まとめ

「カピバラ」 (2ページ目)

「カピバラ」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 8/30 6:00
福岡

カピバラの赤ちゃん4匹すくすく 若松・グリーンパーク

じゃれ合って遊ぶカピバラの赤ちゃんたち。右はお父さんの「いお」

 若松区竹並の響灘緑地グリーンパークで、カピバラの赤ちゃん4匹が生まれ、愛らしい姿で来園者のハートをわしづかみにしている。園内の熱帯生態園で、お母さんのおっぱいを飲んだり、じゃれ合って遊んだりする姿を見られる。

2019 5/24 9:12
くらし

カピバラに「令和ベビー」

 六つ子の赤ちゃんが生まれた兵庫県姫路市立動物園のカピバラ=23日

 兵庫県姫路市立動物園で今月、カピバラに六つ子の赤ちゃんが生まれた。体長25センチほどで元気に走り回り、愛くるしい「令和ベビー」の姿が来園客の目を楽しませている。

2019 3/5 6:14
福岡

【街 みらい】指定管理 北九州市の農事センター一新、人気上昇 ドッグランやカフェ新設 自然を体験、学びの場に

農事センター内に整備されたカフェスペース

 北九州市立総合農事センター(小倉南区横代東町1丁目)が、民間企業による指定管理の開始後、カフェの開設やイベントなどで「農業」のイメージにとらわれない表情を見せている。小倉北区の中心市街地からもアクセスが良く、本年度の入場者数は既に目標の30万人を上回った。

2018 11/17 17:04
くらし

カピバラ初風呂でのんびり、静岡 伊豆シャボテン動物公園

 静岡県伊東市の伊豆シャボテン動物公園で冬の風物詩「元祖カピバラの露天風呂」が始まり、今シーズンの初風呂に漬かるカピバラ一家=17日

 静岡県伊東市の伊豆シャボテン動物公園で17日、冬の風物詩「元祖カピバラの露天風呂」が始まり、カピバラ一家が今シーズンの初風呂を楽しんだ。1982年から続く人気のイベントで、今季は来年4月7日まで。

2018 8/10 19:06
くらし

カワウソに「かき氷」、横浜 八景島シーパラダイス

 横浜・八景島シーパラダイスで、かき氷を贈られ涼むコツメカワウソ=10日、横浜市金沢区

 横浜・八景島シーパラダイス(横浜市金沢区)は10日、猛暑の中、少しでも涼んでもらおうと、飼育するコツメカワウソ3匹に、「かき氷」に見立てたキューブ状の氷の山をプレゼントした。カワウソはトッピングされた好物のワカサギとリンゴ、ニンジンを掘り出してかぶりついた。

2018 5/23 6:00
福岡

空飛ぶクジラ、散歩できるタコ…イラストと彫刻の4人展

「見る人の世界が広がる作品」を目指した田代雄一さん

 メルヘンチックな色使いのイラストや遊び心のあふれる動物の彫刻などを集めたグループ展が22日、福岡市中央区大名1丁目のギャラリーEnlace(エンラセ)で始まった。県内外の30~40代の作家4人が手掛けた、温かみのある作品約60点が並ぶ。

2018 1/7 6:00
熊本

マルルなど人気者と再会 熊本市動植物園、観覧エリア拡大

来園した家族連れたちに元気な姿を見せるホッキョクグマのマルル

 熊本地震で地面の液状化などの被害が出て、土日祝日限定で開園している熊本市動植物園(熊本市東区)は6日、立ち入り制限区域の復旧工事が進んだため観覧エリアを広げた。ホッキョクグマのマルル(3歳、雌)など、人気の動物たちとの再会を心待ちにしていた家族連れでにぎわった。

2017 12/23 6:00
社会

ゆず湯ぽかぽかカピバラご満悦 スペースワールド

ゆず湯に漬かり、体を温めるカピバラたち=22日午後2時半、北九州市のスペースワールド

 冬至の22日、北九州市八幡東区のスペースワールド(SW)で飼育するカピバラに「ゆず湯」がプレゼントされた。ユズが浮かんだ湯船で温まり、満足そうに目を細めた。

2017 12/22 17:40
くらし

カピバラがゆず湯満喫、鳥取 来場者に癒やし

 ゆず湯につかるカピバラのカップル=22日、鳥取県米子市

 鳥取県米子市の観光牧場「大山トム・ソーヤ牧場」で22日、世界最大級のネズミの一種、カピバラのカップルが冬至のゆず湯を楽しんだ。天然温泉をくみ入れた湯船でくつろぐ姿に、来場者は「かわいい」「癒やされる」と笑顔を見せた。

2016 10/20 17:42
社会

高炉がランドマーク 東田の115年 先導役 スペースワールドの挑戦 福岡県

実寸大のスペースシャトルのレプリカを背景に、思い出を語る島田直幸さん

 「テレビで北九州市の特集があると、小倉城とセットで放映される。誇らしいですよ」。

2016 7/6 10:21
文化

密林わくわく探検、「大アマゾン展」開催中 福岡市博物館、9月4日まで

体長10メートルに達するものもあり、水辺に近づく動物を食べるオオアナコンダ

 世界最大の流域面積を誇る南米・アマゾン川。ゆったりと流れる大河を囲むように、どこまでも熱帯の密林が広がっており、長い年月をかけて独自の生態系をつくり上げた。

PR

PR