私と医療 私といのち
連載

「私と医療 私といのち」

新型コロナウイルスの対応に追われながらも、私たちの命と病に向き合い続ける医療現場。九州の最前線を報告します。

2021 4/5 17:30
医療・健康

医学研究でもCF 未知の分野や若手発案を後押し

北里大の福山隆さんが研究費を募っているクラウドファンディングのサイト(写真の一部を加工しています)

 「がんを早期に見つける技術を開発したい」「歯の矯正の心理的効果を明らかにしたい」-。医療・医学系研究者の望みを後押しする研究費を、インターネットを使ったクラウドファンディング(CF)で調達しようという動きが大学で活発化している。

2021 3/29 17:30
医療・健康

1人じゃないよ 「AYA世代のがん孤立化防げ」

九州がんセンターで毎月行われているAYA世代の患者や医療者のおしゃべり会=3月上旬、福岡市南区

 15~39歳の「AYA(あや)世代」のがん患者に対する支援の遅れが指摘されている。進学、就労、結婚、出産、育児などと重なる時期。

2021 3/22 17:30
医療・健康

「一歩間違えば死…」50代男性救ったプロの判断

男性の入院直後のエックス線画像。さまざまな検査と合わせて「新型コロナ肺炎」と診断された=本人提供

 新型コロナウイルスに感染すると、軽症や無症状から急激に悪化する人がいる。療養ホテルで呼吸不全を起こし、救急搬送されたという福岡県の50代男性は「一歩間違えれば死んでいた。

2021 3/8 17:32
医療・健康

個別接種は?副反応は?感染者もOK? ワクチンQ&A

新型コロナウイルスワクチンを接種する看護師=2月下旬、福岡市南区の九州がんセンター(撮影・佐藤雄太朗)

 新型コロナウイルス対策の切り札となるワクチンの優先接種が2月、九州でも医療関係者を対象に始まった。高齢者への接種は4月以降に本格化する見通しだ。

2021 3/1 17:32
医療・健康

子宮頸がんワクチン、男性にも 肛門がんなど予防

子宮頸がんを予防するHPVワクチンの接種率

 新型コロナウイルスのワクチンが世界の関心を集める中、日本では別のワクチンにも動きがあった。子宮頸(けい)がんを予防する目的で承認されているヒトパピローマウイルス(HPV)のワクチンについて、厚生労働省の専門部会は昨年末、効能・効果に肛門がんなどを追加し、男性も接種対象とすることを承認した。

2021 2/22 17:30
医療・健康

防げコロナ病床逼迫 民間病院の"後方支援"最前線

新型コロナウイルスに感染した高齢患者の入院を受け入れている原土井病院。この日も施設から搬送されてきた=福岡市東区

 新型コロナウイルスの感染拡大による病床逼迫を防ごうと、民間病院がさまざまな形で“後方支援”に乗り出している。自宅やホテルでの療養が困難な高齢患者を引き受けたり、回復者の転院を受け入れたり。

2021 2/8 17:30
医療・健康

中小病院、民間病院…コロナ患者受け入れ、どう対応

新型コロナ患者の受け入れ状況

 新型コロナウイルスの感染拡大による病床逼迫(ひっぱく)を受け、厚生労働相や知事がコロナ患者の受け入れを医療機関に「勧告」し、応じない医療機関名を公表できるとする改正感染症法が成立した。背景には、患者の受け入れが公立・公的病院に偏り、民間病院は2割しか受け入れていないことがある。

2021 2/1 18:00
医療・健康

患者が暴言、暴行…病院悩ます「ペイハラ」の背景

ペイシェント・ハラスメントの内容

 医療従事者が患者や家族から受ける暴言や暴行が医療現場の課題となっている。「ペイシェント・ハラスメント」(患者側からの嫌がらせ=ペイハラ)と呼ばれ、厚生労働省も本年度から対策に乗り出した。

2021 2/1 11:00
医療・健康

「多くは風邪程度」子どもとコロナ正しく怖がろう 長崎大教授に聞く

森内浩幸長崎大教授

 福岡など11都府県に新型コロナウイルス感染拡大に伴う国の緊急事態宣言が出され、不要不急の外出自粛が求められているが、前回と異なり学校や幼稚園などは休みになっていない。「行かせてもいいのだろうか」と不安に感じている保護者もいるだろう。

2021 1/27 6:00
福岡社会

コロナ自宅療養 急変サインは? 息切れ、胸の痛み、唇が紫色に…

緊急性の高い主な症状

 新型コロナウイルスの感染拡大で、入院できないまま自宅で容体が急変して亡くなる事例が相次ぐ。自宅療養中の異変はどう見極めればいいのか。

2021 1/24 6:00
福岡大分社会

コロナ感染拡大、急患にしわ寄せ「搬送困難」福岡前年の2・9倍

新型コロナ対策でガウンやマスク、ゴーグルを着けて対応する救急隊員や病院関係者=22日午後4時ごろ、福岡市南区の福岡赤十字病院(撮影・佐藤雄太朗)

 新型コロナウイルスの感染拡大で、救急患者の受け入れ先の病院が決まるまでに時間がかかる「搬送困難」の事例が増えている。その件数を、今月17日までの1週間で前年同時期と比べると、北九州、大分、福岡各市の消防局で3~6倍ほど増加している。

2021 1/18 11:00
医療・健康

「SARS、MERSの教訓生かせず」新型感染症どう備える 治療研究拠点の識者に聞く

感染対策をして新型コロナウイルス感染症の患者に対応する長崎大病院のスタッフ=2020年7月、長崎市(病院提供)

 新型コロナウイルスは年が明けても収まる気配を見せない。この未知の感染症について1年で何が分かったのか。

2021 1/9 6:04
福岡社会九州ニュース

福岡と宮崎「指標」は感染爆発級 専門家「緊急事態宣言の対象に」

九州各県の医療提供体制などの状況

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言を出す目安になっている政府分科会の指標に基づき、西日本新聞が九州各県の最新の感染状況を分析したところ、福岡県や宮崎県で多くの項目が最も深刻な「ステージ4」(爆発的感染拡大)に位置していることが8日分かった。その他の県も「ステージ3」(感染急増)が目立つ。

2021 1/7 6:02
福岡社会医療・健康

埋まる病床、福岡の医療現場悲鳴 「緊急事態宣言出して」訴えも

感染対策を徹底して治療に当たる医師や看護師=昨年12月下旬、北九州市の病院

 国内の新型コロナウイルス感染者が1日で6千人台に達した6日、九州では福岡県で初めて300人を超え、熊本、宮崎両県も過去最多を記録。医療機関には強い危機感が広がっている。

2020 12/29 6:04
福岡社会

発熱患者が殺到したら…限界寸前の救急病棟 医師「年末年始は行動慎重に」

防護衣を着用して救急患者の画像検査をするスタッフ=12月下旬、北九州市小倉北区の健和会大手町病院

 新型コロナウイルスの感染拡大で救急病院が対応に追われている。冬場に多い発熱やせきを伴う患者は新型コロナ感染症の可能性が否定できず、隔離や防護衣を着用するなどの手間が生じるためだ。

2020 12/28 11:00
医療・健康

緩和ケア専門・みどりの杜病院10年 「もっと早く来たかった」励み 

本を手にする原口勝院長

 全国でも数少ない緩和ケア専門病院「みどりの杜(もり)病院」(福岡県八女市)が、開設から10年目となった。赤字だった経営は、在宅診療態勢も整え、在宅か入院か選べるようにしたことで「最期まで自分らしく過ごせる」と評判を呼び、黒字回復した。

2020 12/17 6:04
福岡社会

「すでにぎりぎり」福岡の医療現場 第3波、重症者や高齢患者が増加

看護師が患者に付きっきりで対応する福岡大病院ECMOセンター=15日午後、福岡市城南区(撮影・穴井友梨)

 新型コロナウイルス感染の「第3波」が九州でも拡大し、最前線で治療に当たる医療現場から「すでにぎりぎり」との悲鳴が上がる。福岡県では16日、1日の感染者が141人となり、過去最多の169人(7月31日)に迫る勢いで増えている。

2020 12/14 11:00
医療・健康

髪のことまで医師に聞けない…悩み分かち合う「がんカフェ」

「これからもがんカフェを続けていきたい」と話す上田あい子さん

 お茶をしながら気軽にがんについて語り合う医療セミナー「カフェで学ぼうがんのこと」(がんカフェ)が18日、100回目を迎える。

2020 12/7 11:00
医療・健康

白血病で逝った7歳の娘…「卒業まで一緒だよ」思い続ける仲間

4年生に「今を精いっぱい生きてね」と呼び掛ける添田友子さん=11月中旬、福岡市城南区の南片江小

 白血病で7歳の娘を亡くした女性が、小学4年になったかつての同級生たちに「精いっぱい生きる」というテーマで講話をした。闘病中もいつか学校に戻ると信じて勉強していたこと、みんなの手紙が治療の支えになったこと…。

2020 11/9 11:00
医療・健康

「なぜ娘は来ないの」会えぬまま母は遺骨に 施設でコロナ集団感染

「最期ぐらい母のそばにいたかった」。形見のマグカップを手に語る女性

 新型コロナウイルスの感染者が重症化して亡くなると、通常のみとりや葬送ができない。指定感染症は感染対策に重きが置かれるためだ。

PR

PR