まとめ

「フォト」

「フォト」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2022 1/20 19:05
社会福岡

大寒に春の羽音 #この一枚

小雨が降る中、花の蜜を求めて飛び回るメジロ=20日午後0時半すぎ

 20日は一年で最も寒い時期とされる二十四節気の一つ「大寒」。福岡県宗像市の鎮国寺では、淡紅梅が五、六分咲きとなり境内に彩りを添えている。

2022 1/20 6:00
福岡

真冬のアイスチューリップ見頃 響灘緑地

鮮やかな花を色とりどりに咲かせたアイスチューリップ

 北九州市若松区の響灘緑地で、真冬に咲く「アイスチューリップ」が見頃を迎えている。南北の入場口と都市緑化センター前の3カ所に計約1260本を配置。

2022 1/19 6:02
福岡

壁や屋根に穴、傾く門柱…標高千メートル超の聖域ルポ 英彦山上宮

屋根に穴が開いた上宮拝殿内部

 気候変動による近年の激しい風雨により倒壊の恐れが出てきたことから、148年ぶりの大規模改修が決まった英彦山神宮(福岡県添田町)の上宮。昨夏、神宮関係者に同行し、英彦山中岳(1188メートル)山頂付近にある「聖域」を訪ねた。

2022 1/19 6:00
福岡

“掛け軸”は天守閣 #この一枚

「デジタル掛け軸」で幻想的に演出された小倉城

 プロジェクションマッピングの先駆けとなる「デジタル掛け軸」を考案した映像作家長谷川章さんの作品が17日夜、北九州市小倉北区の小倉城で披露された。次々と変わる模様が天守閣に投影され、城一帯は幽玄な雰囲気に包まれた。

2022 1/17 17:00
長崎社会

名物は特製ちゃんぽん。長崎・池島、閉山の島の「かあちゃんの店」

食堂のソファで一休みする脇山鈴子さん。旅行者らが書き残したメッセージやイラストが、壁一面を埋め尽くす

 九州最後の炭鉱があった長崎市の離島・池島。閉山から20年が過ぎ、ヤマゆかりの施設は潮風にさらされ腐食が進む。

2022 1/16 6:00
福岡

笑顔で春を #この一枚

櫛田神社の楼門前にお目見えした節分名物の「大お多福面」

 福岡市博多区上川端町の櫛田神社の楼門前に15日、節分名物の「大お多福面」がお目見えした。福を招くお多福の口をくぐると商売繁盛や家内安全の御利益があるとされ、笑顔の参拝客が次々と訪れた。

2022 1/15 6:00
福岡

直方でこども食堂開催、60人に食料品や衣類配布 市民団体や住民

堀江集会所で開かれた「こども食堂」

 【直方市】筑豊地区で子どもの貧困問題などに取り組むボランティア団体「遠賀川流域のこどもの福祉を考える研究会」(代表・大西良筑紫女学園大准教授)と福岡県直方市の住民らが昨年12月中旬、頓野にある堀江集会所で食料品などを無料で配る「こども食堂」を開きました。

2022 1/15 6:00
福岡

い~湯だな、カピバラうっとり 秋吉台サファリランドに「温泉」

露天風呂でくつろぐカピバラ

 厳しい冷え込みが続く中、山口県美祢市美東町の秋吉台サファリランドで、カピバラが露天風呂で気持ちよさそうに温まっている。愛らしい姿が人気を呼んでおり、毎日午前11時から午後4時半まで見学できる。

2022 1/12 6:00
社会

780年続くお礼参り #この一枚【動画】

神職の先導で筥崎宮境内を歩く承天寺の僧侶たち

 780年越しのお礼参り-。筥崎宮(福岡市東区)を承天寺(じょうてんじ)(同市博多区)の僧侶たちがお参りする「一山報賽(ほうさい)式」が11日あった。

2022 1/11 6:02
福岡

商店街の「看板娘」芸者姿で商売繁盛願う 小倉十日えびす祭り

旦過市場前では商店主らに商売繁盛の祈願を行った

 商売繁盛を願って、商店街の「看板娘」たちが芸者姿で街を練り歩く小倉十日えびす祭りの「宝恵(ほえ)かご道中」が10日、北九州市小倉北区の市街地であった。正月の恒例行事で、地元の商店街や百貨店でつくる小倉中央商業連合会が1948年から行っている。

