落日の工藤会 トップ極刑判決
連載

「落日の工藤会 トップ極刑判決」

市民を襲撃したとして、特定危険指定暴力団「工藤会」のトップに死刑が言い渡された。警察の「壊滅作戦」が始まってから7年。異例の捜査と公判、地域への影響を検証する。

2021 8/28 6:00
社会福岡連載

「修羅の国」払拭するために 暴排これからが正念場

落日の工藤会 トップ極刑判決

 記者が北九州市小倉北区のスナックを訪ねると、震える手で空のビール瓶を持つママに出迎えられた。暴力団に襲われたら、その瓶で反撃するつもりだったという。

2021 8/27 6:00
社会福岡連載

「北九州ではもう食えない」新たなシノギ求め関東進出、補助金詐欺

特定危険指定暴力団工藤会系の組事務所とみられる千葉県松戸市の4階建てビル(写真の一部を加工しています)

 数年前まで特定危険指定暴力団工藤会の組員だった男性は、ため息交じりに打ち明けた。 高校を中退後、先輩に誘われ、21歳で組員となった。

2021 8/26 6:00
社会福岡連載

「これでトップまでいける」工藤会壊滅作戦、異例の捜査が突破口

機動隊が警戒する中、野村悟被告の自宅に家宅捜索に入る福岡県警の捜査員ら=2015年7月、北九州市小倉北区

 「中におるんやろうが。 北九州市内の集合住宅前で、男たちが大声を上げていた。

PR

PR