コーナー

「長崎連載アーカイブ」

2018 1/5 19:00
長崎

【新年特集】さあトラスタへ行こう(1) V・ファーレン長崎、J1元年

イラスト制作:山口なみさん。諫早市在住のイラストレーター、デザイナー。V・ファーレン長崎と同市の情報を発信するホームページ「WISH!」のメンバーとしてデザインを担当

 2018年、サッカーのV・ファーレン長崎が戦いの舞台をJ1に移す。くしくも今年は4年に1度のワールドカップイヤー。

2018 1/5 19:00
長崎

【新年特集】さあトラスタへ行こう(2) ご当地グルメ満喫 応援パワーを充電

さまざまな種類がある揚げかまぼこ「たこ野郎」

 ホーム戦での楽しみのひとつが、トラスタを囲むように立ち並ぶ「スタジアムグルメ」の出店。腹ごしらえをして選手に大きな声援を届けようと、試合前は多くのサポーターが列を作る。

2018 1/5 19:00
長崎

【新年特集】さあトラスタへ行こう(3) 練習公開 選手と交流も

 V長崎の練習拠点、諫早市サッカー場(同市多良見町)は、選手とファンの距離が最も近い場所だ。 練習は無料で公開され、観覧席は屋根付き。

2018 1/5 19:00
長崎

【新年特集】さあトラスタへ行こう(4) 集客力大幅増、まずはJ1残留だ

 V長崎が新たな舞台に立つJ1。2018年のシーズンは2月24日に開幕し、ワールドカップ(W杯)開催期間(6月14日~7月15日)を挟んで12月1日まで、18チームによるホームアンドアウェーの総当たり34試合で優勝を争う。

2018 1/5 19:00
長崎

【新年特集】さあトラスタへ行こう(5) 「ヴィヴィ女」に変身! サポーター女子ファッション教えます

フェイスペイントは肌のトラブル防止のため水性アクリル絵の具がお薦め

 トラスタでもっと、女の子らしく盛り上がりたい-。J1昇格でV長崎への熱が高まった記者が訪ねたのは、県美容専門学校(長崎市)。

2018 1/5 19:00
長崎

【新年特集】さあトラスタへ行こう(6) ゲートフラッグを作ろう 初心者でも簡単

完成したゲートフラッグ

【用意するもの】2枚重ねの布、鉛筆かチャコペンシル、油性ペン、両面テープ、棒2本【作り方】(1)布を2枚重ねて切る。大きさの目安は両手で広げられる80センチ×50センチ。

2018 1/5 19:00
長崎

【新年特集】さあトラスタへ行こう(7) サポーター用字用語

 入り待ち スタジアムにバスで到着する選手を待ち受け、声援を送ること。試合開始前の1時間半~2時間前が目安。

2017 10/12 14:07
長崎

シゲちゃん 長崎原爆72年(4)「花と竜」に人生重ね

シゲちゃんの消息を知り、福岡県久留米市に駆け付けて堤孝行さん(右)から話を聞く池田道明さん=7月24日

 食堂の出前係を辞めたシゲちゃんは、1970年代半ばには福岡県久留米市で路上生活を送るようになっていた。ある日、旧国鉄久留米駅前で一人の男性が声を掛けた。

2017 8/2 14:06
長崎

シゲちゃん 長崎原爆72年(3)「被爆」一度だけ告白

1970年代半ばの旧国鉄久留米駅前

 原爆孤児となったシゲちゃん。「長崎原爆戦災誌」(1985年刊行)によると、福岡県久留米市の陸軍病院で養育された「五、六歳の男の子」は「看護婦の兄弟で子どものいない家に引き取られて行った」とされるが、その後のことは分からなかった。

2017 8/1 14:04
長崎

シゲちゃん 長崎原爆72年(2)「原爆孤児」を追って

長崎市の爆心地近くにあった軍需工場で救護活動をした元看護師の下野サツエさん=福岡県久留米市

 長崎大原爆後障害医療研究所(長崎市)の保管庫に「原子爆弾統計表」というぼろぼろの帳面が残っている。長崎医大付属病院で被爆した患者や付添人の生死の記録。

2017 7/31 14:03
長崎

シゲちゃん 長崎原爆72年(1)あの日の恩人どこに

長崎原爆の爆心地から南東700メートルにあり、入院患者50人以上が亡くなった長崎医大付属病院。2人は病棟の屋上で爆弾の破片探しに興じていた(米軍撮影、長崎原爆資料館所蔵)

 ミッちゃんとシゲちゃんは、一緒にエレベーターに乗り込んだ。1階に着き、扉が開く。

2017 3/24 17:27
長崎

長崎VS佐世保<1>長崎の夜景 九十九島の絶景 楽しみ方は十人十色

稲佐山の山頂展望台から見える夜景

 長崎市と佐世保市。県内にありながら歴史的背景や文化、人々の気質は大きく異なる。

2017 3/24 17:27
長崎

佐世保バーガーと角煮まん 対決!長崎vs佐世保(完)

ビッグマン京町本店の一番人気は元祖ベーコンエッグバーガー

 佐世保のグルメとして欠かせない「佐世保バーガー」と、長崎の新名物として定着した「角煮まん」。最終回は、幅広く支持されるグルメ対決だ。

2017 3/24 17:27
長崎

長崎バスと西肥バス 対決!長崎vs佐世保(9)

「シルバーブルー」を熱唱する西肥バスのガイドたち

 地元密着のバスとして長崎市の「長崎バス」と佐世保市の「西肥バス」がそれぞれ地域の足を支える。バスは思い出も一緒に運んでいる。

2017 3/24 17:27
長崎

外国人バー街と丸山花街 対決!長崎vs佐世保(6)

古いドル札などが貼られている外国人バー

 米兵たちでにぎわう佐世保市の「外国人バー街」と遊女の姿で華やいだ長崎市の「丸山花街」。米国と日本の文化が今も残る両市の歓楽街対決だ。

2017 3/24 17:27
長崎

長崎くんちとYOSAKOI 対決!長崎vs佐世保(5)

長崎くんちの演し物の一つ、油屋町の「川船」。踊町は7年に1度回ってくる

 祭りは人々の心を熱くする。長崎市で380年以上の伝統がある「長崎くんち」と、全国から7千人の踊り手が佐世保市に結集する「YOSAKOIさせぼ祭り」。

2017 3/24 17:27
長崎

佐世保港と長崎港 対決!長崎vs佐世保(4)

海上自衛隊や米海軍の艦船が並ぶ佐世保港

 軍港として成長した「佐世保港」と外国との交易で栄えた「長崎港」。二つの海の玄関口は、異なる顔を持つ都市が歩んできた発展の歴史と重なる。

2017 3/24 17:27
長崎

トルコライスとレモンステーキ 対決!長崎vs佐世保(3)

「大人のお子様ランチ」とも言われるトルコライス

 今や、ちゃんぽんと並ぶご当地グルメとして知られる長崎の「トルコライス」。佐世保の「レモンステーキ」はすき焼き風メニューとして始まったとか。

2017 3/24 17:27
長崎

佐世保独楽と長崎のハタ 対決!長崎vs佐世保(2)

山本由貴子さんが手にする佐世保独楽。ラッキョウ形に赤、黄、黒などの色付けが独特だ

 長崎県佐世保市の新春を彩る「佐世保独楽(こま)」と長崎市の空に舞う「長崎ハタ」。いずれも県の伝統工芸品に指定されていて、どうやらルーツは海外にあるようだ。

2017 3/24 17:27
長崎

長崎の夜景と九十九島の夜景 対決!長崎vs佐世保(1)

稲佐山の山頂展望台から見える夜景

 長崎市の夜景と佐世保市の九十九島。おなじみの観光スポットに長崎大好きの「チョージくん」と、佐世保LOVEの「ゴトーちゃん」がそれぞれの絶景を求めて訪れた。

PR

PR

注目のテーマ