まとめ

「藤井聡太」

「藤井聡太」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2020 9/14 19:05
社会文化

王位戦「封じ手」オークション驚きの高値 初日から1000万円に

1千万円に達する高値が付いている第61期王位戦7番勝負の「封じ手」3点

 将棋の藤井聡太二冠が王位を奪取した第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)の「封じ手」3点を日本将棋連盟が14日、オークションサイトに出品したところ、初日から1千万円超の高値が付いた。収益は西日本新聞民生事業団を通じ、7月の九州豪雨被災地への救援金に充てる予定。

2020 9/12 6:04
福岡社会文化

王位戦封じ手オークション 藤井二冠「8七同飛成」など 九州豪雨支援

王位戦第4局で藤井聡太棋聖(当時)が勝負を懸けた封じ手「8七同飛成」が書かれた用紙(撮影・穴井友梨)

 将棋の藤井聡太二冠(18)が王位を奪取した第61期王位戦7番勝負(西日本新聞社主催)で、日本将棋連盟は11日、木村一基前王位(47)と藤井二冠が記した第2~4局の「封じ手」用紙計3通をオークションサイト「ヤフオク!」に出品すると発表した。入札は14日正午に開始し、20日午後9時に締め切る。

2020 8/21 10:56
社会文化

「感慨深い」藤井聡太二冠、一夜明けで会見 今後へ新たな決意

王位奪取から一夜明け、色紙を手に記念撮影に応じる藤井聡太新王位=21日午前8時48分、福岡市内のホテル(撮影・宮下雅太郎)

 19、20日に福岡市で行われた将棋の第61期王位戦7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)で勝利し、史上最年少で二冠を獲得した藤井聡太新王位(18)が21日、対局から一夜明けて福岡市内のホテルで取材に応じた。 前夜、家族や師匠の杉本昌隆八段に電話で結果を報告したという。

2020 8/21 8:54
社会文化

「4連勝は望外。課題も見えた」藤井新王位 強さ底なし、二冠は通過点か

木村一基前王位(右)を破り、感想戦で対局を振り返る藤井聡太新王位=20日午後5時23分、福岡市中央区の大濠公園能楽堂(撮影・穴井友梨)

 第61期王位戦7番勝負第4局で、藤井聡太新王位(18)は、「封じ手」からの再開直後に木村一基前王位(47)に攻勢をかけ、圧倒的な強さを見せた。最年少での二冠獲得と八段昇段にも、いつものように喜びは控えめだった。

2020 8/21 6:04
文化福岡社会

「藤井君と同じデザート食べたい」 偉業達成に福岡のファン熱狂

大濠公園能楽堂で、藤井聡太新王位(手前中央)に声を掛け、一斉にスマートフォンのカメラなどを向けるファン=20日午後5時47分、福岡市中央区(撮影・帖地洸平)

 藤井聡太棋聖(18)が最年少で二冠と八段昇段を達成した20日。会場となった大濠公園能楽堂(福岡市中央区)に集ったファンや将棋教室に通う子どもたちからは快挙をたたえる声が上がり、「勝負おやつ」や昼食を提供したホテルには問い合わせが相次いだ。

2020 8/21 6:00
文化社会

【動画あり】「中年の星」はくじけない 木村前王位「また一から」

対局終了後、天を仰ぐ木村一基前王位=20日午後5時15分、福岡市中央区の大濠公園能楽堂(撮影・宮下雅太郎)

 昨年46歳3カ月の最年長記録で悲願の初タイトルを手にし、「中年の星」と喝采を浴びた木村一基前王位(47)が弱冠18歳の新鋭に初防衛を阻まれた。 開幕から3連敗し、かど番で挑んだ第61期王位戦7番勝負の第4局。

2020 8/21 6:00
福岡文化

オヤジギャグ交えて王位戦分析 豊川七段がオンラインで大盤解説

オンラインの大盤解説に臨む(左から)水町みゆ女流初段、武富礼衣女流初段、豊川孝弘七段(撮影・宮下雅太郎)

 福岡市中央区の大濠公園能楽堂で指し継がれた将棋の第61期王位戦第4局の大盤解説が20日、対局場近くの会場からネット中継された。新型コロナウイルスの影響で無観客開催となり、豊川孝弘七段(53)=同市=が解説を、武富礼衣女流初段(21)が聞き手を務めた。

2020 8/21 6:00
文化社会

藤井二冠、「天下統一」なるか 将棋界は新たな戦国時代に

記者会見で笑顔を見せる藤井聡太新王位=20日午後6時59分、福岡市内のホテル(撮影・佐藤雄太朗)

 第61期王位戦7番勝負で4連勝し、最年少二冠となった藤井聡太新王位(18)。最年少の14歳2カ月でプロ入りしてから、歴代1位の29連勝をはじめ数々の記録を打ち立ててきた。

2020 8/21 6:00
文化社会

「めんたいこ食べたいですね」 鉄道も好きな藤井新王位の素顔は

報道陣の質問に答える藤井聡太新王位=20日午後6時49分、福岡市内のホテル(撮影・佐藤雄太朗)

 19、20日に福岡市であった第61期王位戦7番勝負第4局で、藤井聡太新王位(18)は木村一基前王位(47)をストレートで破ってタイトルを奪取した。棋聖に続く二冠と八段昇段は史上最年少。

2020 8/20 21:30
文化

【動画あり】藤井新王位に聞く 思い出の場面は?今後の目標は? 記者会見の詳報

最年少で二冠を達成し、色紙を手に笑顔の藤井聡太新王位=福岡市内のホテル

 将棋の第61期王位戦7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)は20日、福岡市の大濠公園能楽堂で行われ、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)を破って、4連勝で新王位に就いた。史上最年少でタイトル二冠と八段昇段を達成した新王位は、対局後に同市のホテルで記者会見し喜びを語った。

