教育現場の「?」
連載

「教育現場の「?」」

受験、通知表、部活、不登校…。教育現場のいろんな「なぜ」から見える学びの本質。楽しく、充実した学校生活のヒントも浮かんできます。

2022 5/15 11:30
教育

ネット検索は数学理論 デジタル時代に人材育成強化 九大に新学府

「数学は自由」と話す佐伯修教授

 数学を勉強しても、自分の将来には役立たない。そう思ったことがある人は少なくないだろう。

2022 5/1 11:30
教育

漫画に救われ、本格デビュー目指す19歳 悩みの先に達した自由な筆致

これまでに創作した漫画を手にし、笑顔を見せる藤永カノンさん

 インクに浸したペン先を白い紙に走らせる。浮かび上がったのは空想上の人物や建物。

2022 4/24 15:00
教育

「良い先生とは」問い続けて 新人教師向けの"教科書"を書いた先生

教室で生徒に話をする前川智美さん

 東京都内の公立中で国語教員をしている前川智美さん(33)が著書「中学教師1年目の教科書」を4月に出版した。盛り込んだのは、11年間の教員生活で培った心構えやノウハウ。

2022 4/17 12:30
教育

変わるPTA 上部団体を脱退 外部委託導入も 北九州市・折尾西小

 保護者が意義を感じ、参加しやすい活動へ-。そんな改革を進めるPTAの一つが、北九州市立折尾西小にある。

2022 4/10 15:00
教育

PTAへ個人情報提供は当然か? トラブルの例も 北九州市は「原則禁止」に

個人情報の取り扱いに関し、各地の学校が保護者に配布した文書。学校とPTAの活動を一緒にして同意を求めたり、不同意の場合は連絡を求めたりする内容になっている

 保護者全員が加入し、役割分担してきたPTAの運営方法が大きく変わろうとしている。きっかけの一つが、保護者や児童生徒の個人情報の取り扱いを巡るトラブル。

2022 3/20 17:30
教育

社会課題考え、生き抜く力育む それが探究学習 「森の中で裸に」!?

「森の中で裸になる」というアイデアでグランプリに輝いた聖心学園中等教育学校のチーム(クエストカップ2022全国大会の動画から)

 社会と関わりながら課題を見つけ、解決策まで考える探究学習。子どもたちが将来を生き抜く力を育もうと、多くの学校が取り入れている。

2022 3/13 15:00
教育

高校での進路支援どうあるべき? キャリアコンサルタント「教員業務と両立は無理」

高校生と企業との接点をつくるため、就職支援企業「ジンジブ」が昨年夏に開いた合同企業説明会=福岡市

 高校生の希望に沿った進路指導が行われていない問題について報じた「学びのエンジン番外編」(2月20日付)に対し、複数の読者から感想が寄せられた。就職や能力開発を支援するキャリアコンサルタントからは「キャリア支援は専門職。

2022 3/6 12:34
教育

時代へ対応「リカレント教育」 社会人「100万人」計画 両立に課題 

事業構想大学院大の福岡校で学ぶ倉橋篤さん

 社会人が仕事に生かすための知識やスキルを学ぶ「リカレント教育」。新型コロナウイルスの感染拡大や自然災害、技術革新など先々の見通しが立ちにくい現代社会では、その意義が一層重視されている。

