韓国葛藤 光州事件40年
連載

「韓国葛藤 光州事件40年」

「韓国葛藤 光州事件40年」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 5/19 6:00
国際

ゲラ刷りにじむ“血の涙” 韓国・光州事件40年

「5・18民主化運動記録館」に展示されている地元紙「全南毎日新聞」1面のゲラ。光州事件の被害を伝える記事に当局者が赤いサインペンでほぼ全面的に修正を指示している

 色あせたゲラ刷りの至るところが赤いインクで汚されていた。ずたずたに切り裂かれたわが身を見るようで、記者の端くれとして怒りがこみ上げた。

2020 5/19 6:00
国際

文氏「真相必ず究明」 韓国・光州事件から40年

イメージ

 【ソウル池田郷】韓国南西部の光州市で1980年、民主化を求めた市民らに軍が発砲するなどして155人以上が殺害された「光州事件(5・18民主化運動)」から40年となる18日、政府主催の式典が現地で開かれた。演説した文在寅(ムンジェイン)大統領は、市民への一斉射撃を命じた責任者など事件の不明点について「国家暴力の真相を必ず明らかにしなければならない」と訴えた。

2020 5/18 6:00
国際

韓国の民主化導いた特ダネ 「ソウル大生拷問死」暴く

警察の取り調べ中にソウル大生が死亡した事件をスクープした元中央日報記者の申性浩さん。手前右は当時の記事のコピー。左は事件を振り返った申さんの著書

 【ソウル池田郷】韓国南西部の光州市で1980年5月、学生や市民らの民主化要求デモが軍によって武力鎮圧された「光州事件」以降も、韓国の軍事政権は学生運動などを徹底的に弾圧した。87年、民主化への重い扉をこじ開けた転機は韓国紙のスクープだった。

2020 5/17 6:00
政治国際

「サムギョプサルの味方です」政治皮肉る脱北作家

光州事件の犠牲者への思いや、韓国の保革対立に感じる疑問について語る金柱聖さん=ソウル

 韓国の作家、金柱聖(キムジュソン)さん(56)は在日朝鮮人3世として日本で育ち、1970年代に帰還事業で北朝鮮に渡り、2009年に脱北して現在まで波乱の人生を歩んできた。19年11月出版の近著は、国内外の小説などを題材にした随筆風の書評集「韓国になじめないと感じた時、本屋に行きます」。

2020 5/4 13:48
国際

韓国、今も続く葛藤「光州事件」から40年 民主化は実現したが…

朝鮮日報元主筆 柳根一さん

 韓国南西部の光州市で1980年5月、民主化を求める学生や市民のデモ隊を軍が武力で鎮圧した「光州事件(5・18民主化運動)」。韓国は87年に民主化が実現したが、事件の傷痕は今も生々しく国を分断している。

2020 4/11 6:00
国際

「デモの国」喧噪と誇り 記者ノート

 「シュッ」という音を立てて、火炎瓶が耳の横をかすめていったという。「あの音が耳から離れない。

2020 4/10 6:00
国際

裏切りの「進歩既得権」 次世代と価値観の摩擦

デモ隊と戒厳軍が激しく衝突した旧全羅南道庁舎前の広場は現在、近くの大学生たちの憩いの場になっている=2日、韓国光州市

 世界的人気の韓国男性グループ「BTS(防弾少年団)」に、メンバーがそれぞれの故郷に思いを寄せて歌うラップ曲がある。「Ma City」。

2020 4/8 6:00
国際

統一か同盟か…堂々巡り 米朝の狭間で揺れる人々

2016年に脱北した太永浩元駐英北朝鮮公使(左端)。15日投開票の総選挙に保守系野党から出馬した注目候補だ=3日、ソウル

 「キム君」と題する韓国映画が昨年5月に封切られた。1980年5月、韓国光州市で起きた民主化を求めるデモを戒厳軍が鎮圧した光州事件を題材にしたドキュメンタリーだ。

2020 4/7 6:00
国際

なぜ「いけにえの羊」に 今も40年前の悪夢にうなされ

旧全羅南道庁舎前で戒厳軍の無差別発砲について証言する朴永順さん=4月2日、韓国光州市

 「民主政府樹立を」。タクシーとバスの車列が先頭を進み、戒厳軍の発砲からデモ隊を守る盾になった。

2020 4/6 6:00
国際

韓国「武器持たぬ内戦」今も 光州事件40年、影落とす保革分断

光州事件の負傷者らが運び込まれた病院の看護師だった安聖禮さん。犠牲者の写真は軍の暴力性を記録するため撮影されたという=韓国・光州市(写真の一部を加工しています)

 韓国南西部の光州市で1980年5月、民主化を求める市民らのデモ隊を軍が弾圧した光州事件から今年で40年。市民に国家権力への激しい怒りを植え付けた事件は、後の民主化実現の原動力となる一方、社会を分断するしこりとして影を落とす。

2020 4/6 6:00
国際

民主化「光州の怒り」原点 金大中氏抗争の半生「血と汗と涙」ささげ

韓国における民主化の歩み

 40年前に韓国光州市で起きた光州事件で、市民が蜂起したきっかけの一つは地元の全羅道出身で民主化運動を率いた金大中(キムデジュン)氏(1925~2009)の逮捕だった。度重なる逮捕、死刑判決、暗殺未遂、大統領就任。

PR

PR

注目のテーマ