コーナー

「九州国立博物館」

「九州国立博物館」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 1/11 11:06
福岡文化

触れて 歴史 指先から 九博 視覚障害者向け展示 「世界広がる」

武器のレプリカにじっくりと触れる川島テル子さん(中央)。博物館の関係者(右)の説明を聞きながらイメージを膨らませると笑顔になった

 今秋開館15周年を迎える九州国立博物館(福岡県太宰府市、島谷弘幸館長)が、視覚障害のある人も作品を身近に感じ、より楽しめるよう工夫を凝らした展示やワークショップを模索している。さまざまな人が満足できるミュージアムを目指す九博の取り組みをカメラで追った。

2019 11/22 13:38
文化

記念講演会「フランス絵画の栄光~古典主義からロマン主義まで」

大原美術館の高階秀爾館長

 2020年2月9日(日)午後1時半~午後3時、福岡県太宰府市の九州国立博物館ミュージアムホール。2月4日(火)~3月29日(日)、九博で開催される特別展「ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華」の関連イベント。

2019 11/21 11:46
福岡文化

英雄の実像に触れる 九州国博で特別展「三国志」

実寸で再現された曹操墓の内部。最古の白磁とされる罐(かん、中央下)が展示されている(撮影・納富猛)

 三国志には、中国の後漢末から三国時代にかけての歴史が記されている。黄巾の乱(184年)に始まる群雄割拠から、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)の三国の争いを経て、西晋(せいしん)による統一(280年)に至る時期がこれにあたる。

2019 10/31 6:00
福岡文化

「フランス絵画の精華」概要発表 九博で来年2~3月

「ヴェネチアの宴」(ジャン=アントワーヌ・ヴァトー、スコットランド・ナショナル・ギャラリー)National Galleries of Scotland. Bequest of Lady Murray of Henderland 1861

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)は30日、来年2月4日~3月29日に開催する特別展「ルネ・ユイグのまなざし フランス絵画の精華」(西日本新聞社など主催)の概要を発表した。17世紀の古典主義から、19世紀の印象派誕生前に至るまでのフランス絵画を、国内初公開の名品も交えて一望する。

2019 10/25 14:35
文化

「夜な夜な三国志」

人気ゲーム「真・三國無双」シリーズの鈴木亮浩プロデューサー

 11月23日(土)午後3~8時、福岡県太宰府市の九州国立博物館。来年1月5日(日)まで、同館で開催されている特別展「三国志」関連イベント。

2019 10/1 6:00
福岡文化

特別展「三国志」開幕 九博

特別展「三国志」の開幕を前に内覧会が行われ、多くの招待客でにぎわう会場=30日午後、福岡県太宰府市の九州国立博物館(撮影・納富猛)

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)で1日に開幕する特別展「三国志」(西日本新聞社など主催)の内覧会と開会式が30日、開かれた。 2~3世紀の古代中国で魏、呉、蜀の三国が覇権を争った時代を最新の発掘成果で紹介する。

2019 9/11 6:00
福岡文化

修復の文化財、九博で特集展

17世紀に描かれ、中国から伝わった長崎・春徳寺の「仏涅槃図」

 経年や災害などによる劣化、破損を修復し、元の状態によみがえらせた文化財を集めた特集展示「文化財よ、永遠に」が10日、福岡県太宰府市の九州国立博物館文化交流展示室で始まった。11月4日まで。

2019 9/2 16:42
文化

室町将軍展が閉幕

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)で開かれていた特別展「室町将軍 戦乱と美の足利十五代」(西日本新聞社など主催)が1日、閉幕した。将軍家を軸に室町文化をたどる企画で、等持院(京都)の歴代将軍の坐像など134件を7月13日から展示していた。

2019 8/24 13:50
文化

九博に飾り山笠 御神入れ厳かに 来年3月まで展示

飾り山笠の御神入れで切麻をまく神職

 太宰府市の九州国立博物館で23日、展示中の博多祇園山笠の飾り山笠に神様を招き入れる「御神入れ」の神事があった。展示は来年3月までの予定。

2019 8/23 13:15
文化

特別展「三国志」

一級文物「揺銭樹」=後漢時代・2世紀 広漢市文物管理所(広漢市博物館)蔵

 10月1日(火)~2020年1月5日(日)、福岡県太宰府市の九州国立博物館。魏の基礎を作った曹操が祭られる墓とほぼ断定された曹操高陵からの出土品を海外初展示する。

2019 8/10 6:00
福岡文化

九州の修復文化財一堂に 九州国博 9月10日から 熊本地震で折れた立像も

修復された千手観音菩薩立像(13~14世紀、熊本県・千光寺蔵)

 熊本地震で壊れたものの修理でよみがえった熊本県益城町の千光寺所蔵の「千手観音菩薩(ぼさつ)立像」など、修復された九州・沖縄の文化財を展示する「文化財よ、永遠に」が9月10日、福岡県太宰府市の九州国立博物館4階文化交流展示室で始まる。11月4日まで。

2019 8/7 15:38
文化

飾り山笠 九博に登場

九州国立博物館で進む飾り山の設置作業

 太宰府市の九州国立博物館1階で6日、博多祇園山笠の飾り山笠の飾り付けが始まった。今年、十二番山笠・天神一丁目がイムズで展示した題材を、博物館に運び込んで表と見送り(後方)、両脇の飾りを付けている。

2019 8/1 6:00
福岡文化

特別展「三国志」、8割が日本初公開 10月から九州国博

石牌「魏武王常所用挌虎大戟」

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)は31日、同館で10月1日から来年1月5日まで開催する特別展「三国志」(西日本新聞社など主催)の内容を発表した。歴史資料161件のうち8割が日本初公開となる。

2019 7/16 15:00
文化福岡社会

足利将軍勢ぞろい 「室町将軍 戦乱と美の足利十五代」 九州国立博物館で開幕

島谷弘幸九州国立博物館長(右)とポーズを取る特別展「室町将軍」オフィシャル・サポーターの「ももいろクローバーZ」玉井詩織さん=12日午前、福岡県太宰府市

 足利将軍家を軸に室町時代の文化を紹介する特別展「室町将軍 戦乱と美の足利十五代」(西日本新聞社など主催)が、福岡県太宰府市の九州国立博物館で開幕した。 足利氏の菩提(ぼだい)寺である京都・等持院に残る歴代将軍の木像をはじめ、水墨画や陶磁器など134件(国宝14件、重要文化財71件を含む)を展示。

2019 5/10 17:34
文化

室町将軍展に足利尊氏の軍扇

九州国立博物館が所蔵する足利尊氏愛用の「日月図軍扇」

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)は9日、特別展「室町将軍 戦乱と美の足利十五代」(西日本新聞社など主催、7月13日~9月1日)の概要を発表し、室町幕府初代将軍の足利尊氏が愛用した扇「日月図軍扇」(同博物館所蔵)を公開した。 特別展は、東アジアとの貿易などで育まれた多彩な室町文化を、個性あふれる歴代将軍を切り口に紹介。

2019 3/25 17:28
文化

九博「醍醐寺展」閉幕

 九州国立博物館(福岡県太宰府市)の特別展「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」(西日本新聞社など主催)が24日、閉幕した。同展は、真言宗醍醐派の総本山醍醐寺が平安前期の開創期から守り継いできた仏像や経典類など約15万点の寺宝のうち、国宝「薬師三尊像」や重要文化財「五大明王像」など104件を展示。

2019 3/9 6:00
文化

九博「京都・醍醐寺展」5万人

5万人目の入場者となり、小川諭吉副館長から記念品を贈られる中村優志さん(右)

 福岡県太宰府市の九州国立博物館で開かれている特別展「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」(西日本新聞社など主催)の入場者が8日、5万人を超えた。5万人目となった熊本市の中村優志さん(18)に、小川諭吉副館長が図録を贈った。

2019 2/28 15:17
文化

サラ・オレインさん 応援大使に 九州国博 特別展発表会場で歌披露へ 4月、館内でミニコンサートも

 オーストラリア出身のバイオリニストで歌手のサラ・オレインさんが1月、太宰府市の九州国立博物館応援大使に就任した。九博が27日、都内の福岡県アンテナレストランで催す特別展「室町将軍-戦乱と美の足利十五代」(7月13日~9月1日、西日本新聞社など主催)の報道発表会に出席して歌を披露し、応援大使の活動をスタートさせる。

2019 2/18 15:16
文化

さいふごま大会 浜本君が初優勝 太宰府市、20人参加

 太宰府市石坂の九州国立博物館1階ミュージアムホールで17日、九博杯第13回さいふごま大会があった=写真。特別展「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」開催を記念し、九博が主催した(県和ごま競技普及協会共催)。

2019 1/30 16:28
文化

醍醐寺の20人が声明コンサート

仲田順和座主(中央)を中心に声明を披露する醍醐寺の僧侶たち

 太宰府市の九州国立博物館で29日、僧侶が旋律抑揚を付けて唱える仏教声楽・声明(しょうみょう)のコンサートがあった。この日開幕した特別展「京都・醍醐寺 真言密教の宇宙」(西日本新聞社など主催)の関連イベント。

PR

PR

注目のテーマ