コーナー

「衆院選・九州」

「衆院選・九州」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2019 5/11 6:00
大分政治

穴見氏突然の表明 自民困惑 衆院議員引退へ 激戦1区後任選び活発化

初当選を決めた際、両手を挙げて支持者の祝福に応える穴見陽一氏=2012年12月

 自民党の穴見陽一衆院議員(49)=大分1区=が10日、次期衆院選への不出馬を表明したことにより、自民県連は後任選びに入る。「非自民の牙城」と呼ばれ、自民候補と野党系候補が激しく争ってきた大分1区。

2019 5/10 17:04
政治

自民・穴見氏引退へ 大分1区 次期衆院選不出馬

 自民党の穴見陽一衆院議員(49)=大分1区=は10日、次期衆院選に出馬せず、政界を引退する意向を明らかにした。任期を2年以上残しているが、衆参同日選の観測もあり、早期に次期候補者を選定した方が良いとの判断から、この時期に意向表明したという。

2017 10/24 6:00
政治

離島の開票割れた対応 台風で移送不能、福岡市は待たず 佐世保市現地で急きょ開票

 衆院選が投開票された22日は台風21号の接近で荒天となり、離島の投票箱を移送できない自治体が相次いだ。開票を23日に延期したケースが多い中、長崎県佐世保市は急きょ島に開票所を設けて即日対応。

2017 10/24 6:00
政治

民進出身明暗 熊本1、4区 立民・矢上氏比例復活 希望・松野氏議席失う

国政復帰が決まり、支持者と喜び合う矢上雅義氏=23日未明、熊本県八代市

 熊本県の小選挙区で、民進出身の2人の明暗が分かれた。1区の希望前職、松野頼久氏(57)は17年間維持した議席を守れず落選。

2017 10/23 6:00
政治

台風で即日開票見送り 佐賀2区、宮崎2区 離島票届かず

 台風の影響で全国で衆院選の開票延期が相次ぐ中、九州では22日、佐賀県唐津市と宮崎県延岡市の各選挙管理委員会が、離島からの船便が欠航して投票箱を移送できないため即日開票を見送り、それぞれ23日午後2時と同1時からに延期すると発表した。これに伴い、佐賀2区(当日有権者数35万3654人)と宮崎2区(同28万4933人)、比例代表九州ブロックの開票結果が確定しなかった。

2017 10/23 6:00
政治

九州、自民が4県独占 希望、立民は1議席 小選挙区

 衆院選は23日未明、九州7県の31小選挙区のうち、台風の影響で開票が遅れている佐賀2区を除き、議席が確定した。自民党は1996年に小選挙区制が導入されて初めて、福岡県と熊本県の全選挙区で勝利。

2017 10/23 6:00
政治

希望4、立民3議席確実 比例九州 自民は第1党維持

 定数1減の20議席を争った衆院選比例代表九州ブロックは、自民が7議席以上を得る見込みで、2012年から3回連続で「比例九州・第1党」を維持した。前回4議席の公明は3議席を確保。

2017 10/22 6:00
政治

「#選挙行きま」すか? 若者“最後のつぶやき” 「未来選ぼう」「放棄もったいない」

普段はツイッターでサッカーや野球についてつぶやくことが多いという「チバヒロユキ」さん=大分県日田市

 衆院選投開票を翌日に控えた21日、「最後のお願い」の絶叫が響く中、インターネット上では有権者たちの“最後のつぶやき”が飛び交った。会員制交流サイト(SNS)の活用が解禁されて2度目の総選挙。

2017 10/21 6:00
政治

県都など一部激戦 衆院選・九州

 九州7県では、31小選挙区で92人が最終盤の攻防を繰り広げている。全国同様に自民党が優勢を保つ中、県都など一部の選挙区では与野党の激戦となっている。

2017 10/21 6:00
政治

被爆地覆う「国難」 高校生核容認も 対北朝鮮脅威あおられ 衆院選22日投開票

平和学習で「核の傘」を学ぶ高校生。被爆地・長崎の若い世代にも核を容認する声がある=17日午後、長崎市内

 安倍晋三首相が衆院解散の「大義」の一つとして挙げた北朝鮮の核ミサイル問題。各党とも衆院選公約で「北朝鮮への圧力」をうたうが、解決に向けた道筋は示されず、議論は深まっていない。

2017 10/21 6:00
政治

投票率台風が「直撃」? 九州に22日接近、荒天の恐れ 影響、実際は裏付けなし

期日前投票所前で列を作る有権者。期日前投票者は前回衆院選より増えている=12日午後、佐賀市役所

 超大型台風が、よりによって22日の衆院選投票日に列島を直撃する恐れが出てきた。気になるのは投票率。

2017 10/21 6:00
政治

山間部などの有権者対象 中津市選管が送迎バス 投開票日の午前と午後

 車の運転ができないなど交通手段がない高齢者の投票環境改善のため、中津市選挙管理委員会は衆院選の投開票日の22日、同市本耶馬渓町、耶馬渓町、山国町の投票所12カ所に無料送迎バスを運行する。昨年7月の参院選に続き2回目。

2017 10/21 6:00
政治

高校、大学そばで「選挙へ」 専門スタッフがネット投稿 若者に照準、追い上げへ

会員制交流サイトに政策を語る動画を投稿する元職(右)。毎朝、選挙区内の街角で撮影している

 選挙権年齢が18歳以上に引き下げられて初の衆院選。前職の壁を乗り越えて返り咲きを目指す福岡都市圏の元職の中には、若者への支持拡大に力を入れる陣営もある。

2017 10/19 14:27
政治

投票券なくてもOK? 衆院選 本人確認簡素、なりすまし懸念も 福岡市「バランスを考慮」

「投票所入場整理券」のサンプル。福岡市ではこの葉書を持参しなくても投票できる=18日午後、同市選挙管理委員会事務局

 選挙で投票所に行く際に持参する「投票所入場整理券」。選挙名や指定の投票所、氏名などを印字しており、受付で係員が選挙人名簿と照合し、投票用紙と引き換えてくれる大切な券だ。

2017 10/19 6:00
政治

【1強考】9条を問う(下)首相宿願、民意とずれ

 憲法論議の主役は誰か。主権者である国民のはずなのだが-。

2017 10/19 6:00
政治

【1強考】9条を問う(上)矛盾残す「自衛隊明記」

 戦車が公道を進み、小銃を抱えた隊列が行進する。陸上自衛隊が駐屯する九州のある街で、衆院選の公示を数日後に控えてパレードが行われた。

2017 10/17 6:00
政治

小池氏「原発ゼロ」触れず 公示後初の九州入り 演説、政権批判に終始

応援演説で手を振る希望の党の小池百合子代表=16日午後3時41分、福岡市・天神

 希望の党の小池百合子代表が16日、衆院選公示後初めて九州入りし、福岡、佐賀、鹿児島各県で希望候補への支持を訴えた。原発の立地自治体では公約の「2030年までの原発ゼロ」には触れず、「安倍1強政治を許さない」と政権批判に終始した。

2017 10/15 6:00
政治

比例九州、定数減で激戦 公明、4議席死守へ野党に秋波 共・社「新党に票奪われる」警戒

 22日投開票の衆院選で、比例代表九州ブロック(九州・沖縄8県)の票争奪戦が熱を帯びている。同ブロックの定数は、2014年の前回から1減して20。

2017 10/13 13:48
政治

首相、公示後初の九州入り 鹿児島などで遊説 北朝鮮への圧力強化を強調

公明党の山口代表(左)と街頭演説する自民党総裁の安倍首相=13日午前、鹿児島市

 自民党総裁の安倍晋三首相は13日午前、衆院鹿児島1区の立候補者応援のため鹿児島市を訪れた。公示後、首相が九州入りするのは初めて。

2017 10/13 6:00
政治

18歳有権者急仕立て 解散突然、主権者教育手探り 「生の素材」公約を活用

衆院選について報じる新聞各紙を読み比べ、各党の政策や争点について議論する生徒たち=12日午後、福岡市早良区の修猷館高

 選挙権年齢が「18歳以上」に引き下げられ、初めて迎える衆院選を前に、新たに有権者となる高校生の投票意識をどう高めるか、課題になっている。各高校は模擬投票など「主権者教育」に取り組んできたが、授業計画は通年で立てられており、「急な衆院解散への対応は難しい」との声も多い。

PR

PR

注目のテーマ