地方議会「見える化」計画
コーナー

「地方議会「見える化」計画」 (3ページ目)

「地方議会「見える化」計画」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 2/17 6:00
福岡

困窮世帯に学習支援員 福岡市が不登校の中学生宅へ派遣

 福岡市は新年度、保護者の病気などで困窮して不登校や引きこもりになっている中学生に対して、家庭教師を派遣する新たな学習支援に乗り出す。 市生活自立支援課によると、生活困窮世帯の児童生徒向けに集団学習支援の場はこれまでもあったが、偏見を気にしてか、支援が必要な子の参加につながりにくかったという。

2018 2/16 6:00
福岡

福岡市が保育定員2000人増へ 待機児童解消へ49億円予算化

 福岡市は2018年度、待機児童の解消に向けて、保育の定員を新たに約2千人分整備する。保育所の新設などに加え、国が新たに制度化した幼稚園での2歳児受け入れを活用する。

2018 2/15 15:03
福岡

福岡市、中小河川も水位観測へ 九州豪雨受け 新通信規格で省エネ運用

 福岡市は新年度からIoT(モノのインターネット)などを活用した防災対策に取り組む。省電力の新しい無線通信網を活用し、これまで行き届かなかった中小河川の水位を観測する実証実験(事業費405万円)を行う。

2018 1/16 6:00
福岡

議会基本条例の効果語る 福岡市議会特別委 法政大教授が意見

 「議会基本条例」をテーマにした福岡市議会の議会改革調査特別委員会が15日開かれ、参考人として出席した法政大副学長の広瀬克哉教授(行政学)が「議会の使命と存在意義を明文化し、議員間や住民と共有していく効果がある。議会の体質を徐々に変えていくものだ」などと意見を述べた。

2017 12/15 6:00
福岡

渡辺邸跡地域で守る 南区平和 都心の一等地に小さな森 住民、自主的に清掃活動 福岡市「散策できる緑地に」

渡辺家の私邸跡で行われた地域イベントで、片付けをする住民たち。奥には、清掃に使う水を確保するためシートが張られている

 福岡市の「渡辺通り」の由来ともなった渡辺家の私邸跡が南区平和2丁目にある。都心の一等地にある広大な敷地には木々の自然が残り、開発ができない市の「特別緑地保全地区」に指定されている。

2017 12/8 6:00
福岡

長住中央公園ソフト球場存続請願を採択 福岡市議会委、廃止案に反発

 福岡市南区の長住中央公園再整備に伴うソフトボール専用球場の存廃問題について、存続を求める利用団体側の請願が7日、市議会第4委員会で採択された。市の第三者委員会が示した地域住民側が求める球場廃止と代替施設の確保を柱とした原案に対し、議会はあらためて存続の意思表示をして反発した形だ。

2017 11/30 6:00
福岡

12月1日に初の識者意見聴取 福岡市議会委 議会基本条例テーマ

 福岡市議会は12月1日午後2時から、議会改革調査特別委員会を開き、改革の指針となる「議会基本条例」をテーマに、東京大の金井利之教授(自治体行政学)から意見を聞く。特別委が参考人を招致するのは初めてで、来年1月15日には法政大の広瀬克哉教授(行政学)を招く。

2017 11/19 6:00
福岡

粕屋町が予算編成「見える化」 要望事業を町民の前で初公開

町民を前に開かれた、粕屋町の各課による要望事業プレゼンテーション

 来年度の予算編成を前に、粕屋町役場の課長たちが7日夜、同町のサンレイクかすやで、各課の要望事業を因辰美町長や町民に公開提案した。同町初の試みで、町民の「税金がどんな使われ方をしているのか分からない」などの疑問に答えようと因町長が発案した。

2017 10/31 6:00
福岡

対立の果て広がる困惑 市長が解散、太宰府市議選へ 「大義は?」「まちづくりが争点?」

橋本健議長(右)に「議会解散」の通知書を手渡す芦刈茂市長

 芦刈茂太宰府市長は30日に市議会を解散し、12月3日にも市議選が行われることになった。市長と議会の関係がこじれた末の解散劇。

2017 10/28 6:00
福岡

「市民に最善の再出発を」 太宰府市議会市長不信任 傍聴席の声 市議選、市長選は必至

自らの不信任決議案に対する議員の投票を見つめる芦刈市長(右手前)

 27日に開かれた太宰府市の臨時市議会で不信任決議された芦刈茂市長は30日、議会を解散するか、失職の道を選ぶか、橋本健議長に態度を表明する。議会を解散する公算が大きく、12月上旬の市議選と来年1月末か2月初めの市長選が必至の情勢だ。

