岐路の大動脈
連載

「岐路の大動脈」

鹿児島から久留米の進学校に通う中学生、両親のそばにUターンした会社員。にぎわいの重心が移った街。延べ1億2千万人が利用した「大動脈」は、人々の生活も地域の姿も変えた。

2021 3/16 6:00
経済長崎熊本鹿児島

駅ビル高まる存在感 JR九州の主要駅

JR博多駅ビルの10周年を祝う寄せ書きをしたJR博多シティの前田勇人社長(右)と博多阪急の亀井潤一店長

 「博多は通過するのがもったいない場所になった」。九州新幹線鹿児島ルート全線開通と同時期に開業したJR博多駅ビル。

2021 3/13 6:00
経済福岡鹿児島

「人は動かなくても」物流に活路求める新幹線

JR指宿駅に到着した「指宿のたまて箱」に小旗を振って歓迎する観光関係者=12日、鹿児島県指宿市

 あいにくの雨となった12日。鹿児島県指宿市のJR指宿駅に、そろいの法被姿の地元観光関係者約20人が集まった。

2021 3/12 6:00
経済社会

新幹線通学、往復4時間半でも 学び・医療広がる生活圏

定期券を手に、「九州新幹線のおかげで鹿児島から通学することができる」と話す久留米大付設中3年の宮之原清華さん

 福岡県久留米市にある九州屈指の進学校、久留米大付設中3年の宮之原清華さん(15)は、毎朝午前5時ごろ起床する。鹿児島市の自宅から鹿児島中央駅に向かい、6時すぎの九州新幹線「さくら」の始発に乗り込む。

2021 3/11 6:00
経済福岡連載

全線開通、沿線浮揚まだら模様

古里にUターンし、新居を構えた北島栄二さんと息子たち。後方は「タマホームスタジアム筑後」=福岡県筑後市

 福岡空港の給油会社で働く北島栄二さん(43)は、早出勤務の日など月に4~5回、福岡県筑後市の自宅から九州新幹線で通勤する。 午前6時に筑後船小屋駅発の上り始発列車に乗り、26分で博多駅に到着。

PR

PR