まとめ

「ミトコンドリア」

「ミトコンドリア」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 5/20 15:54
くらし

1日4分で筋力アップ、注目の運動「HIIT」 血糖値の改善にも

高強度インターバルトレーニング「HIIT」メニューの一例

 健康診断のたびに指摘されながら、なかなか実行できないものの一つが運動だろう。そんな中、体を1日たった4~5分動かすことで、筋力アップや血糖値の改善などにつながるという運動「HIIT」(ヒット)が注目されている。

2018 11/14 6:00
医療・健康

高血圧治療薬、心不全に効果 九大大学院グループ「マウスで機能改善確認」

 九州大大学院薬学研究院などの研究グループは、高血圧症治療薬として承認されている薬に、心不全状態のマウスの心機能を改善する効果があることを確認した。既に安全性が確認されている薬で効果を明らかにしたことで、グループの西村明幸講師(生理科学)は「ゼロからの創薬よりも費用や時間をかけずに治療薬開発につなげられ、メリットは大きい」としている。

2018 6/25 22:03
科学・環境医療・健康

3500人分ゲノム公開、東北大 病気の原因究明へ

 ゲノム情報について説明する東北大の木下賢吾教授=25日午後、仙台市

 東北大などは25日、健康な人約3500人分のゲノム(全遺伝情報)を解読し、日本人の標準的な遺伝的体質を示すデータとして研究用に公開した、と発表した。2013年から解読を続け、データを増やして順次公開してきたが、今回新たに、遺伝性疾患と関わりがあるX染色体とミトコンドリアの情報を追加。

2018 2/24 13:09
社会

小1で体重15キロ…難病の息子のためサプリ開発した母の思い 障害の子持つ親から注文も

長男(右)に自ら開発したサプリメントを食べさせる小浦潔恵さん

 難病のわが子のために-。福岡県那珂川町の会社代表小浦潔恵(ゆきえ)さん(41)が、持病などで極端な小食・偏食がある子ども向けのサプリメント「モグ」を開発した。

2018 2/3 6:00
社会

【検証飯塚事件・2.6高裁決定を前に】(中)DNA矛盾捜査足踏み 「科警研」検出、「石山鑑定」不検出

飯塚事件で、科警研が1992年に行ったMCT118法による鑑定写真ネガフィルムのデータ。左右両端と中央は型を測る物差しに当たるマーカー(旧型)。その他が、被害者に付着していた血痕や心臓血など8種類の試料から検出された型。型を示すバンドは幅広で、「鬼の面」のように両端が流れている。確定審では四角い枠内の現像写真のみ証拠採用されたが、再審請求後に弁護団の求めでこのネガデータが開示された。弁護団は○で囲む部分に「真犯人の型が写っている。科警研が意図的に隠した」と主張する。 (弁護団提供)

 1992年に女児2人が殺害された「飯塚事件」で、94年の久間三千年(みちとし)元死刑囚=執行時(70)=の逮捕前、捜査側を一時「足踏み」させた鑑定結果があった。それは、福岡県警の依頼で実施された帝京大の石山〓夫(いくお)教授(当時)によるDNA型鑑定。

2018 2/2 6:00
大分

高校生ジビエ料理を競う 日田市5グループ参加 最優秀「日田満喫鍋」「ミルクカレー鍋」 小中学校の給食に活用

高校生が考案したジビエ料理を採点する審査員

 有害鳥獣として捕獲されたイノシシ肉を有効活用しようと、日田市の高校生が考案したジビエ料理の味を競う「ひたジビエ レシピグランプリ」(市ジビエ推進協議会など主催)が、同市の昭和学園高で行われ、“料理人の卵”たちによるアイデアメニューが並んだ。 5グループが、レシピやコンセプトを事前に提出。

2017 7/29 9:57
医療・健康

英の難病乳児が死亡 1歳の誕生日目前

 チャーリー・ガードちゃんの治療継続を裁判所前で訴える人々=14日、ロンドン(AP=共同)

