長崎・佐世保版
掲載面

「長崎・佐世保版」 (3ページ目)

西日本新聞朝刊の長崎面に掲載されたニュースを提供します。

2021 11/30 11:30
長崎政治

被爆者認定制度改正 体験者救済も対象に国との協議前に要請 

 広島原爆の「黒い雨」被害救済に向けた被爆者認定制度改正のため国と広島、長崎県などが行う第1回正式協議を前に、長崎原爆の被爆体験者らでつくる長崎被爆地域拡大協議会(峰松巳会長)は29日、被爆体験者の被爆者認定についても協議するよう求める要請書を県と長崎市に提出した。

2021 11/30 11:30
長崎教育

コロナ禍、地域で乗り越えよう SDGs踏まえ官民が協力して学生支援

官民で学生に食料品などを提供する取り組み

 コロナ禍を地域社会が協力して乗り越えようと、官民で学生に食料品などを提供する取り組みが29日、長崎県佐世保市の長崎国際大で開かれた。

2021 11/29 11:30
長崎スポーツ

「来年こそJ1」長崎、ホーム最終戦惜敗も指揮官「今年以上にまい進」

ドリブルで敵陣に攻め込むV長崎の玉田圭司(中央)

 来年こそ、J1へ-。サッカーJ2のV・ファーレン長崎は28日、トランスコスモススタジアム長崎(長崎県諫早市)で今シーズン最後のホーム戦に臨んだ。

2021 11/29 11:30
長崎社会

「手のひら運動」に協力 長崎県警が草野仁さんに感謝状

荒木秀交通部長(左)と手のひらを見せる草野仁さん

 道路横断前に歩行者がドライバーに手のひらを見せて横断の意思を示す「手のひら運動」の広報活動に協力したとして、長崎県警は県出身のキャスター草野仁さん(77)に感謝状を贈った。12日に県警本部であった贈呈式で、草野さんを起用した広報用ポスターがお披露目された。

2021 11/29 11:30
長崎

たいらガネの魅力考える 雲仙市で名物味わう会合

はさみも使って旬の「たいらガネ」を味わう参加者たち

 長崎、熊本両県を結ぶフェリーが発着する雲仙市国見町の多比良港は、ワタリガニ「たいらガネ」の水揚げで知られる。その魅力と食文化について考える会合が26日、町内の割烹旅館「観月荘」であった。

2021 11/28 11:30
長崎経済

V・ファーレンとヴェルカ合同店 諫早駅再開発ビルに開店

諫早駅再開発ビルにオープンしたV・ファーレン長崎と長崎ヴェルカの合同グッズショップ

 サッカーJ2のV・ファーレン長崎と、バスケットボールBリーグ3部(B3)の長崎ヴェルカの合同グッズショップが27日、長崎県諫早市の諫早駅再開発ビル「iisa(イーサ)」2階にオープンした。 合同店舗開設は初めてで、店名は「V・PORT iisa諫早駅店」。

2021 11/28 11:30
長崎大分

姉妹都市の佐世保市と九重町、絵画や写真で結ぶ あすまで美術展

佐世保市九重町交流美術展で、出品作品を紹介する藤由剛己さん

 姉妹都市提携する長崎県佐世保市と大分県九重町の絵画や写真作品を集めた「佐世保市九重町交流美術展」が、佐世保市島瀬町の島瀬美術センターで開かれている。観覧無料。

2021 11/28 11:30
長崎社会芸能

市川森一氏の顕彰碑建立 諫早出身の有名脚本家 市立図書館の庭園に

市川森一さんのレリーフと「魂よ 元気を出せ」の言葉が並ぶ顕彰碑

 NHK大河ドラマなど数々の作品を手掛けた長崎県諫早市出身の脚本家、市川森一さん(1941~2011年)の功績をしのぶ顕彰碑が市立図書館の庭園に建立された。市川さんの顔が描かれたレリーフを取り付け、市川さんが好きだった「魂よ 元気を出せ」の言葉を地元出身の俳優、役所広司さんの直筆で刻む。

2021 11/28 11:30
長崎医療・健康

「健康と平和」願い歩く 長崎市内で「Jウォーキング」

平和公園をスタートする参加者

 明治安田生命保険とサッカーJリーグの地元クラブが協力して健康づくりを促進するイベント「Jリーグウォーキング」が27日、長崎市内であった。 被爆地での開催ということから、長崎市と連携して平和を発信する「長崎ピースウォーキング」として実施した。

2021 11/27 11:31
長崎政治

中村氏4選出馬か勇退か? 長崎県知事選告示まで2ヵ月

県議会定例会初日の本会議で、諸課題への所信などを述べる中村法道知事

 中村法道知事の3期目の任期満了に伴う知事選が来年2月3日告示、20日投開票の日程で行われる。告示まで2カ月余りとなり、いまだに立候補を表明した人はいない中、構図を左右するのが知事本人の「決断」だ。

2021 11/27 11:30
長崎社説・コラム

ダルマギクと海岸

記者コラム

 壱岐市の海岸では10~11月になるとダルマギクが薄紫色のきれいな花を咲かせる。海岸付近に群生するので海を入れて撮影できる場所を探した▼壱岐の植物に詳しい元中学教諭に薦められた海岸に撮影に行くと、見頃だったが、いつもはきれいな海岸に漂着ごみが散乱。

2021 11/27 11:30
長崎社会

「息子の死 無駄にしないで」 長崎市の高2自殺、報告書から3年

男子生徒の遺影を傍らに記者会見する両親

 2017年4月に長崎市の私立高2年の男子生徒=当時(16)=が自殺し、その主要因を「いじめ」とした第三者委員会の報告書を学校が受け入れていない問題で、報告書ができて3年が過ぎた26日、生徒の両親が県などにいじめの対応改善を求める要望書を提出した。「息子の死を無駄にしないで」と訴えた。

2021 11/27 11:30
長崎

光り輝くモミの木 島瀬公園でイルミネーション点灯式

島瀬公園に点灯されたイルミネーション

 佐世保市中心街を100万個のイルミネーションで彩る「第26回きらきらフェスティバル」の点灯式が26日夜、島瀬公園であった。12月25日までの期間中、バンド演奏やダンスショーなどさまざまなイベントが催される。

2021 11/27 11:30
長崎政治

長崎県議会が開会 18議案を上程

 長崎県議会11月定例会が26日開会し、53億8449万円を追加する本年度一般会計補正予算案など18議案を上程、県公安委員の任命に関する人事議案に同意した。

2021 11/27 11:30
長崎政治

長崎県議補選告示、元新一騎打ち 五島市区

 長崎県議補選五島市区(被選挙数1)が26日告示され、前市議で自民新人の清川久義氏(55)と無所属元職の山田博司氏(51)の2人が立候補を届け出た。

PR

PR