長崎・佐世保版
掲載面

「長崎・佐世保版」 (4ページ目)

西日本新聞朝刊の長崎面に掲載されたニュースを提供します。

2022 1/14 11:30
長崎政治

長崎県知事選、説明会に5陣営出席

ワッペン「2022 知事選 長崎」(カラー)

 2月3日告示、20日投開票の長崎県知事選の立候補予定者説明会が13日、県庁であり、計5陣営の関係者が出席した。

2022 1/14 6:00
長崎

ドリンク片手に事件を推理…長崎市にマーダーミステリー専門店

「マーダーミステリー」を体験する参加者たち

 殺人事件をテーマとした推理ゲーム「マーダーミステリー」を体験できる店舗が長崎市中心部の歓楽街にオープンした。店の経営者によると県内では初めてとみられ、「どきどきした気分と、非日常の感覚を味わってみて」と話している。

2022 1/13 17:00
長崎社会

長崎原爆資料館、転換点の「C」 刻々変わる核情勢を伝えるには

長崎原爆資料館のCコーナー。壁面の年表は2006年が最後で、以降は情報端末(左)で紹介される

 長崎原爆資料館(長崎市)が開館して今年で26年。いま、課題として浮上しているのが核兵器を巡る国際情勢などを解説する展示「Cコーナー」のあり方だ。

2022 1/13 11:30
長崎社説・コラム

中1のおいに

記者コラム

 中1のおいに、ブロックで作ったロボットをプログラミングで動かすキットを贈り、休暇中に一緒に作った。簡単なゲームのプログラムも作るおいだが、思い通りに動かせるキットに大喜びだ▼まずはセンサーとモーターを組み合わせた自動ドアを作ってみせると、おいは分解し、暗くなると光るLEDを加えたものに作り替えた。

2022 1/13 11:30
長崎経済

新造船から修繕事業へ 70年の歴史を転換、SSKがドック改修

修繕兼用に改修される第4ドック前で報道陣の取材に応じる佐世保重工業の名村建介社長

 佐世保重工業(長崎県佐世保市、SSK)の中核だった新造船事業が、70年近い歴史に幕を閉じる。SSKはこれから船舶修繕と部品製造の機械事業に注力する方針。

2022 1/13 11:30
長崎社会

長崎で新たに84人が感染 米軍佐世保基地は30人

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 長崎県などは12日、新たに84人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。内訳は佐世保市32人、長崎市14人、諫早市13人、島原市9人、大村市5人、南島原市、佐々町各2人、雲仙市、平戸市、松浦市、壱岐市、長与町、波佐見町、県外から五島市を訪れていた人が各1人。

2022 1/13 11:30
長崎

航海安全と豊漁を祈願 対馬・高浜漁協で十日恵比須祭

漁協前で行われた寒ブリなど魚の放流

 長崎県対馬市の美津島町高浜漁協で10日、新春恒例の十日恵比須(えびす)祭があり、はえ縄漁でブリやタイなどを漁獲している地元の漁業者らが、漁協近くの恵比須神社で航海安全や豊漁を祈願した。 新型コロナウイルス感染症対策のため、昨年に続いて今年も遠方の市場関係者の出席はなく、組合員ら約60人が参列。

2022 1/13 11:30
2022 1/13 11:30
長崎

コロナ終息など願う 五島で新春の伝統行事「お守りさん」

世話役(左)からもろぶたをかざされる住民たち

 長崎県五島市崎山地区の新春の伝統行事「お守(も)りさん」が10、11の両日あった。地区の世話役らが各家庭を回り、玄関先で経本などを載せた「もろぶた」を住民の頭上にかざし、無病息災や家内安全、五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。

2022 1/12 11:31
長崎連載

「アニマルレスキュー隊」 繊細作業の何でも屋

洗濯機の穴に挟まったものの無事救出された子猫(プロ アニマルレスキュー隊提供)

 廃棄された洗濯機の穴に首が挟まったのは生後間もない子猫。身動きが取れず激しく鳴いている。

2022 1/12 11:30
長崎社会

長崎 新たに63人感染、聖和女子バレー部でクラスター

長崎県庁

 長崎県などは11日、新たに63人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。感染者が50人を超えるのは昨年9月8日の公表以来、125日ぶり。

2022 1/12 11:30
長崎

壱岐市の砂浜で空手の寒稽古

潮風を受けながら稽古をする子どもたち

 壱岐市の空手道場「剛柔流空手道修練会」が10日、玄界灘に面した同市石田町の砂浜で寒稽古に励んだ。道場に通う5~15歳の37人が空手の基本技を繰り返し、一年の精進を誓った。

2022 1/12 11:30
長崎

長崎・佐世保要塞砲兵連隊 清水中の敷地から遺構出土

清水中の敷地で出土した佐世保要塞砲兵連隊の遺構(佐世保市教委提供)

 明治時代に設置された旧日本陸軍の「佐世保要塞(ようさい)砲兵連隊」の兵舎跡が、佐世保市万徳町の清水中学校の敷地内から見つかった。 校舎の建て替え工事に伴い、市教育委員会が昨年10月中旬から発掘調査を実施。

2022 1/12 6:00
長崎

【動画】水族館に25年「タマ様」

「五島の海水槽」の底でじっとしているタマカイ

 タマカイ(スズキ目ハタ科)は「海きららの主(ぬし)」といえる存在です。水族館にやって来たのは25年前。

2022 1/12 6:00
九州ニュース長崎

海軍の村から始まった 佐世保市120年の軌跡、写真でプレーバック

明治中期の佐世保村の中心部。1889(明治22)年の海軍鎮守府開庁によって、大勢の人がこの地に移り住んだ(佐世保市立図書館所蔵)

 一枚のモノクロ写真がある。山裾にぽつん、ぽつんと家が立つ田舎の風景。

2022 1/11 11:30
長崎社会

長崎県で新たに49人の感染確認 新型コロナ

長崎県庁

 長崎県などは10日、新たに49人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。内訳は長崎市22人、佐世保市、諫早市各6人、大村市4人、島原市3人、長与町2人、雲仙市、東彼杵町各1人、県外から訪れていた4人。

2022 1/11 11:30
長崎

「人も経済も元気な年に」亀山八幡宮で十日恵比須大祭 長崎・佐世保

訪れた子どもに福餅を手渡す「第十八代大恵比須」の橘高克和さん

 開運招福と商売繁盛を祈願する「十日恵比須(えびす)大祭」が10日、長崎県佐世保市八幡町の亀山八幡宮であり、一年の福を願って大勢の参拝客が訪れた。90余年続く新春の恒例行事で、佐世保恵比須会(金子卓也会長)が歴史と伝統を受け継ぎ主催している。

2022 1/11 11:30
長崎政治

大石賢吾氏と政策協定、自民党長崎県連が推薦状

 自民党長崎県連は10日、知事選(2月3日告示、20日投開票)への立候補を予定する無所属新人で元厚生労働省医系技官の大石賢吾氏(39)と政策協定を結び、推薦状を手渡した。政策協定では、石木ダムの早期完成やカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の実現など12項目を盛り込んだ。

2022 1/11 11:30
長崎連載

「飼い主の悲しみ癒やす」光る真珠いつまでも

貝の中から取りだした愛猫「コテツ」の遺骨が入った真珠を手にする沢村さん(左)。隣は養殖を手がける清水さん

 青く、静かに広がる海。長崎県五島市奈留島の海辺でアコヤガイの母貝に、丁寧な手つきで透明な球体を入れるのは真珠養殖業を営む清水多賀夫さん(69)。

2022 1/11 6:00
長崎社会

海を渡った「かもめ」陸路そろり #この一枚【動画】

多くの鉄道ファンが見守る中、ゆっくりと移動する西九州新幹線「かもめ」(撮影・星野楽)

 秋に開業する西九州新幹線(武雄温泉-長崎)の新車両「かもめ」が10日未明、川棚港(長崎県川棚町)から大村車両基地(大村市)に運ばれた。 新車両は6両編成で、JR東海が開発した新幹線の最新型「N700S」。

PR

PR