妊娠とコロナと私
コーナー

「妊娠とコロナと私」

29歳、共働き夫婦の記者は昨年10月に第1子の妊娠が判明した。先行きの見えないコロナ禍、妊婦の目から見えてきた「新しい生活様式」を不定期にリポートします。

2021 3/26 6:00
社会福岡連載

待合室は妊婦だけ、両親学級中止…コロナで一変した病院の風景

新型コロナウイルス禍を受け、最近では赤ちゃんの世話について動画で学ぶこともできる

 病院の広い待合室に、ポツンポツンと座っているのは全て女性。すっかり見慣れてしまった光景だ。

2021 3/15 6:00
福岡社会連載

悩ましい妊婦のワクチン接種 決断できる環境を

写真はイメージ

 国内で、新型コロナウイルスワクチンの先行接種が始まり、間もなく1カ月になる。真っ暗なトンネルに光が差し込んだようなムードを感じる。

2021 2/15 6:00
くらし

妊産婦の3割、産後うつの恐れ 感染不安、孤立…コロナで上振れ

体調が不安定な産後は育児などへの不安からうつにつながるケースもある

 新型コロナウイルス禍で妊娠、出産を経験している女性の約3割が産後うつに陥る可能性があることが、横浜市立大付属病院産婦人科の宮城悦子教授や日本産科婦人科学会の調査で明らかになった。感染への不安や、外出自粛で孤立しがちな環境が背景にあるとみられる。

2021 1/29 12:31
福岡社会連載

里帰り出産、親の手伝いを断念 募る「産後」への不安

福岡市が発行する母子健康手帳でも産後ケア事業が紹介されている

 「産後は本当にきつい。1週間でも手伝いに来てもらった方がいいよ」。

2021 1/9 11:30
福岡社会連載

夫の会食にやきもき 感染の不安と相手の事情、折り合いは

パートナーの会食。お互いの考えをどう伝え合うべきだろうか

 「今度、仕事の飲み会があるから」。昨年11月中旬、夕食中に夫が話しかけてきた。

PR

PR