もっと九州面
掲載面

「もっと九州面」

西日本新聞の朝刊 もっと九州面に掲載されたニュースを提供します。

2021 10/26 17:30
鹿児島

鹿児島市にベトナム食材店 監理団体が協力

ベトナム食材店の店長を務めるナムさん(右から2人目)と福崎さん(右端)

 東南アジアからの技能実習生を受け入れる鹿児島市新屋敷町の監理団体「れいめい事業協同組合」(福崎泰史理事長)の敷地内に、ベトナム食材を扱う「MitaFood」がオープンした。鹿児島でも農業や建設などの現場で働くベトナム人が増えており、懐かしい故郷の味を届ける。

2021 10/26 6:00
熊本スポーツ

熱いモルック、ほろ苦いデビュー「裏投げ」「縦投げ」奥深い戦略性

「くまもとモルックの会」メンバーに見守られながらモルックを投げる記者(左端)

 「モルック」というスポーツをご存じだろうか。木の棒を投げてピンを倒し得点を競うフィンランド発祥のスポーツだ。

2021 10/23 17:30
熊本

脱サラ、山里で家具作り 熊本・小国町に移住 職人〝夫婦〟が奮闘

ふるさと納税サイトのオンラインイベントで、パソコンの画面越しに参加者へ語り掛ける當房こず枝さん(右)と東村英司さん

 脱サラして木工の道に踏み出し、新天地で家具作りにいそしむ職人“夫婦”が熊本県小国町にいる。勤め人だった2人は、ある日立ち止まって生き方を考え直す。

2021 10/23 17:30
福岡

町家活用の書店多彩な1500冊 八女市

個性的な本が並ぶ「うなぎBOOKS」

 福岡県八女市本町の重要伝統的建造物群保存地区に、町家を活用した書店「うなぎBOOKS」が9月にオープンした。「誰にでも楽しんでもらえるように」と、多彩なジャンルの約1500冊をそろえる。

2021 10/23 17:30
福岡

友情を物語る「花子と白蓮」展 飯塚市の旧伊藤伝右衛門邸

九州初公開となる柳原白蓮が出奔の3日後に村岡花子に宛てた手紙

 福岡県飯塚市の旧伊藤伝右衛門邸で、筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門の妻だった歌人の柳原白蓮と、「赤毛のアン」を邦訳した親友の村岡花子とのゆかりの品を展示した企画展「腹心の友、花子と白蓮」が開催されている。11月23日まで。

2021 10/21 6:00
鹿児島

アマミノクロウサギ、ルリカケス…多様な固有種育む奄美の森

夜行性のアマミノクロウサギ

 鹿児島は自然の宝庫だ。奄美や沖縄の島々が7月、新たな世界自然遺産に登録された。

2021 10/19 17:32
佐賀

黒、白、赤…陶都の歴史をたどる 佐賀県有田町、黒牟田・応法地区へ

町並みや煙突が懐かしい雰囲気を醸し出す有田町の応法地区

 日本の磁器発祥の地であり、現在も有数の産地として知られる佐賀県有田町。1616年に町内で良質な陶石が見つかり、400年続く歴史が始まった。

2021 10/19 17:30
福岡

水俣病と命に向き合う 11月7、8日西南大で講演会

水俣病講演会のチラシ

 「公害の原点」とされる水俣病の歴史と今も続く問題を通して命の大切さに向き合う「2days水俣病講演会」が11月7、8日、福岡市早良区の西南学院大西南コミュニティーセンターで開かれる=写真はチラシ。センターの前売りは満席のため、同大の別会場でライブビューイングとなる。

2021 10/19 17:30
長崎経済

秋のハウステンボス、ハロウィーン一色に

無数の「かぼちゃランタン」に囲まれながら散策できる人気スポット。ハウステンボスの夜は3000個を超えるランタンの光で彩られている

 長崎県佐世保市の大型リゾート施設ハウステンボス(HTB)の秋は、ハロウィーン一色に染まっている。園内に昨年の3倍という3000を超える「かぼちゃランタン」を設置。

2021 10/16 17:30
熊本

「阿蘇ナイトミュージアム」満天の星やCG投影で阿蘇の魅力を紹介

歩いた跡に花が咲き乱れる趣向のアトラクション

 夜も阿蘇山上観光を楽しんでもらおうと、熊本県阿蘇市赤水の阿蘇火山博物館は、10月中の週末に新アトラクション「阿蘇ナイトミュージアム」を開催している。画像を投影するプロジェクションマッピングなどを駆使し、阿蘇の魅力を紹介している。

2021 10/16 6:00
福岡佐賀

紅葉、絶景、おいしい水も…秋の脊振山系お薦め「五つの道」

「水の道」。水無谷ルートは名前と裏腹にずっと水流をたどる道だ。木橋の下を流れる渓谷は、脊振山系の懐深くから発している

 北は博多湾、南は有明海まで広がる展望をたどる長い稜線(りょうせん)、森と渓流を縫うように走る登山道-。福岡、佐賀県境に横たわる脊振山系は北部九州で最も人気が高い山の一つだ。

2021 10/15 17:30
福岡

アメコミ映画の世界 資料500点、「DC」展開催 福岡市博物館

DC展会場には子どもから大人まで幅広い世代の観覧者が訪れている(撮影・納富猛)

 米国出版社「DC」のコミック作品から生まれたスーパーマンやバットマンなどの魅力を、500点を超す貴重な原画や映画資料で紹介する「DC展 スーパーヒーローの誕生」が12月5日まで、福岡市早良区百道浜の市博物館で開かれている。 スーパーマンのコーナーでは、映画化におけるデザインやアイデアを絵にしたコンセプトアート、深紅のケープのコスチュームを着た立体モデルなどが飾られ、短編アニメ映画も上映されている。

2021 10/15 17:30
福岡

特別展「没後50年 電力王・松永安左エ門の茶」

国重要文化財の「色絵吉野山図茶壺」

 11月21日(日)まで、福岡市中央区大濠公園の市美術館。明治末期から長く電力業界で活躍した実業家・松永安左エ門(長崎・壱岐出身)が収集した茶道具や美術品など117件を展示する。

2021 10/14 6:00
福岡文化

八っつぁん、熊さん、出番だよ。15回目の博多・天神落語まつり

「博多・天神落語まつり」をPRする(左から)林家たい平さん、桂米団治さん、三遊亭円楽さん、桂雀々さん、柳家花緑さん=7月、福岡市(撮影・納富猛)

 それでは、毎度ばかばかしいお噺(はなし)で、一席お付き合いを―。秋の大笑いの定番「博多・天神落語まつり」(西日本新聞社など主催)が11月3~6日、福岡、北九州両市の5会場で開催される。

2021 10/13 11:31
福岡

親子3代“夢のワイン” 福岡県岡垣町で初仕込み

厳しい暑さの中、ワイン用のブドウを収穫する男性

 レストラン「ぶどうの樹」などを展開する「グラノ24K」(福岡県岡垣町)が、3月に完成したワイナリーで初仕込みに挑んでいる。観光ブドウ園から事業を拡大してきた同社にとって、栽培から販売まで一貫してオリジナルで通すワイン造りは3代にわたる夢。

2021 10/12 17:30
福岡気象

竜巻研究の権威に学ぶ 藤田哲也氏顕彰 23日、オンラインシンポ

竜巻研究の世界的権威だった藤田哲也氏

 北九州出身の世界的な竜巻研究者、藤田哲也氏(1920~98)を顕彰するシンポジウム「Fスケール考案から50年~日本と米国の竜巻、そして北九州科学館紹介」が23日午後1時から、オンラインで開かれる。参加無料。

2021 10/12 17:30
福岡医療・健康

小児がん家族らの交流会 23日、オンラインで講演会も

 小児がん患者の家族らでつくる公益財団法人「がんの子どもを守る会」九州北支部は23日午後1時半~3時半、「グリーフケア」をテーマに講演会と交流会をオンラインで行う。がんで子どもを亡くした人や支援者の参加を呼び掛けている。

2021 10/12 6:00
鹿児島

本土最南端で女性が醸す蜂蜜とフルーツのビール ほれ込んだ味「特産に」

クラフトビールを注ぐ相羽ゆかさん

 本土最南端の佐多岬で知られる鹿児島県南大隅町。今年3月、九州初となる女性のビール醸造家(ブルワー)が営むビール醸造所「Honey Forest Brewing」がオープンした。

2021 10/9 17:30
長崎

「ラーメンの神様」最後の弟子

長崎市大黒町8の3。午前11時15分~午後2時、午後6時~同10時。月曜定休。特製もりそば850円、ぶたもりそば880円。

 ラーメンの一ジャンルとして確立された「つけ麺」。その生みの親は、山岸一雄さん(1934~2015)とされる。

2021 10/8 17:30
福岡

CGから油彩…127点 藤井フミヤ展31日まで 福岡アジア美術館

「EYES in Red」(2021年、72×148cm、アクリル、インクジェット、キャンバス)

 アート活動に取り組む歌手、藤井フミヤさん=福岡県久留米市出身=による作品展「デジタルとアナログで創造する藤井フミヤ展」が31日まで、福岡市博多区下川端町の福岡アジア美術館で開かれている。 会場には、パソコンが普及し始めた1990年代初頭から手掛けてきたコンピューターグラフィックス(CG)のデジタルアートをはじめ、切り絵や貼り絵、油彩画、ペン画といったアナログ手法の作品127点が並ぶ。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR