まとめ

「九州国立博物館」

「九州国立博物館」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2021 10/16 5:30
福岡

【あの日】九州国立博物館が開館=10月16日

九州国立博物館の開館記念特別展「美の国日本」で三つの金印に目を凝らす入館者たち

 アジアの文化交流史をたどる九州国立博物館(福岡県太宰府市)の一般公開がスタート。初日だけで延べ約1万3000人が入館した。

2021 10/12 6:00
経済福岡

特急「海幸山幸」で特別展「海幸山幸」へ JR九州、福岡県内で初運行

出発の合図をする九州国立博物館の山田信吾副館長(右)と博多駅の鐘ケ江理恵駅長=10日、福岡市

 福岡県太宰府市の九州国立博物館で開かれている特別展「海幸山幸-祈りと恵みの風景」(西日本新聞社など主催)のタイアップ企画として、宮崎県の日南海岸沿いを走るJR九州の観光特急「海幸山幸」が10日、福岡県内で初めて運行された。この日限定で博多-二日市間を3往復し、計約240人が乗車した。

2021 10/9 6:00
福岡文化

日本人の原点に迫る特別展「海幸山幸」九博で9日開幕

遊行僧・木喰の最大傑作ともいわれる阿弥陀如来坐像(中央)も展示されている=8日、福岡県太宰府市の九州国立博物館

 海と山の恵みを受けて育まれた日本の歴史や文化を紹介する特別展「海幸山幸-祈りと恵みの風景」(西日本新聞社など主催)が9日、福岡県太宰府市の九州国立博物館で開幕する。屏風(びょうぶ)や土器など計96点を通し、自然と共生してきた日本人の原点に迫る。

2021 10/6 6:00
福岡

令和ゆかりの坂本八幡宮そばに「梅花の宴」モニュメント 1年間展示

坂本八幡宮そばに設置されたモニュメント。磨かれたステンレスには、季節に応じて梅や桜の花、朝日などが映り込むという

 「令和」ゆかりの地として知られる福岡県太宰府市の坂本八幡宮そばに新元号の典拠となった、万葉集の梅花の宴をテーマにしたモニュメントが設置された。筑紫地区5市を活動エリアとするつくし青年会議所(JC)の50周年記念事業で、地元アーティストらが制作。

2021 10/4 17:30
文化

九州国立博物館で范道生特集展  「奇才」仏師の足跡を紹介 

范道生特集展

 明から来日し「奇才」と呼ばれた仏師の范道生(はんどうせい)(1635~70)を紹介する特集展示が、九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開かれている。江戸時代、日本で禅の黄檗宗を開いた隠元隆〓(いんげんりゅうき)に重用された范は長くはない生涯の中で、奇抜な姿の仏像や神像を残し、鮮烈な印象を与えている。

2021 9/27 5:55
福岡社説・コラム

我慢の限界ではないのか

記者コラム

 昔から見慣れていた「梅ケ枝餅」の店は、中が空っぽだった。廃業したのだろうか。

2021 9/19 6:00
文化福岡

沖縄戦で大破の仁王像復元 10月19日から九博で展示

模造復元された円覚寺の仁王像(沖縄県立博物館・美術館提供)

 沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は、琉球王家の菩提(ぼだい)寺・円覚寺に置かれ、沖縄戦で大破した室町時代の仁王像を模造復元した。戦災や近代化に伴って消失・破損した琉球王国の文化遺産を再興する事業の一環で、6年かけて完成した。

2021 9/12 6:00
福岡文化

夢の競演 #この一枚

北斎が描いたような構図を取り入れた「沖ノ島十景 玄界灘沖」(福岡県提供)

 福岡県などでつくる「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群保存活用協議会は、江戸時代後期に活躍した浮世絵師・葛飾北斎の画風を再現した画像で、世界文化遺産・沖ノ島などを紹介する動画を公開している。北斎が来島した記録はないが、最新技術で「夢の共演」を実現した。

2021 8/28 6:00
福岡文化

九州国立博物館「海幸山幸」展、10月9日開幕 自然と共生した文化紹介

展示作品の一つ、国宝「日月山水図屏風」(部分)

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)は27日、10月9日~12月5日に開催する特別展「海幸山幸-祈りと恵みの風景」(西日本新聞社など主催)の概要を発表した。自然と共生し、海と山の恵みを受けて育まれた日本の歴史や文化を、絵画や彫刻作品などを通して紹介する。

2021 8/21 15:00
福岡文化

特別展「皇室の名宝-皇室と九州をむすぶ美-」 九州国博、29日まで

孔雀や鶏、魚類を描いた伊藤若冲の「動植綵絵」。全30幅のうち6幅を展示中

 動植物の生き生きとした姿を細部まで華麗に描ききっている。九州国立博物館の特別展「皇室の名宝-皇室と九州をむすぶ美-」で展示している伊藤若冲(1716~1800)の代表作「動植綵絵(どうしょくさいえ)」。

2021 8/21 5:57
福岡

九博の飾り山笠に「御神入れ」

九州国立博物館であった飾り山の御神入れ

 福岡県太宰府市の九州国立博物館で20日、展示中の博多祇園山笠の飾り山笠に神様を招き入れる「御神入れ」の神事があった。博多祇園山笠振興会の武田忠也会長など、関係者ら約20人が参加。

2021 8/19 6:00
福岡

博多の飾り山笠、九産大へ 学生との交流が縁、「異例」の展示

九州産業大にお目見えする東流の飾り山笠。7月前半の祭り期間中、博多の街を彩った

 福博を代表する夏祭り、博多祇園山笠の東流(ながれ)(福岡市博多区)の飾り山笠が、今秋創立60周年記念式典を開く九州産業大(同市東区)にお目見えする。学生と東流の交流が縁で実現した。

2021 8/17 6:00
福岡連載

開かずの木箱から発見された肖像

修復を終え大牟田市の三笠神社に戻った高橋紹運の肖像

 丸刈りにひげ面の鎧武者が鋭い眼光を正面に向ける。戦国武将・大友宗麟に仕えた高橋紹運(じょううん)の肖像。

2021 8/11 6:00
福岡

旧伊藤伝右衛門邸で日本庭園の楽しみ方学ぶ 9月29日、参加者を募集

飯塚市役所

 日本庭園の楽しみ方や庭園の管理、剪定(せんてい)の方法などを学べる講座「庭園ゼミ」が、9月29日に福岡県飯塚市幸袋の旧伊藤伝右衛門邸で開かれる。同市では昨年に続いて2度目の開催。

2021 8/6 7:00
福岡

緑、紫の日もある梅ケ枝餅 伝統を磨き、革新に挑戦

緑、白、紫の梅ケ枝餅

 「学問の神様」として知られる菅原道真を祭り、受験シーズンは多くの参拝客でにぎわう太宰府天満宮(太宰府市)。その名物と言えば、なんといっても梅ケ枝餅だ。

2021 8/4 5:57
福岡

コロナ終息の願い込め…九博に博多山笠飾り山 来春まで展示

九州国立博物館に飾り付けられている、十一番山笠・天神一丁目の飾り山笠

 福岡県太宰府市の九州国立博物館で3日、博多祇園山笠の飾り山笠の飾り付けが始まった。十一番山笠・天神一丁目が今年の祭りで公開した題材で、4日まで飾り付け作業を行い、20日には山笠に神様を招き入れる「御神入れ」を行う。

2021 8/2 11:30
文化

【美は細部に 皇室の名宝展】(下)命の美しさ 生き生き

動植綵絵「梅花皓月図(ばいかこうげつず)」(11日から展示)

 「皇室の名宝」展で、来館者が長時間かけて見ている作品の一つは伊藤若冲(1716~1800)の「動植綵絵(どうしょくさいえ)」だろう。色を豊かに使い、動植物の細部まで描ききった若冲の筆力に人々は息をのむ。

2021 7/26 17:30
文化

【美は細部に 皇室の名宝展】(中)楽譜のよう 絵画のよう

粘葉本和漢朗詠集(巻下、亀亀甲繫紋の料紙)

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)の島谷弘幸館長は、平安時代の歌人藤原公任(966~1041)が撰者を務めた歌集をそう表現する。 会社のカラオケ大会。

2021 7/26 6:00
福岡

「ギョギョッと驚いた」さかなクン、若冲の魚を語る 九博特別展企画

マダイを描いた江戸時代の日本画について、ひれの繊細さなどを紹介するさかなクン

 東京海洋大名誉博士でタレントのさかなクンが、江戸時代に描かれた日本画に登場する魚介類について解説するイベントが25日、福岡県太宰府市の九州国立博物館で開かれた。開催中の特別展「皇室の名宝-皇室と九州をむすぶ美-」(西日本新聞社など主催)の関連イベントで、親子連れなど約300人が参加した。

2021 7/20 6:00
文化

「皇室の名宝-皇室と九州をむすぶ美-」7月20日九州国立博物館で開幕

伊藤若冲「動植綵絵」の連作が展示されている「皇室の名宝」展の会場

 天皇家に伝わった美術品を紹介する特別展「皇室の名宝-皇室と九州をむすぶ美-」(西日本新聞社など主催)が20日、福岡県太宰府市の九州国立博物館(九博)で開幕する。新たに国宝に指定される「蒙古(もうこ)襲来絵詞(えことば)」や、伊藤若冲「動植綵(さい)絵」など、計68件103点が並ぶ。

PR

開催中

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR