まとめ

「棋王戦」 (3ページ目)

「棋王戦」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2017 4/26 19:46
芸能文化

将棋、最年少藤井が14連勝 最多記録を更新

 棋王戦予選で平藤真吾七段を破り、プロ公式戦デビュー後の連勝記録を「14」に更新した藤井聡太四段=26日午後、大阪市の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は26日、大阪市の関西将棋会館で指された棋王戦予選で平藤真吾七段(53)を140手で破り、自身の持つプロ公式戦デビュー後の連勝記録を「14」に更新した。 昨年12月のプロデビュー戦で、現役最高齢の加藤一二三・九段(77)を破ってから快進撃を続け、今月4日の対局に勝ってデビュー後11連勝の新記録を達成。

2017 3/27 21:10
芸能文化

将棋、渡辺が2人目の永世棋王 5連覇達成で資格得る

 第42期棋王戦で千田翔太六段を破り、史上2人目となる永世棋王の資格を獲得した渡辺明棋王=27日夜、東京都渋谷区の将棋会館

 将棋の渡辺明棋王(32)に千田翔太六段(22)が挑戦していた第42期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第5局は27日、将棋会館で指され、午後6時45分、103手で先手の渡辺棋王が勝ち、対戦成績3勝2敗で5連覇を達成、史上2人目の永世棋王の資格を獲得した。 永世棋王は1995年の羽生善治3冠以来。

2017 3/23 20:26
芸能文化

将棋、藤井がデビュー後10連勝 最年少棋士が最多タイ

 デビューから10連勝を飾り、笑顔の藤井聡太四段=23日、大阪市の関西将棋会館

 将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(14)は23日、大阪市の関西将棋会館で指された棋王戦予選で大橋貴洸四段(24)を破り、デビューから10連勝を飾った。日本将棋連盟によると記録が残る1954年以降、デビュー後10連勝したのは史上3人目の最多タイ記録。

2017 3/20 20:32
芸能文化

将棋・棋王戦、渡辺が勝ちタイに 5番勝負第4局

 第42期棋王戦5番勝負第4局で千田翔太六段(左)に勝ち、2勝2敗の五分に戻した渡辺明棋王=20日、宇都宮市内のホテル

 将棋の渡辺明棋王(32)に千田翔太六段(22)が挑戦している第42期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負第4局は20日、宇都宮市の宇都宮グランドホテルで指され、午後5時45分、97手で先手の渡辺棋王が勝ち、対戦成績を2勝2敗の五分に戻した。 もう後のない渡辺棋王は中盤からペースを握り、千田六段の粘りを許さず、危なげなく寄せ切った。

2017 3/5 19:51
芸能文化

将棋、千田が棋王獲得に王手 棋王戦第3局

 第42期棋王戦5番勝負第3局で、渡辺明棋王(手前)を破った挑戦者の千田翔太六段=5日、新潟市内のホテル

 将棋の渡辺明棋王(32)に千田翔太六段(22)が挑戦している第42期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負第3局は5日、新潟市の新潟グランドホテルで指され、午後7時2分、121手で先手の千田六段が勝ち、対戦成績を2勝1敗とし、初タイトルとなる棋王獲得にあと1勝と迫った。 渡辺棋王のゴキゲン中飛車に対し、千田六段は巧みに指し、優勢に。

PR

PR

注目のテーマ