2022 2/27 12:00
教育

コロナで戦えず引退 「負けた訳じゃない」バネに、プロレスに挑戦 

九州プロレスの練習生を11カ月続け、28日に入門テストを受ける中野蒼天さん

 数ある選択肢の中から、どうやって一つの「やりたいこと」を見つけ出すのか。壁にぶつかったときに乗り越える原動力(エンジン)は何か-。

2022 2/20 14:00
教育

個人の進路に沿わない進学校 共通テスト受験が前提 生徒「もういいや」

教え子の一人から佐々木大さんに届いたメッセージ。高校時代の教員の対応や大学生活について触れている

 高校に入る前の段階で「やりたいこと」が見つかっている子はどれだけいるだろう。入学後に見つけたとしても、それを許さない周りの環境がある-。

2022 2/13 15:00
教育

個人練習は1日10時間超 大学休学、eスポーツのプロでやっていく覚悟

ゲーム「リーグ・オブ・レジェンド:ワイルドリフト」のプレイ画面の前で笑顔を見せるmochiさん=福岡市

 使うのは1台のスマートフォン。eスポーツのプロ選手mochi(もち)さん(20)=福岡市=はゲームのアプリを起動した。

2022 1/16 15:00
教育

1点に泣いた入試 苦い経験を糧に進む高2「やった分だけ成果出る」

福岡市中央区の河合塾の自習室でノートを広げる小川成さん

 「充実した1年になりますように」。福岡市の福岡大大濠高2年小川成(じょう)さん(17)は元日、自宅近くの神社でこう祈願した。

2022 1/9 17:30
教育

CMキャラ、デザインの16歳 「行き当たりばったりが楽しい」 

長崎市浜町のアーケードに設置されたストリートピアノを弾く橋本穰さん

 車窓を流れる風景の中に自動車部品などを組み合わせたキャラクターが次々と登場する。そんなテレビCMが昨年11月から長崎県内で流れている。

2021 12/28 6:00
社会教育

髪形の写真撮り教員4人でチェック…校則指導の膨大な時間を見直した現場では

イメージ

 校則に対する教員の本音や見直しを行った学校の取り組みを紹介する「校則改革」が今月出版された。著者の1人で兵庫県明石市立朝霧中の河崎仁志教諭(48)は「校則を見直したことで生徒、保護者、教員の3者の学校生活に対する満足度が上がった」と話す。

2021 12/28 6:00
社会教育

前髪、ツーブロック…何のための校則?ワードクラウドで浮かぶ「?」

ワードクラウドの手法で分析した福岡市立中学校の髪形に関する校則。多く使われている言葉ほど大きく表示される

 西日本新聞は、福岡市教育委員会が開示した資料約220枚を基に「福岡市立中学校校則データベース」を作成した。髪形規定の傾向について、多く使われた特徴的な言葉を大きく表示する「ワードクラウド」という手法で分析。

2021 12/28 6:00
福岡教育

「下着は白」削除「多様な性」尊重…見直される校則 meで校則データベース公開

西日本新聞meで教育取材班が公開した福岡市立中学校校則データベース

 校則の不合理な規定について、九州の7県、県庁所在5市、3政令市の全てが通知やガイドラインにより見直しを進めていることが西日本新聞の取材で分かった。熊本市は学校管理運営規則で、市立小中高の校則制定・変更に児童生徒の参画を義務化。

2021 12/28 6:00
教育

福岡市立中学・校則データベース

教育現場の「?」

 西日本新聞教育取材班は、福岡市の市立中学の全69校の服装や頭髪に関する校則を一覧できる「福岡市立中学校校則データベース」を公開しました。福岡市教育委員会に情報公開請求し、開示された資料を基にまとめています。

2021 12/12 6:00
教育

女子高生がスラックスで登校したわけ

スラックスの制服姿で教員と話をする藤岡依弥さん(左)=鹿児島県指宿市の指宿高

 鹿児島立指宿高3年の藤岡依弥(えみ)さん(18)は昨年1月、初めて制服のスラックスをはいて登校した。どきどきしたけど、友人も教員も「かっこいいね」「似合っている」とうれしい言葉を掛けてくれた。

2021 12/5 17:30
教育

高校2年、広がり続ける海外への関心 「英語使い、将来は世界へ」

国内外で活躍する人にインタビューした特集記事を掲載した嘉穂高校新聞を手にする松岡明希さん

 福岡県立嘉穂高2年の松岡明希(はるき)さん(16)は自宅の部屋でパソコンに向かっていた。ビデオ会議システムを使った講義に日替わりで登場するのは、官僚や国内外の大学、グローバル企業で働く人たち。

2021 11/21 13:00
教育

政治に温暖化対応訴える 「続ければ社会変わる」 鹿大中村さん

脱炭素社会へ転換する必要性を会員制交流サイト(SNS)などで発信している鹿児島大2年の中村涼夏さん=鹿児島市

 衆院選の投開票日が迫っていた10月下旬。鹿児島大2年の中村涼夏(すずか)さん(20)は、鹿児島市内の大型商業施設前にいた。

PR

PR