コーナー

「北九州市長選」

「北九州市長選」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 1/29 6:00
政治

北九州市長選、有権者の関心低く 投票率最低更新、前回より2・4ポイント下回る

 27日投開票された北九州市長選の投票率は33・48%で、過去最低となった。2015年の前回市長選の35・88%がこれまでの最低で、2・4ポイント下回った。

2019 1/28 14:02
社会政治

北九州市長選でトラブル 投票用紙の二重交付や集計ミス 開票大幅遅れ

開票作業が大幅に遅れた北九州市長選の小倉北区の開票所=27日夜、北九州市小倉北区

 27日に投開票された北九州市長選は、同市小倉北区と若松区の開票所で、投票者数と開票総数が合わないトラブルがあり、確認のため開票作業が大幅に遅れた。終了は前回市長選(2015年)より約2時間半遅い28日午前1時21分。

2019 1/28 13:51
政治

4期目の当選から一夜 北橋氏、工藤会本部事務所の早期撤去に意欲 北九州

当選から一夜明け、新聞を開いて笑顔を見せる北橋健治氏=28日午前9時半過ぎ、北九州市八幡東区

 北九州市長選から一夜明けた28日午前、4選を果たした北橋健治氏(65)は同市八幡東区の事務所で記者会見し、抱負を語った。 4期目について「SDGs(持続可能な開発目標)の推進が北九州の未来につながる」と強調。

2019 1/28 6:19
政治

北橋市政、背水の4期目 高齢化や人口減…課題山積の北九州市 産業育成、若者定着急務

支持者から花束を受け取る北橋健治氏=27日午後8時12分、北九州市八幡東区

 27日投開票された北九州市長選は現職の北橋健治氏(65)が勝利した。成長路線をひた走る福岡市とは対照的に、人口減、高齢化が加速する「課題先進都市」。

2019 1/28 6:00
政治

北九州市長に北橋氏4選 2新人破る 投票率最低33・48%

4選を確実にし支持者らに感謝する北橋健治氏(中央)=27日午後8時すぎ、北九州市八幡東区

 北九州市長選は27日、投開票され、無所属現職の北橋健治氏(65)が、共産党福岡県委員会常任委員の永田浩一氏(53)=共産推薦=と、水産加工会社社長の秋武政道氏(58)のいずれも無所属新人2人を破り、4選を決めた。選挙戦は、全国の中でも深刻な人口減少への対応や北橋氏自身の多選などが争点となった。

2019 1/28 6:00
政治

「日本一住みやすい街に」 北九州市長選、北橋氏が勝利宣言

4選を決め、笑顔を見せる北橋健治氏

 27日投開票された北九州市長選は、現職の北橋健治氏(65)が、共産党県委員会常任委員の永田浩一氏(53)=共産推薦、地元水産加工会社社長秋武政道氏(58)のいずれも無所属新人2人を破り、4選を果たした。初当選時に掲げた「3期まで」の公約を覆した北橋氏だったが、有権者は市政の安定と継続を選び、地域の発展を託した。

2019 1/27 9:28
政治

3候補「最後のお願い」 27日投開票

 現職と2新人による三つどもえの戦いとなった北九州市長選は選挙戦最終日となった26日、共産党県委員会常任委員の永田浩一氏(53)=共産推薦、4選を目指す北橋健治氏(65)、地元水産加工会社社長の秋武政道氏(58)のいずれも無所属の候補者が、雪が吹き付ける寒風の中、朝から各地で遊説した。強くマイクを握りながら「最後の訴え」を行い、2週間の選挙戦を締めくくった。

2019 1/27 6:00
政治

市長選当日の有権者 見込み数は79万4276人 前回比2710人増

 北九州市選挙管理委員会は26日、市長選の当日有権者見込み数を発表した。総数は79万4276人で、前回(2015年)に比べ、2710人増えた。

2019 1/27 6:00
政治

期日前投票は最多7万3358人 前回を6201人上回る

 北九州市長選の期日前投票が26日で終わり、投票者総数は7万3358人で2015年の前回市長選(6万7157人)から6201人増加した。 市長選の期日前投票は07年に導入され、今回が最多となった。

2019 1/27 6:00
政治

KENZOさん投票啓発 小倉北区 イベントでダンス披露

子どもたちとヒット曲「U.S.A.」を踊るKENZOさん

 北九州市長選と市議補選(小倉北区)の投開票日を前に、選挙啓発イメージキャラクターを務める人気グループ「DA PUMP」のメンバーKENZOさんが26日、小倉北区の商業施設「リバーウォーク北九州」で、投票を呼び掛ける啓発イベントに登場した。 KENZOさんは市民ダンサーとともに市長選をPRするダンスを制作。

2019 1/26 6:00
政治

北九州市長選27日投開票 各地で街頭活動 3候補、支持訴え懸命

 北九州市長選の投開票日(27日)まで残り2日となった25日、いずれも無所属で、共産党県委員会常任委員の永田浩一氏(53)=共産推薦=と、4選を目指す現職の北橋健治氏(65)、門司区の水産加工会社社長の秋武政道氏(58)の3候補者はラストスパートをかけ、論戦を展開した。 25日は3候補者とも市内各地で街頭活動を実施。

