まとめ

「石破茂」 (22ページ目)

「石破茂」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2018 1/25 19:52
政治

自民・石破派、政策論議を本に 総裁選にらみ対抗軸狙う

 記者会見で書籍出版を発表する自民党の石破元幹事長=25日午後、東京・永田町

 自民党の石破茂元幹事長が率いる派閥「水月会」は、政策課題に関する派内の議論をまとめた書籍「石破茂と水月会の日本創生」(新講社)を30日に出版する。憲法9条改正を巡る安倍晋三首相の提案を疑問視する内容を盛り込んだ。

2018 1/1 12:22
政治

石破氏、総裁選出馬に強い意欲 「期待に背かない」

 鳥取市内で記者団の取材に応じる自民党の石破元幹事長=1日未明

 自民党の石破茂元幹事長は1日未明、今秋の党総裁選出馬に向けて改めて強い意欲を示した。「期待に背かない自分でありたい。

2017 10/17 8:30
政治

衆院選「看板弁士」追い込み全力 民進分裂、ベテランに余波

 衆院選に候補者を立てた各党は、党首や幹部のほか知名度のある「看板弁士」が全国を駆け巡り、追い込みに全力を挙げる。ベテランでは自民党の石破茂元幹事長、民進党の前原誠司代表らが代表格だが、民進の公認候補擁立見送り、党分裂の余波を受け、自身の立場に複雑な思いものぞく。

2017 10/13 6:00
政治

北九州市に党幹部ら続々 三つどもえの激戦反映

 22日投開票の衆院選で、各党の幹部が福岡9、10区に続々と応援に駆け付けている。両区とも自民党、希望の党、共産党の候補による三つどもえの構図。

2017 10/6 22:39
政治

石破氏「希望と連携必要」 安保など重要政策巡り

 自民党の石破茂元幹事長は6日のTBS番組で、小池百合子東京都知事が率いる希望の党と衆院選後に安全保障分野などの重要政策で協力を探るべきだと指摘した。「一つでも多くの党と国家のために話し合い、連携することは必要だ」と述べた。

2017 9/30 23:50
政治

石破氏、希望「保守の選択肢に」 小池氏にエール

 自民党の石破茂元幹事長

 自民党の石破茂元幹事長は30日、小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」について「政権交代可能な政党があることは望ましい。できれば希望が自民党に代わり得る保守の選択肢になれば」と述べた。

2017 9/21 14:21
政治

石破氏、解散理由の明示要求 安倍首相に

 自民党の石破茂元幹事長は21日の自身の派閥会合で、安倍晋三首相に対し、衆院解散・総選挙の理由を国民に明示するよう求めた。「国民に何のための解散か、何を問うのか、明確にする必要がある」と述べた。

2016 7/12 13:02
政治

石破氏、改憲は慎重議論が必要 3分の2確保で

 与党が勝利した参院選結果を受け、12日の閣議後の記者会見で各閣僚から発言が相次いだ。憲法改正に賛同する改憲勢力が参院の「3分の2」超の議席を確保したことについて、石破茂地方創生担当相は慎重な議論が必要だとの認識を示した。

2016 7/10 0:44
政治

激戦区3陣営最後の訴え 10日審判 都市部中心に遊説

選挙戦の最終日、有権者に支持を訴える大分選挙区の候補者

 参院選は10日、投開票される。大分選挙区(改選数1)に立候補しているのは政治団体「幸福実現党」新人の上田敦子氏(49)、自民党新人の古庄玄知氏(58)=公明党推薦=、民進党現職の足立信也氏(59)の3人。

2016 6/5 0:16
政治

連載「決戦さが」(上) 与党 知事選のしこり解消図る

JAからつ合併10周年の祝賀会であいさつして回る福岡資麿氏(中央)=5月21日、唐津市

 「佐賀を良くしていくと考えたとき、農業抜きでは考えられない。どうしていくべきか、ご指導をいただきながら頑張っていきたい」 唐津市内で5月21日にあったJAからつ合併10周年の祝賀会。

2016 4/21 13:57
気象

石破氏「防災省」設置検討を 災害対応に専従

 石破茂地方創生担当相は21日、自身の派閥会合で、熊本、大分両県を中心とする地震を踏まえ、災害対応に専従で当たる「防災省」の設置を検討する必要があるとの考えを示した。「危機管理とは、常に最悪の事態を想定しなければならない。

2015 9/1 12:23
気象

42道府県が移転提案 69の政府機関

 石破茂地方創生担当相は1日の記者会見で、中央省庁や国の研究機関などの地方移転に関し、42道府県から計69機関の誘致の提案があったと発表した。共同通信の集計では、北海道が観光庁、長野が特許庁、三重県が気象庁、京都府が文化庁などの移転を求めている。

2014 3/26 13:44
くらし

TPP交渉の行方は 東大・鈴木宣弘教授に聞く 米の強硬策で難航 日本さらなる譲歩の恐れも

東京大学大学院鈴木宣弘教授

 2月の閣僚会合の合意に失敗した環太平洋連携協定(TPP)交渉。太平洋沿いに位置する12カ国で、食と農水産業をはじめ、幅広い分野の物品・サービス貿易に関わるルールを大きく変えようという試みだが、一部には、11月の米国の中間選挙が終わるまで交渉は進まず、その後「漂流」するといった見方もある。

PR

開催中

初めての俳句教室

  • 10月7日(木)、11月4日(木)、12月2日(木)
  • 耳納市民センター多目的棟

PR