まとめ

「北海道電力」 (2ページ目)

「北海道電力」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 5/16 19:51
経済

送電線増強費、10電力で分担案 経産省が有識者委に示す

 経済産業省は16日、各地域間をつなぐ送電線「連系線」の増強工事について、全国の大手10電力で費用を分担する案を有識者委員会に示した。連系線の両端の大手電力の負担としてきた、これまでの原則の転換を議論する。

2019 4/25 23:59
経済

北海道電社長に藤井副社長 真弓氏は会長、引責は否定

 藤井裕氏

 北海道電力は25日、真弓明彦社長(64)の後任に藤井裕副社長(63)を昇格させる人事を発表した。真弓社長は同日の決算会見で「電力需要の変革期である新しい時代を、新しい体制でスタートさせたい」と述べ、昨年9月の北海道地震で引き起こした全域停電(ブラックアウト)の引責は否定した。

2019 4/25 9:35
経済

北海道電力社長に藤井裕副社長 14年以来の交代、体制刷新

 北海道電力が社長に藤井裕副社長(63)を昇任させる人事を固めたことが25日、北海道電関係者への取材で分かった。真弓明彦社長(64)は会長に就き、佐藤佳孝会長(69)は退任する。

2019 3/28 17:57
経済

北海道―本州の送電線を増強 不足改善、計90万キロワットに

 新たな送電線の関連施設を説明する北海道電社員=28日午後、北海道北斗市

 全国の電力融通を指揮する電力広域的運営推進機関は28日、北海道と本州を結ぶ「北本連系線」を増強する新たな送電線の運用を始めた。従来のルートとは別に、北海道電力が青函トンネル内に容量30万キロワットのルートを整備した。

2019 3/21 18:28
政治政治

北海道知事選は与野党対決 2新人が届け出

 石川知裕氏(左)、鈴木直道氏

 北海道知事選は21日、立憲民主、国民民主、共産など野党各党が推薦する元衆院議員の石川知裕氏(45)と、自民、公明両党が推薦する前夕張市長の鈴木直道氏(38)の無所属2人が届け出た。16年ぶりの新人対決。

2019 2/24 12:24
経済

蒸気漏れ、北電の火力発電所停止 道内の電力供給に支障なし

 北海道電力は24日、火力の伊達発電所2号機(伊達市、出力35万キロワット)のボイラー内部で蒸気漏れを確認し、23日午後7時ごろから運転を停止したと発表した。点検と補修に数週間かかる見込みで、復旧時期は未定。

2019 2/22 23:10
科学・環境

泊原発、活断層否定できず 規制委見解、審査長期化も

 北海道電力泊原発=北海道泊村

 北海道電力泊原発(泊村)の敷地内を走る「F―1断層」について、原子力規制委員会は22日の審査会合で、原発の新規制基準で13万~12万年前以降に動いたと定義される活断層であることを「否定できない」との見解を示した。新基準では、原発の重要施設の直下に活断層があると再稼働できないが、北海道電によると、断層は泊1~3号機の重要施設の直下にはないという。

2019 2/8 17:37
政治

石川元衆院議員を野党統一候補に 道知事選、出馬を正式表明

 記者会見で北海道知事選への出馬を表明する石川知裕元衆院議員=8日午後、札幌市

 4月の北海道知事選で、石川知裕元衆院議員(45)は8日、札幌市内のホテルで記者会見し「北海道の発展に力の限り尽くしたい」と述べ、無所属での立候補を正式表明した。道内の立民や国民、共産、社民などは同日、石川氏を野党統一候補とすることを確認した。

2019 1/31 19:25
経済

電力8社、火力発電燃料高で減益 自由化で顧客流出も影響

 電力大手10社の2018年4~12月期連結決算が31日、出そろった。北海道電力と北陸電力を除く8社の経常利益が前年同期比で減少した。

2019 1/29 21:24
科学・環境

泊原発、データ送信忘れ 国の緊急時システムに

 北海道電力は29日、泊原発1~3号機(泊村)から、原発の状態を把握する国の緊急時対策支援システム(ERSS)へのデータ送信の再開が約3時間遅れたと発表した。設備の点検作業が終了した後、担当者が送信再開の操作を忘れていたことが原因という。

2018 12/19 11:35
科学・環境

泊原発の保安規定違反認定 非常用発電機の接続不良

 原子力規制委員会は19日の定例会合で、停止中の北海道電力泊原発(泊村)の非常用ディーゼル発電機1台が11月の試運転で起動しなかった問題について、原発の運用ルールを定めた保安規定の違反に当たると認定した。原因とみられる制御盤内の端子は2009年の3号機運転開始時から接続不良だった。

2018 12/12 18:21
経済

原発停止で道内全域停電も 第三者委が検証で指摘

 北海道地震による国内初の全域停電を検証する第三者委員会は12日、東京都内で会合を開いた。北海道電力泊原発1~3号機(泊村、出力計207万キロワット)が運転中に地震などで同時停止すると、一定の条件が重なれば道内は全域停電に陥る恐れがあるとの検証結果を公表。

2018 12/5 18:51
科学・環境

09年運転時から接続不良か 北海道・泊原発の非常用発電機

 停止中の北海道電力泊原発3号機(泊村)で11月9日、非常用ディーゼル発電機が試運転時に起動しなかった問題で、原因とみられる制御盤内の端子は2009年の3号機の運転開始時から接続不良の状態だった可能性があることが5日、北海道電への取材で分かった。原子力規制委員会は、原発の運用ルールを定めた保安規定違反に当たるかどうか調べる。

2018 12/5 13:54
科学・環境

泊原発、非常用発電機でトラブル 規制委が調査へ

 原子力規制委員会は5日、停止中の北海道電力泊原発(泊村)の3号機で、非常用ディーゼル発電機1台が試運転の際に起動しないトラブルがあったとして、詳しい調査をする方針を決めた。 規制委によると、2台ある非常用発電機のうち1台が、11月9日の試運転時に起動しなかった。

2018 11/29 17:51
経済

電気・ガス、来年1月も値上げ 大手10社、燃料価格上昇で

 電力大手10社は29日、2019年1月の家庭向け電気料金を発表した。液化天然ガス(LNG)や石炭など火力発電に使う燃料の価格上昇を料金に反映し、6カ月連続で全社が値上げする。

2018 11/8 17:53
経済

冬の節電、北海道で要請 経産省、9管内は見送り

 経済産業省

 経済産業省の有識者会合は8日、北海道で今冬に節電を要請する電力需給対策案を了承した。冬としては3年ぶりとなる。

2018 11/7 11:02
経済

経産省、北海道で冬の節電要請へ 3年ぶり、火力停止なら逼迫か

 苫東厚真火力発電所の(左から)1号機、2号機、4号機=9月29日、北海道厚真町

 経済産業省が、今冬に北海道での節電を要請する方向で検討していることが7日、分かった。道内最大の苫東厚真火力発電所が停止すれば電力需給が逼迫する可能性があるためで、冬では3年ぶりの要請となる。

2018 11/1 21:21
経済

北海道電、強制停電で再発防止策 35万キロワット容量上積み

 記者会見する北海道電力の藤井裕副社長=1日午後、札幌市中央区

 北海道電力は1日、9月6日の地震に伴う全域停電を検証する社内委員会の第2回会合を開き、再発防止策を公表した。電力広域的運営推進機関に設置された第三者委員会の提言を受け入れ、大規模停電を回避する緊急措置「強制停電」の容量を35万キロワット上積みした。

2018 10/30 17:13
経済

電気とガス、12月も値上げ 大手全社、5カ月連続

 電力大手10社は30日、12月の家庭向け電気料金を発表した。液化天然ガス(LNG)や石炭など火力発電に使う燃料の価格上昇が影響し、5カ月連続で全社が値上げとなった。

2018 10/24 12:43
科学・環境

原発モニタリングポストを調査 規制委、北海道の停電受け

 原子力規制委員会は24日の定例会合で、全国の原発の敷地と外部の境界付近に電力事業者が設置している放射線監視装置(モニタリングポスト)の停電対策が十分か調査することを決めた。事業者から現状を聞き、年内をめどに、停電時に外部から電源が供給されなくなっても測定不能にならないような対策が取られているか確認する。

PR

PR

注目のテーマ