2019 1/26 6:00
政治

北九州市長選27日投票

 北九州市長選は27日に投票、即日開票される。立候補しているのは、いずれも無所属で、共産党福岡県委員会常任委員の永田浩一氏(53)=共産推薦、4選を目指す現職の北橋健治氏(65)、地元水産加工会社社長の秋武政道氏(58)の3人。

2019 1/25 6:00
政治

下関北九州道路が争点に 推進=北橋、秋武氏「既存路の老朽化に備え」 反対=永田氏「耐震性や採算性に疑問」

 北九州市中心部と山口県下関市を新たに結ぶ「下関北九州道路」(下北道路)の建設推進の是非が、27日投開票の北九州市長選の争点となっている。4選を目指す現職の北橋健治氏(65)と、地元水産加工会社社長の新人秋武政道氏(58)の2人は推進の立場。

2019 1/24 17:19
政治

【街 みらい】北九州市政点検 教員確保、喫緊の課題 多忙なイメージや大量定年… 「超過勤務ゼロ」遠く

4月から教諭になる学生たちを対象に、不安解消などを目的として市立教育センターが開いた研修会=22日、八幡西区

 多忙なイメージから、全国的に人材確保が課題に挙がる小中学校の教員。北九州市でも、新たな教員の確保が課題となっている。

2019 1/23 6:00
政治

さあ終盤、候補者駆ける 北九州市長選

北九州青年会議所主催で行われた公開討論会に出席した(左から)秋武政道氏、北橋健治氏、永田浩一氏=12日、小倉北区

 約80万人の有権者は北九州市のかじ取りを、誰に委ねるのか。27日に投開票される北九州市長選には、新人で共産党県委員会常任委員の永田浩一氏(53)=共産推薦、4選を目指す現職の北橋健治氏(65)、新人で水産加工会社社長の秋武政道氏(58)の3人が、いずれも無所属で立候補。

2019 1/23 6:00
政治

【街 みらい】北九州市政点検 折尾地区総合整備事業 住民「街の完成図早く」 最大地権者JRの動向が鍵

区画整理が進み、空き地が目立つJR折尾駅周辺

 鉄都・北九州市の西の玄関、JR折尾駅(八幡西区)周辺で、市が総事業費約840億円を投じる「折尾地区総合整備事業」が進んでいる。2020年度には新駅舎が開業する予定だが、区画整理が進む駅南側や広大な高架下の用途は定まっていない。

2019 1/22 6:00
政治

若者投票率向上へ選管あの手この手 北九州市長選 割り箸袋やブックカバー配布

九州工業大の売店で配布している「1・27 北九州市長選挙」と印字した袋に入った割り箸

 北九州市長選の投開票(27日)に向け、若者の投票率アップを目指した取り組みを、市選挙管理委員会が展開している。投票率が35・88%で過去最低となった前回市長選(2015年)では、20~24歳の若者世代の投票率が12・73%と低迷した。

2019 1/21 9:39
政治

選挙サンデー舌戦熱く

 北九州市長選(27日投開票)は20日、折り返しの選挙サンデーを迎えた。共産党県委員会常任委員の新人永田浩一氏(53)=共産推薦、4選を目指す現職の北橋健治氏(65)、地元水産加工会社社長の新人秋武政道氏(58)は、休日で有権者が集まるJR小倉駅前など市内各地を回った。

2019 1/21 6:00
政治

北九州市長選、投票まで1週間 現職の盤石体制に死角 市議会与党、多選に温度差も 2新人、公約違反と批判

魚町銀天街を歩きながら、有権者に政策を訴える北九州市長選の立候補者=20日午後4時すぎ、北九州市小倉北区(写真の一部を加工しています)

 現職と新人2人の三つどもえの戦いとなった北九州市長選は27日の投開票日まで残り1週間。4選を目指す現職の北橋健治氏(65)は市議会与党3会派(自民党、公明党、国民民主党系のハートフル北九州)に加え、経済界、連合など、自ら「盤石」と呼ぶ体制で、前回2015年で得た約20万票以上を目標に据える。

2019 1/20 6:00
政治

「地場と若者結びつけて」 合同会社説明会参加者、市の雇用対策充実に期待

合同会社説明会に訪れ、熱心に企業の話を聞く参加者

 北九州市長選の投開票日(27日)が迫る19日、地場企業の人材確保を促し、働き盛り世代の定着化を目指す「北九州合同会社説明会」が西日本総合展示場新館(小倉北区)で開かれた。市長選に立候補している新人の共産党県委員会常任委員永田浩一氏(53)=共産推薦=と現職の北橋健治氏(65)、新人の水産加工会社社長秋武政道氏(58)の3氏は、それぞれ公約で雇用対策を掲げ、熱弁を振るう。

PR

PR

注目のテーマ