2020 8/20 20:18
文化社会

【動画あり】藤井棋聖が4連勝で新王位 18歳1カ月で最年少二冠&八段

「二冠」と書かれた色紙を手に、笑顔を見せる藤井聡太新王位=20日午後6時34分、福岡市内のホテル(撮影・佐藤雄太朗)

 将棋の第61期王位戦7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)が20日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で指し継がれ、午後4時59分、挑戦者の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)を80手で破り、4連勝で初の王位を獲得した。 藤井新王位は18歳1カ月で棋聖と合わせて二冠となり、羽生善治九段(49)が打ち立てた21歳11カ月の最年少二冠の記録を28年ぶりに更新した。

2020 8/20 17:13
福岡速報文化社会

【号外】藤井棋聖が最年少「二冠」「八段」 18歳1カ月、木村王位に4連勝

【号外】藤井聡太が新王位 最年少二冠

 将棋の第61期王位戦7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)が20日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で指し継がれ、挑戦者の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)を破り、4連勝で初の王位を獲得した。 藤井新王位は18歳1カ月で棋聖と併せて二冠となり、羽生善治九段(49)が打ち立てた21歳11カ月の最年少二冠の記録を28年ぶりに更新した。

2020 8/20 17:02
福岡速報文化社会

【速報】藤井棋聖が最年少「二冠」「八段」 18歳1カ月、木村王位に4連勝

藤井聡太新王位

 将棋の第61期王位戦7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)が20日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で指し継がれ、挑戦者の藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)を破り、4連勝で初の王位を獲得した。 藤井新王位は18歳1カ月で棋聖と併せて二冠となり、羽生善治九段(49)が打ち立てた21歳11カ月の最年少二冠の記録を28年ぶりに更新した。

2020 8/20 11:41
文化

【動画あり】王位戦「封じ手」ってどんなもの? 藤井棋聖の直筆公開

王位戦第4局の2日目、駒を並べる藤井聡太棋聖=20日午前8時55分、福岡市中央区の大濠公園能楽堂(撮影・穴井友梨)

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑んでいる第61期王位戦の7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)は20日午前9時、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で再開した。 両者は前日の対局を初手から再現した。

2020 8/20 11:05
文化

【動画あり】一歩も譲らず午前終了 王位戦第4局2日目

王位戦第4局で立会人の中田功八段(左)が読み上げた封じ手を指す藤井聡太棋聖(中央)。右は木村一基王位=20日午前9時2分、福岡市中央区の大濠公園能楽堂(撮影・穴井友梨)

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑戦している第61期王位戦7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)は20日午前9時、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で再開し、指し継がれた。 両対局者が前日の指し手を再現した後、立会人の中田功八段(53)が封じ手を開封。

2020 8/20 6:00
文化

能舞台での大一番 静かで激しい戦い 王位戦第4局初日

立会人の中田功八段(右)に封じ手を手渡す藤井聡太棋聖(左)。奥は木村一基王位=19日午後6時28分、福岡市中央区の大濠公園能楽堂(撮影・穴井友梨)

 19日、福岡市中央区の「大濠公園能楽堂」で始まった第61期王位戦7番勝負の第4局。かど番の木村一基王位に対し、タイトルに王手をかけた藤井聡太棋聖が緊迫した攻防を繰り広げ、大一番の対局場となった能舞台は、終始緊張感に包まれた。

2020 8/19 20:07
文化文化

王位戦第4局初日終わる 相掛かりの戦型に

能舞台で行われた王位戦第4局。藤井聡太棋聖(中央)が立会人の中田功八段(後ろ姿)に封じ手を渡した=19日午後6時28分、福岡市中央区の大濠公園能楽堂(撮影・宮下雅太郎)

 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑む第61期王位戦の7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)が19日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で始まり、午後6時19分、後手番の藤井が42手目を封じて初日を終えた。 藤井の3連勝で迎えた大一番。

2020 8/19 19:07
文化

将棋の藤井棋聖、二冠に挑む

 第61期王位戦7番勝負第4局1日目を終え、封じ手を立会人(右)に手渡す藤井聡太棋聖。中央は木村一基王位=19日午後、福岡市(日本将棋連盟提供)

 将棋の最年少タイトル保持者、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑む第61期王位戦7番勝負第4局は19日、福岡市で行われ、後手の藤井棋聖が42手目を封じて1日目を終えた。ここまで3連勝の高校生プロは、棋聖戦に続き二冠獲得を狙う。

2020 8/19 15:05
文化

【動画あり】偶然の一致?王位戦「勝負メシ」 スイーツ好きの一面も

王位戦第4局で、対局前に駒を並べる木村一基王位(右)=19日午前8時54分、福岡市中央区の大濠公園能楽堂(撮影・穴井友梨)

 将棋の木村一基王位(47)に、藤井聡太棋聖(18)が挑む王位戦7番勝負第4局(西日本新聞社主催、伊藤園、JR九州、QTnet、王子製紙協賛)は19日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で始まった。対局とともに注目されるのが“勝負メシ”。

2020 8/19 14:04
文化

藤井棋聖、最年少八段に王手 達成年齢を加藤一二三・九段と比べると

加藤九段と藤井棋聖の昇段記録

 現在、最年少八段の記録を持っているのは、福岡県嘉麻市出身の加藤一二三・九段(80)。藤井聡太棋聖の出現までは、加藤九段がさまざまな最年少記録を保持していたが、次々と塗り替えられている。

PR

PR

注目のテーマ