学びのエンジン 「やりたいこと」の始め方
連載

「学びのエンジン 「やりたいこと」の始め方」

生き方が多様化し、若者の「学び」の捉え方も変化している。それぞれの分野で可能性を追求したり、教育環境に疑問を感じて一石を投じたり。その原動力(エンジン)を追った。

2022 1/16 15:00
教育

1点に泣いた入試 苦い経験を糧に進む高2「やった分だけ成果出る」

福岡市中央区の河合塾の自習室でノートを広げる小川成さん

 「充実した1年になりますように」。福岡市の福岡大大濠高2年小川成(じょう)さん(17)は元日、自宅近くの神社でこう祈願した。

2022 1/9 17:30
教育

CMキャラ、デザインの16歳 「行き当たりばったりが楽しい」 

長崎市浜町のアーケードに設置されたストリートピアノを弾く橋本穰さん

 車窓を流れる風景の中に自動車部品などを組み合わせたキャラクターが次々と登場する。そんなテレビCMが昨年11月から長崎県内で流れている。

2021 12/19 17:30
教育

「やりたいこと山ほどある」就活やめシェアハウス運営、起業を手助け

シェアハウスの共有スペースで「入居者の起業を後押ししたい」と話す大分大4年の寺本聖さん=大分県別府市

 3日夜、大分県別府市にある元旅館の玄関戸は、訪れる人を歓迎するかのように開け放たれていた。大分大4年の寺本聖(ひじり)さん(23)は次々とやって来る会社経営者にあいさつし、名刺を手渡した。

2021 12/12 6:00
教育

女子高生がスラックスで登校したわけ

スラックスの制服姿で教員と話をする藤岡依弥さん(左)=鹿児島県指宿市の指宿高

 鹿児島立指宿高3年の藤岡依弥(えみ)さん(18)は昨年1月、初めて制服のスラックスをはいて登校した。どきどきしたけど、友人も教員も「かっこいいね」「似合っている」とうれしい言葉を掛けてくれた。

2021 12/5 17:30
教育

高校2年、広がり続ける海外への関心 「英語使い、将来は世界へ」

国内外で活躍する人にインタビューした特集記事を掲載した嘉穂高校新聞を手にする松岡明希さん

 福岡県立嘉穂高2年の松岡明希(はるき)さん(16)は自宅の部屋でパソコンに向かっていた。ビデオ会議システムを使った講義に日替わりで登場するのは、官僚や国内外の大学、グローバル企業で働く人たち。

2021 11/21 13:00
教育

政治に温暖化対応訴える 「続ければ社会変わる」 鹿大中村さん

脱炭素社会へ転換する必要性を会員制交流サイト(SNS)などで発信している鹿児島大2年の中村涼夏さん=鹿児島市

 衆院選の投開票日が迫っていた10月下旬。鹿児島大2年の中村涼夏(すずか)さん(20)は、鹿児島市内の大型商業施設前にいた。

2021 11/14 14:39
教育

19歳、目指すはプロレスラー 24時間、練習漬けの日々「観客の心を揺さぶりたい」

九州プロレスの道場で先輩に技を掛ける中野蒼天さん(左)=10月、福岡市東区

 リングに向けた目に、曇りはなかった。 「1、2、3…」。

PR

PR