイマークが4、5月の機内誌合併号で福岡を特集する。市中心まで10分程度と国内では文句なしのトップ、世界でも屈指の利便性を誇る福岡空港の歴史や最新情報のほか、うどんやコーヒーなどのグルメを紹介するという▼コロナ禍で人の動きが激減して、航空各社はどこも業績が悪化。

2021 3/24 6:00
経済社説・コラム

喫茶店は隠れた観光資源

気流

「最近はまったく来なくなりました」。福岡市中心部の川のほとりにある老舗喫茶店のマスターが苦笑した。

2021 3/23 6:00
経済社説・コラム

迷い込んだ子猫

気流

福岡市・天神の一角にあるなじみの喫茶店の2階に昨年末、雄の子猫が迷い込んだ。ネコ好きなママが受け入れて、かわいい名がついた。

2021 3/19 6:00
経済社説・コラム

たかが豆腐、されど豆腐

気流

「昔、懐かしい田舎で祖母が作っていた味がして、驚くとともに涙がこぼれました。…これからも、この味を落とすことなく、頑張ってください」。

2021 3/18 6:00
経済社説・コラム

流れ星に込めた願い

気流

14日夜に九州を駆け抜けた「流れ星新幹線」は、思ったより華やかだった。七色の光を車窓から空へ放ちながら、時に打ち上げ花火や音楽との共演もあり、コロナに沈む地域を明るく照らした▼10周年を迎えた九州新幹線全線開通を記念してJR九州が企画した。

2021 3/17 6:00
経済社説・コラム

生涯学習の灯は守られた

気流

生涯学習の場として30年以上にわたって講演会を続けてきた福岡市の「九州市民大学」が18日、約1年ぶりに開講する。コロナ禍で昨年2月を最後に休講が続いてきただけに、約2800人の会員もまずは一安心といったところだろう▼学者、音楽家、小説家、俳優、落語家…。

2021 3/16 6:00
経済

「3・11」は

気流

東日本大震災から10年目の11日は朝刊当番だった。節目の紙面の構成をあれこれ考える前に、ある講演会に顔を出すと、のっけから驚かされた。

PR

PR