今天中国~中国のいま
連載

「今天中国~中国のいま」 (2ページ目)

共産党体制下でたくましく生きる庶民の姿や、インターネットが浸透した暮らしぶりなど、中国の多様な「今天」(今日、現在)を描く企画「今天中国」を掲載します。

2017 5/2 6:00
連載

今天中国~中国のいま(30) 時代遅れの「印鑑病」

 「ある地方政府で108個の印鑑を使用禁止にし、一つで済ませるようにした」。3月の記者会見で、就任以来の成果を外国人記者から問われた際、李克強首相が挙げた例の一つだ。

2017 4/25 6:08
連載

今天中国~中国のいま(29) 伊万〓さんに熱視線

※〓はこの漢字

 米南部フロリダ州の高級別荘で今月開かれた米中首脳会談を機に、ある人物への注目度が高まっている。中国語表記で「伊万〓」。

2017 4/21 6:00
連載

今天中国~中国のいま(28) パネリストの正体は

携帯電話会社のショップでは実名登録の呼び掛けを目にする=北京

 ある日突然、携帯電話が不通になった。昨年11月末のことだ。

2017 4/17 16:42
連載

今天中国~中国のいま(27) トイレで顔認識なぜ

公衆トイレに登場した機械。小窓を3秒間のぞき込み、顔の識別が終わるとトイレットペーパーが出てくる仕組みだ

 世界文化遺産である北京の天壇公園。その敷地内の公衆トイレに、人の顔を識別し自動的にトイレットペーパーを出すという、世にも珍しい機械が登場した。

2017 4/17 16:42
連載

今天中国~中国のいま(26) 反腐敗ドラマが熱い

ドラマ「人民的名義」初回のタイトル映像。有名俳優も出演している(動画サイトより)

 中国のドラマ制作に携わるプロデューサーの女性に会ったことがある。まだ30代前半。

2017 4/17 16:42
連載

今天中国~中国のいま(25) 「自転車の王国」再び

バス停付近に並ぶシェアリング自転車。スマホで所在地を確認、解錠や施錠もできる=北京

 すっかり春めいてきた北京。中心部の会社に勤める女性、賀さん(24)は最近、外で過ごす時間が増えた。

2017 4/17 16:42
連載

今天中国~中国のいま(24) 大陸でも「桜花入魂」

「桜の名所」として知られる北京の玉淵潭公園。日中友好を願い、日本から贈られた桜が起源だという

 「知日」という中国人向けの日本情報誌がある。これまで「猫」「妖怪」「明治維新」などを取り上げてきた中、最新号が大反響を呼んでいる。

2017 4/17 16:42
連載

今天中国~中国のいま(23) 民主と専制のはざま

「1人1票」の選挙を求めた民主派主催のデモ。北京では見られない光景だ=25日夕、香港の繁華街

 香港の繁華街の食堂で麺を頼んだら、セットメニューとしてトーストとオムレツ風の料理が出てきた。中華と西洋が混ざり合った独特の文化。

2017 3/26 0:31
連載

今天中国~中国のいま(22) 鳴らぬクラクション

ナンバープレートの数字による規制をしていても渋滞は日常茶飯事だ=北京

 中国南部・広東省の省都、広州市を訪れた際のこと。緑豊かな街並みに好感を抱いたが、どこか違和感があった。

2017 3/26 0:30
連載社会

今天中国~中国のいま(21) 染めるべきか否か…

全人代の会議に出席した胡春華氏(中央)は白髪交じりだった=6日、北京市

 新年早々、深刻な大気汚染に見舞われた北京だが、最近は青空が続いている。人々は「両会ブルー」と呼ぶ。

2017 3/26 0:30
連載社会

今天中国~中国のいま(20) 結納金高騰の訳は…

結婚披露宴でウエディングドレスを着る。主役はやはり花嫁だ

 北京で知り合った中国人の友人男性の結婚披露宴に昨年、招待された。会場は超一流ホテルの一室だったが、格式張ることなく、出席者は親族や友人ら少人数。

2017 3/26 0:00
連載

今天中国~中国のいま(19) 「建国さん」は95万人

 中国の反腐敗運動で失脚した元共産党幹部に、胡錦濤前国家主席の側近だった令計画という人物がいる。「計画」とは不思議な名前だが、理由があった。

2017 3/26 0:00
連載社会

今天中国~中国のいま(18) 救急車呼んだら有料

総合病院に行くと、いつも患者でごった返している。医師数は不足がちだ=北京

 北京の公立総合病院を訪ねると、掲示板が目に入った。医師の名前がずらりと並び、肩書や専門に加え、それぞれ100元(約1600円)~500元(約8千円)といった金額が記されている。

2017 3/26 0:00
連載

今天中国~中国のいま(17) 独身にはつらい季節

中国人向けの結婚情報サイト。「婚活」ビジネスも盛況のようだ(写真の一部を加工しています)

 春節(旧正月)の長期休暇が終わり、帰郷していた人々が北京に戻ってきた。久しぶりの家族だんらん、さぞや楽しかったろうと思いきや、黒竜江省出身の会社員女性(32)は浮かない顔だ。

2017 3/26 0:00
連載社会

今天中国~中国のいま(16) 味も変えた「反腐敗」

共産党結党95年を記念した美術展では、習近平国家主席を描いた絵画も飾られていた=昨年7月、北京の国家博物館

 「久々に北京に赴任したら、料理の味が変わっていて驚きました」と、中国通のベテラン外交官は語る。彼の説によると、背景には反腐敗運動があるという。

2017 3/26 0:00
連載

今天中国~中国のいま(15) 「土を食べる」物乞い 家建てた「カリスマ」も

ホームレスだろうか、氷点下の夜に地下道で寝る人もいた=北京

 昔ほどではないようだが、北京では物乞いをする人たちを見掛ける。道端や地下通路に座り込んでいたり、地下鉄の中で音楽を鳴らしながら練り歩いたり…。

2017 3/26 0:00
連載社会

今天中国~中国のいま(14) 「男らしさ」の教科書

ショッピングモールでは美男子の広告をよく見掛ける=北京

 北京の街角で時折、通勤ラッシュの時間帯ではないのに大渋滞している場所がある。小学校へ子どもを迎えに来た親たちの車が殺到しているためらしい。

2017 3/26 0:00
連載社会

今天中国~中国のいま(13) 土星旅行並み大移動

帰省客でごった返す北京駅前。春節前後、利用客は400万人を超える=24日

 「最近は職場に人が少なくて、昼食時に慌てなくても食堂の席に座れます」。北京の政府系企業に勤める知人は言う。

2017 3/26 0:00
連載社会

今天中国~中国のいま(12) スター爆買いの是非

地元チーム・北京国安の試合を前に、にぎわう競技場。数万人が詰め掛け、周辺は大渋滞することも=北京

 中国の人気スポーツと言えば足球(サッカー)。習近平国家主席も大ファンで「中国でのワールドカップ(W杯)開催、優勝が夢だ」と公言する。

2017 3/26 0:00
連載

今天中国~中国のいま(11) 「使い走り」にも商機

宅配便を受け取る若者の行列。大学の門のそばには常設の保管場所が設けられているケースも=北京市

 家電、衣服、化粧品、コメや野菜…。中国ではインターネット通販が大流行している。

PR

PR

注目のテーマ