九州+
掲載面

「九州+」

「九州+」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 3/14 6:02
福岡

なぜ灰色?鉄都北九州の「れんが」 製鉄所の副産物、戦前から活用

くぎなどを製造する安田工業は、100年以上前の鉱滓れんがでできた建物を現役の工場として使用。設計は佐賀県出身の建築家辰野金吾=北九州市八幡東区

 戦前の建物が残る北九州市の街中は、れんが造りの建物が目につく。観光地の「門司港レトロ地区」(同市門司区)の赤れんがの建物は有名だ。

2020 3/14 6:00
福岡

外部提供用のマスクなし 福岡県、危機管理は大丈夫?

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、福岡県の小川洋知事は13日の記者会見で、県の機関外へ提供できるマスクの備蓄がないことを明らかにした。佐賀県や長崎県は2009年に流行した新型インフルエンザを教訓に備蓄し、既に民間医療機関などへの配布を始めており、県によって危機管理への意識の差が浮き彫りになった。

2020 3/13 6:00
福岡

日田彦山線復旧巡り超党派協議会設置 福岡県議ら「議論が不十分」

土砂でホームや線路が流されたJR筑前岩屋駅(福岡県東峰村)=2019年11月

 2017年の九州豪雨被災で一部不通が続くJR日田彦山線の復旧のあり方を巡り、超党派の福岡県議有志らでつくる九州の自立を考える会(会長・蔵内勇夫県議)とJR九州幹部が12日、意見を交わした。復旧方針について、JR九州と沿線自治体のトップらによる復旧会議はバス高速輸送システム(BRT)案を軸に検討を進め月内に結論を出す方針だが、自治体間で意見が割れており、県議からは「議論が不十分」との指摘が相次いだ。

2020 3/12 6:00
社会

女子会、演奏会、祭り…ネット代替開催が続々 相次ぐイベント中止

ネット中継で代替開催した熊本県多良木町の音楽イベント。会場には機材をそろえた主宰者しか立ち入りしなかった

 新型コロナウイルス感染症対策としてスポーツや文化イベントの中止が相次ぐ中、オンライン形式で「代替開催」する催しが増え始めている。人を集めず、主催者がインターネットなどで参加者をつなぐ手法。

2020 3/12 6:00
社会

幼稚園で独自休園広がる 政府要請対象外、福岡県内2割近く

イメージ

 新型コロナウイルスの感染拡大抑止のため政府が打ち出した全国一斉臨時休校要請の対象外となっている幼稚園で、独自に休園措置を取る動きが広がっている。小中学校などの休校が始まって1週間となる9日現在の状況を九州各県に聞いたところ、休園措置を取る私立幼稚園は福岡県で全体の17%、佐賀県で13%に上ることが分かった。

2020 3/11 6:00
社会

休校…困った給食業者救え ふるさと納税で支援続々 食材を返礼品に

ふるさと納税の仲介サイト「ふるさとチョイス」に設けられた、新型コロナウイルスに絡んで損害を受けた事業者を応援するコーナー

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため小中高校が臨時休校となる中、学校給食の食品納入業者をふるさと納税で支援する動きが相次いでいる。行き場を失った食材やその加工品を返礼品としてPRすることで、1日の寄付件数が10倍に増えた自治体もあり、業者は「助かった」と胸をなで下ろしている。

2020 3/10 6:00
長崎

使用中止4年半の大型滑り台、再開に向け始動 長崎県長与町

4年以上にわたり使用中止が続いている大型滑り台「スパイラルスライダー」=昨年11月

 人気だった巨大遊具から子どもたちの歓声が消えて4年半。長崎市に隣接する長崎県長与町の中心部にある大型滑り台「スパイラルスライダー」は小学生が足を骨折するなどの事故が相次いだ後、使用中止が続いている。

2020 3/7 13:09
福岡

バスケ八村選手父の母国、ベナン描いた着物と帯の制作へ資金募る

ヒョウなどをあしらったベナンの帯と若江さん(左)

 夏の東京五輪・パラリンピックに向けて世界全213カ国・地域の着物と帯を制作する「キモノプロジェクト」で、アフリカ・ベナンの作品の制作費をクラウドファンディングで24日まで募っている。目標額は300万円。

2020 3/7 6:00
佐賀

【動画あり】ドイツとの交流の証し 有田ポーセリンパーク

ふるさと空紀行・有田ポーセリンパーク

 庭園を背に、天井部や壁面を装飾した建物が、異国情緒あふれる雰囲気を演出している。 1993年4月に開業した陶磁器と酒造をテーマにした観光施設「有田ポーセリンパーク」(佐賀県有田町)。

2020 3/7 6:00
福岡

五輪ポスター最高賞に権藤さん 福岡の小5「水泳のメドレー楽しみ」

金賞を受賞した権藤茜さんの作品

 東京五輪・パラリンピックの大会組織委員会は6日、「世界の選手を応援しよう」をテーマに全国の小中学生、特別支援学校生からポスターを募った企画の受賞作品を発表した。最高賞の金賞には、福岡市立高取小学校5年の権藤茜さん(11)が選ばれた。

2020 3/6 6:00
福岡

児童・生徒に学習支援動画 福岡市教委が配信スタート

休校中の学習支援動画の配信を始めた福岡市の教育クラウド

 福岡市教育委員会は、新型コロナウイルス感染拡大抑止のため臨時休校している小中学校などの児童生徒の家庭学習を支援しようと、インターネットを通じて3月に学習予定だった教科の内容などをまとめた動画の配信を始めた。パソコンやスマートフォン、タブレット端末などから見ることができる。

2020 3/5 6:00
福岡

古賀市がパートナーシップ宣誓制度 異性同士の事実婚も対象に

福岡県古賀市が対象のカップルに発行する受領証とカード。福岡市とも相互運用する

 福岡県古賀市は4月から、婚姻届を出すことができない性的少数者同士のカップルなどを公的に認定するパートナーシップ宣誓制度を始める。九州では5市がすでに制定しているが、古賀市は異性同士の事実婚も対象とするのが特徴だ。

2020 3/4 6:00
鹿児島

桜島海底トンネル、鹿児島県議会が議論へ 専門家「大噴火で損壊も」

鹿児島市街地から望む桜島。鹿児島県は海底トンネルで結ぶ構想実現を目指す

 鹿児島県は、鹿児島市街地と桜島を結ぶ海底トンネル構想の実現に向け、2020年度一般会計当初予算案に調査費1088万円を盛り込んだ。構想は県が8年前にまとめたが、巨額の費用がかかる上、フェリー事業への影響など課題が多く、進んでいなかった。

2020 2/29 6:00
鹿児島

三反園氏を自民県議団が推薦 7月の鹿児島県知事選

三反園訓氏

 7月投開票が予定される鹿児島県知事選を巡り、県議会(定数51)で38議席を占める自民党県議団は28日の総会で、現職の三反園訓(みたぞの・さとし)氏(62)を推薦することを決めた。 県議団には、三反園氏の他に立候補を表明している新人で元九州経済産業局長の塩田康一氏(54)と元知事の伊藤祐一郎氏(72)が推薦願を提出。

2020 2/28 6:00
福岡

認知症治療に効果も、芸術を医療に 福岡市・九産大でシンポ

博物館が医療や介護分野で果たす役割について意見を交わす研究者たち

 医師の処方は、薬ではなく「博物館」? 地域医療に博物館や美術館が果たす役割について、海外事例を基に考えるシンポジウムが26日、九州産業大(福岡市東区)であった。認知症患者や高齢者が日常的に芸術に触れることで、暮らしの質の向上につなげる取り組みが現在、各国で進められている。

2020 2/27 6:00
福岡

空き家どうすれば…県がサポート 活用策や処分方法を提案 福岡

福岡県内にあった空き家(県提供)

 空き家の増加に歯止めをかけようと、福岡県は10月にも「空き家活用サポートセンター」(仮称)を新設する。空き家所有者に有効な活用法や処分方法を提案したり、不動産業者などとのマッチングを進めたりする。

2020 2/27 6:00
福岡

日田彦山線「負担なく鉄道復旧を」 東峰村住民ら、JR九州に署名提出

JR日田彦山線の地元負担のない鉄道復旧を求め、JR九州の前田勇人副社長(右)に署名簿を渡す住民団体の片岡拓之代表世話人

 2017年の九州豪雨で被災し、不通が続くJR日田彦山線添田(福岡県添田町)―夜明(大分県日田市)間について、地元負担のない鉄道復旧を要望する福岡県東峰村の住民団体が26日、福岡市のJR九州本社を訪れ、1万7906筆の署名を前田勇人副社長に手渡した。 住民団体「日田彦山線の完全復旧を求める会」は昨年10月から今月25日まで署名を集め、地元農協の政治団体に寄せられた900筆も合わせて提出。

2020 2/26 6:00
福岡

九大・国際寮240戸、夏から入居 糸島市の「国際村構想」第1弾

セトルが建設する「グローカルホテル糸島」(手前)と国際寮(奥)のイメージ図

 福岡県糸島市が推進する「九州大学国際村構想」の第1弾事業として、県内で学生寮などを手掛ける不動産賃貸業「セトル」(同県直方市)は、糸島市泊カツラギ地区で計画している国際寮「セトルインターナショナル」(240戸)と、国際ホテル「グローカルホテル糸島」(85室)の概要を公表した。九州大伊都キャンパスの南門そばに同社が総工費約34億円で整備。

2020 2/22 6:00
福岡

【動画あり】前方後円墳くっきり 世界遺産、新原・奴山古墳群

新原・奴山古墳群の30号墳=福岡県福津市(撮影・古瀬哲裕)

 ドローンで真上から眺めると、前方後円墳の形がくっきりと浮かび上がった。 新原・奴山(しんばる・ぬやま)古墳群(福岡県福津市)は2017年、「神宿る島」の沖ノ島(同県宗像市)とともに、関連遺産群の一つとして世界文化遺産に登録された。

2020 2/21 6:00
福岡

鋳物師育成、伝統の技復興 福岡・芦屋町の「釜の里」

「芦屋釜の里」内にある復興工房で芦屋釜の将来を語る(右から)八木さん、新郷さん、樋口さん

 福岡県北部の響灘に面する芦屋町。人口約1万4千人の小さな町には、全国の茶人が訪れる茶道の一大拠点がある。

PR

PR

注目のテーマ