ローマ教皇爆心地へ
まとめ

「ローマ教皇爆心地へ」

「ローマ教皇爆心地へ」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 11/25 6:00
長崎社会

ローマ教皇、長崎で核廃絶訴え 「核なき世界は実現可能」

「核兵器に関するメッセージ」を読み上げるローマ教皇フランシスコ=24日午前10時31分、長崎市の爆心地公園(代表撮影)

 ローマ・カトリック教会の頂点に立つ教皇(法王)フランシスコが24日、被爆地・長崎市を訪れた。教皇として初めて爆心地に立ったフランシスコは原爆落下中心地碑を背に演説し「核兵器のない世界は実現可能であり、必要不可欠であると確信している」と発言。

2019 11/25 6:00
長崎社会

被爆の記憶、世界へ 「人の過ち意識させる場所」

長崎原爆の爆心地を訪れ、落下中心地碑に献花するローマ教皇フランシスコ=24日午前、長崎市(C)CBCJ

 爆心地に花を手向け、あの日、原爆がさく裂した空を見上げた。ローマ・カトリック教会のトップとして38年ぶりに被爆地の長崎、広島を訪れた教皇フランシスコ。

2019 11/25 6:00
長崎社会

ローマ教皇「核は守ってくれない」 長崎爆心地から発信

ミサ会場に入るローマ教皇フランシスコ=24日午後1時26分、長崎市(撮影・三笘真理子)

 ローマ教皇(法王)フランシスコは24日に長崎の爆心地で発したメッセージで、安全保障を核兵器に頼ろうとする保有国や核の傘の下にいる国々に向けて、「核兵器は私たちを守ってくれない」と明確に宣言。核は人と人との関係をむしばみ、相互の対話を阻むと位置付けた。

2019 11/25 6:00
長崎社会

信教の自由、先人に誓う 二十六聖人殉教地訪問

信者の前であいさつするローマ教皇フランシスコ=24日午前11時ごろ、長崎市西坂町

 長崎市西坂町にあるカトリックの宣教師や信者が処刑された「日本二十六聖人殉教地」も訪れた教皇は、遠くの地で殉教した先人に祈りをささげ、信仰への強い思いを新たにした。 教皇は日本にキリスト教を伝えた宣教師ザビエルと同じイエズス会の出身。

2019 11/25 6:00
長崎社会

3万人祈り心一つ 信者らミサ「浦上、語り継ぐ地」

ミサの会場に入場するローマ教皇フランシスコ=24日午後1時30分、長崎市(撮影・三笘真理子)

 殉教と被爆。二つの辛苦の記憶が刻まれた長崎で、3万もの人々が心を一つに平和を願った。

2019 11/25 6:00
福岡

ローマ教皇に像献上 博多人形師の中村信喬さん

中村信喬さん(右)から渡された中浦ジュリアンの立像を見つめる教皇フランシスコ

 福岡市在住の博多人形師中村信喬さん(62)が24日、長崎市西坂町の日本二十六聖人記念碑前で、教皇フランシスコに天正遣欧少年使節の一人、中浦ジュリアン(1568~1633)の立像を献上した。 中浦ジュリアンは長崎県西海市出身で、帰国後司祭となり博多や長崎で宣教師として活動していたが、江戸幕府のキリシタン禁教令で地下に潜伏、九州各地を回った。

2019 11/25 6:00
長崎

ローマ教皇が長崎訪問 市民ら旗振り、姿に感激

演説を終え、爆心地公園を後にするローマ教皇フランシスコ(撮影・三笘真理子)

 ローマ教皇(法王)フランシスコが24日、長崎市を訪れた。爆心地公園、日本二十六聖人殉教地、県営野球場…。

2019 11/24 6:00
長崎

島の館でオラショ公演 平戸 ローマ教皇 長崎訪問記念

守り続けてきたオラショを唱える壱部地区の信者たち

 ローマ教皇の長崎訪問を記念し、平戸市の生月町博物館・島の館で23日、生月町壱部地区のかくれキリシタン信者によるオラショの公演があった。 オラショは禁教期から口伝のみで伝承された祈りの言葉。

2019 11/23 6:00
長崎社会

「核二度と」長崎から発信 教皇 24日殉教地で祈り

 ローマ教皇(法王)フランシスコが24日、長崎を訪れる。世界最小の国、バチカン市国元首の顔も併せ持つ教皇。

2019 11/22 6:00
長崎社会

核廃絶へ法王に被爆瓦託す 爆心地で発掘、竹下さん 世界に発信期待

被爆瓦(右)と熱で溶けた瓶を手に、「爆心地で何があったのか、感じてほしい」と話す竹下芙美さん

 ローマ法王フランシスコが核廃絶のメッセージを発する爆心地(長崎市松山町)で、23年前に犠牲者の遺骨とともに見つかった「被爆瓦」が法王に届けられる。あの日、すべてが焼き尽くされたこの場所で骨や瓦を発見し、掘り起こした被爆者の竹下芙美さん(78)が教会関係者に託す。

2019 11/21 6:00
長崎社会

期待と緊張 沸く長崎 ホテル満室、離島船増便 ローマ法王 爆心地へ

幹線道路の電光掲示板には「ローマ法王来県」の文字。長崎県警は混雑緩和のため公共交通機関の利用を呼び掛ける=19日、長崎市

 ローマ法王フランシスコが長崎市を訪れる24日、カトリック信者13億人の頂点に立つ法王を一目見ようと、全国から信者や観光客が長崎に集まる。ホテルは軒並み満室で、交通機関の予約は平年の7割増。

PR

PR

注目のテーマ