2017 10/26 6:00
福岡

太宰府市政深まる混迷 芦刈市長、解散か失職か決断へ

太宰府市議会の議員一同が出した「議会リポート」(右)と芦刈市長後援会が出した「新しい街」(左)

 太宰府市の芦刈茂市長(68)が窮地に追い込まれている。27日の臨時市議会で市長への不信任決議案が提案され、可決の見通し。

2017 9/20 6:00
福岡

「ため池の公園化」前進 住民要望たなざらし 福岡市が釈明

住民が公園整備を望むガワシ池。堤防のそばに家が並び、豪雨時の決壊を心配する声もある

 使われていない農業用ため池を公園にしてほしい-。そんな住民の要望が長くたなざらしになっていることが、19日の福岡市議会で明らかになった。

2017 9/16 6:00
福岡

「北九州との連携は慎重に」 福岡空港民営化審査で議論 福岡市議会

 福岡市議会9月定例会は15日の一般質問で、福岡空港民営化に伴う北九州空港との連携を巡り、やりとりが交わされた。福田衛市議(自民新福岡)が「(新運営事業者選定の)審査で、北九州空港との連携に焦点が当たっているのは本末転倒」と慎重な対応が必要との認識を示したのに対し、中村貴久港湾空港局長も「連携の提案は、福岡空港がいかに活性化するかの観点から評価されるものと考えている」と答弁した。

2017 9/15 6:00
福岡

西高宮小に“第2運動場” 隣の九電所有地借り上げ 福岡市教委

 マンモス校で運動場の狭さが課題になっていた福岡市南区の西高宮小について、市教育委員会は同校に隣接する九州電力の社宅敷地を借り上げ、「第2運動場」として活用する方向で九電と大筋合意した。14日の市議会定例会一般質問での松野隆市議(公明)の質問に対し、市側が明らかにした。

2017 8/22 6:00
福岡

和白干潟ラムサール条約登録申請の請願 福岡市議会、継続審査に

 福岡市議会は21日、第5委員会を開き、和白干潟(同市東区)のラムサール条約登録に向けた申請手続きを進めるよう市側に求めた請願を審査した。参考意見を求められた市環境局は「将来の課題」と消極姿勢を示した。

2017 8/19 6:00
福岡

福岡市「住民との約束守る」 大名小跡地活用、福岡市議会が請願採択

 福岡市議会第4委員会は18日、再開発プロジェクト「天神ビッグバン」の対象となる大名小跡地(中央区、約1・2ヘクタール)の活用について、市と住民が取り交わした計画書の順守を求める市民提出の請願2件を採択した。跡地を再開発する民間事業者を10月から公募する市は「計画書の約束を当然守る」としている。

2017 8/8 6:00
福岡

高島市長側 自民に軟化 事前説明「復活」申し入れ

 福岡空港民営化などを巡る高島宗一郎福岡市長と自民党市議団との対立で、市長サイドが関係改善を模索する動きを見せている。対立を背景に市側が中止した自民市議団への予算案や議案の事前説明について、副市長が「復活」を申し入れていたことが判明。

2017 6/27 6:00
福岡

古賀市のまちづくり条例 継続審査の原案可決 市議会

 古賀市議会は、継続審査となっていたまちづくり基本条例案について26日の定例会最終本会議で、総務常任委員会が可決した修正案と、議員提案の修正案をそれぞれ否決。執行部の原案を賛成多数で可決した。

2017 6/24 6:00
福岡

議長に川上晋平氏 福岡市議会、未明の決着

川上晋平氏

 会期を1日間延長していた福岡市議会6月定例会は23日未明、自民市議団出身の小畠久弥氏(66)=6期目=の任期半ばでの議長辞任を認め、新議長に同市議団の川上晋平氏(46)=5期目=を選出した。任期は議員任期の2019年5月1日まで。

2017 6/24 6:00
福岡

市長と「情報共有したい」 福岡市新議長・川上晋氏が抱負

記者会見で今後の抱負を語る福岡市議会の川上晋平新議長

 福岡市議会の新議長に就任した川上晋平氏(46)=5期目=が23日、市役所で記者会見を開いた。議長としてまず取り組みたいこととして、議会との関係悪化が指摘される高島宗一郎市長と対話することを挙げ、「議会の意見も伝え、いい方向に進んでいくようにする」と述べた。

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR