中村哲を継ぐ 銃撃事件1年
コーナー

「中村哲を継ぐ 銃撃事件1年」

アフガンで用水路建設や医療活動を続けて多くの人たちの命を救い、志半ばで凶弾に倒れた中村哲医師=当時(73)。その信念と事業を継ごうとする人たちを追った。

2020 12/5 6:04
福岡社会

託された中村医師の「勇敢な生涯」 信念は一人一人の心に

クナール川のほとりで、アフガニスタン人スタッフと話す中村哲医師(左)=2014年11月

 素っ気ない言葉を今も忘れない。「勉強してこなかったんですか」。

2020 12/4 6:00
福岡鹿児島社会

「一隅を照らす」原点胸に 模索続ける元現地ワーカー

患者の自宅で診察する大越猛さん。「心も手当てしたい」と語る=11月中旬、大阪府交野市

 「ママ、この本がいい」。男の子が本棚の本を母親に手渡すと、2人はベンチに座って読み始めた。

2020 12/3 6:00
社会

中村哲さんの誕生日に生まれた子 「縁感じた」紡ぎゆく親子3世代

中村哲さんを支援してきた広瀬さと子さん(左)と娘の柴田まりのさん、孫のなぎちゃん=11月21日、福岡市中央区(撮影・穴井友梨)

 切手を湿ったタオルに浸し、B4判の台紙に一枚一枚貼り付けていく。先月27日、故中村哲医師(享年73)と活動してきた福岡市の「ペシャワール会」事務局で、数人のボランティアが地道な作業に没頭していた。

2020 12/2 6:00
社会

「やるしかない」”鬼婦長”が誓った復興 中村哲医師の死から1年

ペシャワール会の事務局で作業をする藤田千代子さん。現地との連絡調整、会計事務に加え、講演活動や取材対応もこなす=11月26日午後7時12分、福岡市中央区(撮影・三笘真理子)

 「ドクター・サーブ・ナカムラ・ワズ・シューティッド(中村先生様が撃たれた)」。アフガニスタン人スタッフの現地なまりの英語は震えていた。

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR