論壇時評
連載

「論壇時評」

「論壇時評」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 10/1 3:00
文化

安倍長期政権の終焉 永遠に「道半ば」の幻想 菅内閣は何を継承するか

 安倍内閣は長期政権だったにもかかわらず、看板に掲げた政策が実現しないまま終わった。 アベノミクスは当初、「トリクルダウン」という理論を掲げた。

2020 9/1 3:00
文化

「自粛警察」 自分の中にある全体主義的心性に繊細になろう

 コロナ禍以降、従来の右派/左派というイデオロギーでは理解しきれない現象が続いている。普段は国家権力の強制に懐疑的な左派が、緊急事態宣言やロックダウンを求め、政府の生ぬるい施策を批判する。

2020 8/1 3:00
文化

トリアージ論の危うさ 行き過ぎた「自己責任社会」

 コロナ禍で医療崩壊を起こしたイタリア、スペイン、アメリカなどで、「トリアージ」という言葉が盛んに語られた。集中治療室や人工呼吸器の総量が限定される中、すべての患者を救うことが出来ない場合、「命の選別」をどう考えるのかが問題になったのである。

2020 7/1 3:00
文化

隣人優先説いたガンディー ポストコロナとインド独立の父

 インド独立の父として知られるマハトマ・ガンディーは、鉄道の存在を批判した。彼は著書『真の独立への道-ヒンド・スワラージ』(岩波文庫)の中で、「鉄道で邪悪が広がります」と言っている。

2020 6/1 3:00
文化

環境破壊が引っ張り出したウイルス 資本主義は収奪からケアと再生産へ

 そろそろ本格的に、コロナ後の世界ヴィジョンを構想しなければならない。単に元の状態に戻るのでは意味がない。

2020 5/1 3:00
文化

コロナ危機と例外状態 熱狂時ほど注意必要

 1989年、東ヨーロッパで革命の連鎖が起きると、その波がルーマニアにも押し寄せた。独裁的なチャウシェスクが民主化勢力を弾圧すると、国軍が政権に反旗を翻し、武装衝突が起きた。

2020 4/1 3:00
文化

首相会見とメディアのあり方 SNSで「共犯関係」に変化 価値ある報道 読者の支えを

 新型コロナウイルスの拡大防止策について、2月29日に安倍首相が記者会見を行った。首相はプロンプターに映された原稿を読み上げるだけ。

2020 3/1 3:00
文化

「風邪なら休む、あなたも」社会の許容重要 新型コロナウイルス対応

 2016年秋、エスエス製薬の風邪薬「エスタックイブファインEX」のCMが問題になった。ここで使われたキャッチコピーは「風邪でも、絶対に休めないあなたへ」。

2020 2/1 3:00
文化

「AI美空ひばり」 死者を操作、改変 利用する危うさ

 昨年末に放送された「NHK紅白歌合戦」で、1989年に死去した美空ひばりの「新曲」が披露された。これはヤマハの専門スタッフがAI(人工知能)の技術によって美空ひばりの歌声を復活させ、秋元康が作詞を担当することで実現した。

2020 1/1 3:00
文化

故中村哲さんと奈良時代の僧行基

 今月4日、ペシャワール会現地代表で医師の中村哲(てつ)が凶弾に倒れた。中村は、アフガニスタンで長年医療活動に従事し、近年は用水路を建設する事業に携わっていた。

2019 12/1 3:00
文化

身の丈発言と教育の新自由主義化

 萩生田光一文部科学大臣の「身の丈」発言に批判が湧きあがり、大学入試への英語民間試験の導入が延期された。 民間試験が導入されれば、都市部に住む裕福な家庭に、チャンスが多く与えられる。

2019 11/1 3:00
文化

消費税廃止論と財源論 重要なのは格差是正 野党は対抗する展望を自公政権に示せるか

 BS・TBSの番組「報道1930」。9月30日の生放送で、山本太郎(れいわ新選組代表)と原真人(朝日新聞編集委員)が討論を行った。

PR

PR

注目のテーマ