時代ななめ読み
連載

「時代ななめ読み」

西日本新聞論説委員の永田健が執筆するコラムを掲載します。

2019 8/18 10:30
社説・コラム

あのエース、今は審判に

 夏の高校野球大会も熱戦たけなわである。 私も36年前、甲子園で取材したことがある。

2019 8/11 11:00
社説・コラム

少女像の前に立って

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・その後」が開幕3日で中止に追い込まれた。1週間たった今も、波紋や論争が続いている。

2019 8/4 11:00
社説・コラム

カレンダーにも意味がある

 「カレンダージャーナリズム」という言葉がある。毎年、何か過去に大きな出来事が起きた日の前後に、関連するニュースが増加することを指す。

2019 7/28 11:00
社説・コラム

後ろめたさを大切にして

 テレビや新聞で沖縄の米軍基地問題に関するニュースに触れる。市街地の真ん中に居座る普天間飛行場。

2019 7/21 11:00
社説・コラム

日本が「中国化」している

 2019年7月15日。私はこの日を「日本が中国化した日」として記憶することになるかもしれない。

2019 7/14 10:33
社説・コラム

政と官とハンセン病と

 新聞記者にとって「誤報」という2文字ほどいやな単語はない。自分がやらかせばもちろん最悪だが、他社がやった誤報についてもひとごととは思えず、「自分だったら…」と考え込んでしまうほどである。

2019 7/7 11:00
社説・コラム

私が投票しない政党

 参院選が始まって、世間も騒がしくなった。掲示板のポスターのわざとらしい笑顔が、この時季の暑苦しさに拍車を掛ける。

2019 6/30 11:00
社説・コラム

東南アジアを甘く見るなよ

 タイのリゾート地パタヤを拠点に、ニセ電話による特殊詐欺を行っていた日本人グループが現地の警察に不法就労容疑で摘発され、その後日本に移送されて警視庁に逮捕された。 容疑者らは一軒家を借り上げた「コールセンター」で、日本国内へニセ電話をかける「かけ子」として使われていたようだ。

2019 6/23 10:55
社説・コラム

「私が見たマイケル」

 「キング・オブ・ポップ」ことマイケル・ジャクソンさんが2009年6月25日に50歳で急死して、まもなく10年となる。 マイケルといえば連想するのは、やはり「スリラー」のゾンビダンスや「ビリー・ジーン」のムーンウオークなど、神業的なダンス・パフォーマンスだろう。

2019 6/16 10:55
社説・コラム

私はコメンテーター失格

 川崎市の児童殺傷事件を受けて、テレビのワイドショーなどでタレントやコメンテーターたちが発した言葉が物議を醸している。 フジテレビの番組ではお笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志氏が事件に関し「人間が生まれてくる中でどうしても不良品というのは何万個に1個、絶対にこれはしょうがないと思う。

2019 6/9 10:30
社説・コラム

RKB神戸君の仕事

 3年前の7月、相模原市の知的障害者施設に元職員が侵入し、入所者19人を刺殺する事件があった。 逮捕、起訴された植松聖(さとし)被告(29)は犯行前、「障害者は安楽死させた方がいい」などと主張していた。

2019 6/2 10:47
社説・コラム

この私が「人望」を考える

 私はいろんなことに自信のない人間だが、とりわけ「人望」に関してはからきし自信がない。むしろ「人望がない」ことに自信がある、と言えるほどである。

2019 5/26 10:52
社説・コラム

ただ1人の反対者

 前回のこのコラムで、日本維新の会に所属していた丸山穂高衆院議員が、北方領土の元島民に「戦争で取り返す」ことをけしかけるような発言をした件を取り上げた。戦争の惨禍の実感も知識もない若い議員が、軽々しく戦争を扱う不見識にはあきれるばかりだ。

2019 5/19 18:13
連載

誰が本当の「平和ぼけ」か

 「これだから『昭和を遠く』しちゃいかんのだよなあ…」。テレビのニュースを見ながら、私はしみじみ思った。

2019 5/12 11:07
社説・コラム

カーペンターズに負けた日

 「イエスタデイ・ワンス・モア」「シング」-1970年代に数々のヒットを飛ばした米国のグループ、カーペンターズがデビューして今年で50年となる。 今も聴き継がれるスタンダード・ナンバーの多さではポップス史上でも屈指の存在なのだが、例えば7年前にデビュー50年のさまざまな記念イベントが組まれたビートルズに比べれば、影の薄さは否めない。

2019 5/5 12:49
社説・コラム

「昭和を遠く」するなかれ

 平成から令和へと元号が変わり、世の中は何とはなしに浮かれている。 それに水を差したいわけではないが、少し気になっていることがある。

2019 4/28 10:30
社説・コラム

「空気読まない」この1年

 早いもので、昨年4月にこのコラムが始まって1年がたった。 連載第1回で私は「空気を読まない宣言」をした。

2019 4/21 10:54
社説・コラム

パンクの国でもあるわけで

 欧州連合(EU)離脱問題を巡る英国の迷走ぶりは、日本人がこれまで英国に抱いていたイメージを大きく狂わせている。 英国が国民投票でEU離脱を決めたのが3年前。

2019 4/14 10:52
社説・コラム

「不人気投票」だった知事選

 「人気投票」という言葉はあるが、「不人気投票」とは聞いたことがない。 しかし、今回の福岡県知事選は、一人の政治家がどれほど不人気かを測る「不人気投票」の様相を呈していたのではないか。

2019 4/7 11:07
社説・コラム

貫く棒の如きもの

 平成という元号でくくられた時代が間もなく終わり、来月から新たな元号を冠した時代が始まる。 時間の流れには途切れがないが、それに区切りを付け、意味を持たせたがるのは人間の性(さが)だ。

PR

PR

注目のテーマ