2022 1/11 6:00
福岡

火災よけ願い奇祭豪快 大牟田で「臼かぶり」【動画】

勢い水を浴びながら、臼を後方に投げ飛ばす氏子=10日午後6時半すぎ、福岡県大牟田市(撮影・帖地洸平)

 水を張った木臼を持ち上げ、水をかぶりながら後ろに放り投げる奇祭「臼かぶり」が10日夜、福岡県大牟田市の三池本町祇園宮であった。昨年は新型コロナウイルスの感染拡大で中止されたため、2年ぶりの開催となった。

2022 1/11 6:00
長崎社会

海を渡った「かもめ」陸路そろり #この一枚【動画】

多くの鉄道ファンが見守る中、ゆっくりと移動する西九州新幹線「かもめ」(撮影・星野楽)

 秋に開業する西九州新幹線(武雄温泉-長崎)の新車両「かもめ」が10日未明、川棚港(長崎県川棚町)から大村車両基地(大村市)に運ばれた。 新車両は6両編成で、JR東海が開発した新幹線の最新型「N700S」。

2022 1/10 6:00
福岡

コロナ終息待ち焦がれる炎 #この一枚

「鬼の修正会」で、激しく燃える大たいまつに上る締め込み姿の氏子

 福岡県筑後市の熊野神社で8日夜、県指定無形民俗文化財「鬼の修正会(しゅじょうえ)」が開かれ、大たいまつが冬の夜空を焦がした。無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)を祈る火祭りで、500年以上続くとされる。

2022 1/9 6:00
福岡

下関駅前でLED10万個の光のアート

JR下関駅のエキマチ広場を彩る光のアート

 山口県下関市竹崎町のJR下関駅前の「エキマチ広場」で、約10万個の発光ダイオード(LED)で装飾された光のアートが、新春の夜を彩っている。23日まで午後5~10時に点灯される。

2022 1/9 6:00
福岡

甘い掘り出し物 #この一枚

乾燥して箱詰めされた「こうぶつヲカシ」。外側が固まりシャリッとした食感が楽しめる

 輝く透明な水晶、精巧に切り出されたルビー、グラデーションが美しいアメシスト…。思わず見とれる宝石の数々だが、実はこれ、全部食べられるお菓子なのだ。

2022 1/8 11:30
長崎

最後の巨大鬼火たき 「竹の調達難しく」71歳手製の鬼小屋はぜる

勢いよく燃え上がる久保川志丸さんの鬼小屋

 長崎県松浦市調川町の田んぼで7日、今年の無病息災を祈る新春行事「鬼火たき」があり、地元で建設業を営む久保川志丸さん(71)手製の巨大な鬼小屋が勢いよく燃え上がった。 久保川さんが1998年から毎年暮れにクレーン車を使い、切り出した竹を組んで造ってきた鬼小屋も今年で最後。

2022 1/8 11:30
佐賀

園児が七草がゆ作り 佐賀市

地元産の春の七草を使った七草がゆを作る北部保育園の園児たち

 七草がゆを食べる「人日の節句」の7日、北部保育園(佐賀市富士町大串)の園児たちが、地元で採れた「春の七草」でかゆ作りを楽しんだ。 節句料理の七草がゆは正月のごちそうで疲れた胃腸を休ませるとされ、新年の無病息災を祈って食べる。

2022 1/8 6:00
社会福岡

【動画】厄をよけ、福を招く炎 #この一枚

太宰府天満宮の鬼すべ堂で、大うちわを使って鬼をいぶし出そうとする氏子たち=7日午後9時17分、福岡県太宰府市(撮影・帖地洸平)

 福岡県太宰府市の太宰府天満宮で7日夜、平安時代に始まったとされる勇壮な火祭り神事「鬼すべ」があった。周辺6地区の氏子が、鬼係や鬼を追い払う「燻手(すべて)」、守る「鬼警固(けいご)」に分かれて攻防を繰り広げた。

2022 1/7 20:28
長崎経済

【動画】新幹線「かもめ」どんぶらこ 西九州ルート新車両を海上輸送

海上輸送される西九州新幹線の新車両「かもめ」=7日午後1時20分ごろ

 JR九州は7日、今秋開業する西九州新幹線(武雄温泉-長崎)の基地に向け、海上輸送中の新車両「かもめ」を見学してもらおうと、新型高速船「クイーンビートル」を使ったツアーを実施した。九州内外から約230人が参加し、新幹線が洋上を走る珍しい光景に目を輝かせた。

PR

開催中

2022酒器展

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月24日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR