地方発 新人議員だより
連載

「地方発 新人議員だより」

4年に1度の統一地方選まで残り1年となった。新人議員たちの活動や体験を通して、地方議会が抱える課題と果たすべき役割を考える連載。

2018 5/1 16:02
連載

<6完>「風」にらみ打算と結束

安倍首相のポスターが出迎える自民党福岡県連の事務所。統一選が1年後に迫る=19日、福岡市博多区

 風向きは確実に変わったという実感がある。悪い方に。

2018 5/1 16:00
連載

<5>「出すぎたくい」目指し

子ども連れの支持者らに、自身の一般質問の感想を聞く緒方夕佳氏=3月9日、熊本市議会

 熊本市議会の1人会派「和の会くまもと」の控室にはベビーベッドが置かれている。新人市議の緒方夕佳(42)は、ここで夫やベビーシッターに1歳の長男を預けて議場へと向かう。

2018 5/1 15:58
連載

<4>自力を試される「2世」

大村市議の小林史政氏。机の上に県議の父、克敏氏の県政報告があった=6日、長崎県大村市

 立候補の決意から投票日まで約4カ月。短い準備期間にもかかわらず、定数25の長崎県大村市議選で、26歳の若者が堂々の4位当選を果たした。

2018 5/1 15:56
連載

<3>地域知る強みを生かし

熊本地震の被災現場を示す下田利久雄氏。復旧復興への決意を語った=3月14日、熊本県益城町

 「前は、目上の感じがして寄りつきにくかった。議員さんなら話しやすか」。

2018 5/1 15:55
連載

<2>「初心」を砕く分厚い壁

本会議場で一般質問を終えた山口俊樹氏。誰とも組まず、1人会派で活動する=3月7日、宮崎市議会

 どこで何が起きているのか、一向に見えてこない。東京・六本木ヒルズにいる頃は、眼下の都心が手に取るように見えたのだが。

2018 5/1 15:53
連載

<1>無投票当選「肩身狭い」

無投票での初当選に感極まり、親族らの集まる自宅で妻と万歳をする梶原伯夫氏(右)=17日午後5時半、福岡県東峰村

 九州豪雨の被災地、福岡県東峰村の村議選(定数10)が17日、告示された。新人の梶原伯夫(64)は午前8時すぎ、もう村役場にいた。

PR

PR

注目のテーマ