 【ロンドン共同】先天性の難病を患い、病院から延命措置の中止を勧められていた英国の生後11カ月の男児チャーリー・ガードちゃんが28日、国内のホスピスで死亡した。1週間後の1歳の誕生日を迎えられなかった。

2017 7/25 23:53
医療・健康

難病の赤ちゃん尊厳死へ 英国、移送の願いかなわず

 難病のチャーリー・ガードちゃんと両親=ロンドン(家族提供、AP=共同)

 【ロンドン共同】英国で先天性の難病を患い、病院側から延命措置の中止を勧められていた乳児の両親が25日までに、米国での治療を求めて病院側との間で争っていた裁判を打ち切り、尊厳死を受け入れることを表明した。赤ちゃんを巡ってはローマ法王やトランプ米大統領が支援を表明するなど国際的な関心が高まっていた。

2017 7/7 13:24
医療・健康

ミトコンドリア、不活性体「選別」 久留米大チームが仕組み解明 健康維持への応用に期待

 久留米大分子生命科学研究所の石原直忠教授らのグループは、細胞内で生命活動に必要なエネルギーをつくる小器官「ミトコンドリア」について、細胞内の健康を維持するため、活性を失ったミトコンドリアだけを選別する仕組みを解明したと発表した。英国の科学誌「ネイチャーセルバイオロジー」電子版に6月20日、掲載された。

2017 6/21 22:03
医療・健康

新たな不妊治療で5人誕生 ミトコンドリアを卵子に

 体外受精の際に母親本人の細胞内にあるミトコンドリアを卵子に注入する新たな手法で、4人の女性から5人の健康な子どもが生まれたと、大阪市の不妊治療クリニックが21日、発表した。カナダや欧州では250例を超す実施例があり、30人以上出生しているが、国内で子どもが生まれたのは初めて。

2016 12/16 6:35
医療・健康

英、卵子核移植を承認 「3人の親」持つ子誕生へ

 【ロンドン共同】英政府の研究監視機関「ヒト受精・発生学委員会」(HFEA)は15日、母系遺伝性の難病ミトコンドリア病の母親の卵子から遺伝子を含む核だけを取り出し、健康な女性から提供を受けた卵子に移植する技術を最終承認した。 BBC放送によると、英ニューカッスル大などのチームがこの技術を使う第1号となる見込み。

2016 10/21 13:59
医療・健康

ミトコンドリア病 早期診断方法開発 久留米大など 2018年度にも実用化

 久留米大と東京都健康長寿医療センターの研究グループは20日、国指定の難病「ミトコンドリア病」を早期に特定できる診断方法を開発したと発表した。従来より20ポイント高い98%の精度で、体外診断薬については早ければ年度内に承認申請し、2018年度中の実用化を目指す。

2016 10/12 10:38
医療・健康

不妊治療で「3人の親」 ウクライナの病院が実施

 【ワシントン共同】ウクライナの病院が、不妊に悩むカップルに対し、第三者の女性の卵子からつくった受精卵に核を移植する不妊治療を行い、来年にも2人の子どもが生まれる予定であることが11日分かった。英科学誌ニューサイエンティストが報じた。

2016 9/28 12:30
医療・健康

3人の遺伝子持つ子誕生 米病院で世界初か、卵子の核移植

 【ワシントン共同】母親の卵子の核を別の女性の卵子に移植して受精させる方法で、父親を含めて3人の遺伝子を持つ赤ちゃんを誕生させることに成功したと、米ニューヨークの病院が27日までに明らかにした。米メディアは、こうした手法で健康な赤ちゃんが生まれたのは世界で初めてとみられると報じた。

2016 8/29 18:42
医療・健康

小器官移植で2人妊娠 大阪市の不妊クリニック

 不妊に悩む女性の卵巣から細胞のエネルギーを作り出す細胞内小器官「ミトコンドリア」を取り出し、体外受精の際に卵子に移植したところ、2人で妊娠に成功したと、大阪市の不妊治療クリニックが29日発表した。 この不妊治療は米国の企業が開発。

PR

PR

注目のテーマ