佐賀版
掲載面

「佐賀版」

西日本新聞朝刊の佐賀面に掲載されたニュースを提供します。

2020 11/28 11:00
佐賀

心ほっこり干支人形 多久の工房、「丑」制作大詰め

倉富博美さんが丁寧に絵付けを施す丑の干支人形

 年の瀬を前に、来年の干支(えと)「丑(うし)」にちなんだ牛の素焼きの人形作りがピークを迎えている。人形師倉富博美さん(69)の工房「人形の家聖心房」(佐賀県多久市多久町)でも絵付け作業が大詰めとなっている。

2020 11/27 11:00
佐賀

「鬼退治」人形劇で再現 唐津の鬼塚小児童

人形劇を披露する鬼塚小の3年生たち

 旧鬼塚村にある佐賀県唐津市養母田の市立鬼塚小で26日、3年生60人による人形劇「なして おんつか(鬼塚)」の発表会があった。鬼塚の地名の由来を紹介する内容で、郷土の歴史を学ぶ総合的な学習の一環として取り組んだ。

2020 11/27 11:00
佐賀

嘉瀬川ダムに〝カード風〟フォトフレーム

嘉瀬川ダム管理支所の近くに設置されたフォトフレーム

 佐賀市富士町の嘉瀬川ダム管理支所近くにフォトフレームが設置され、撮影スポットになっている。全国各地で配られているダムカード風のデザインで、枠の中に立ってダムの堤体と一緒に写真を撮れば「オリジナルダムカード」になる。

2020 11/26 11:00
佐賀

スノボ世界4位、佐賀出身の加藤さん「世界一の滑り手」目指す

山口祥義知事(左)に4位入賞を報告する加藤彩也香さん

 佐賀市出身のスノーボード選手の加藤彩也香さん(28)が17日、県庁を訪れ、1月に長野県で開かれたフリーライドの世界選手権(FWT)で4位に入賞したことを山口祥義知事に報告した。加藤さんは「世界一の滑り手になりたい」と抱負を語った。

2020 11/26 11:00
佐賀

井上康徳さん追悼展 父萬二さん譲りの温かみある作品100点 29日まで

佐賀市で始まった井上康徳さんの追悼展

 白磁の人間国宝、井上萬二さん(91)=佐賀県有田町南山=の長男で、8月に62歳で亡くなった有田焼の陶芸家、井上康徳さんの追悼展が25日、佐賀市の佐賀玉屋本館6階で始まった。父から受け継いだ技に独自の作風を加えた花器や鉢など約100点を展示販売している。

2020 11/26 8:00
佐賀

鳥インフル県緊急会議「緊張感高めた対応を」 ウイルス侵入対策確認

市町や養鶏関係団体を集めて開かれた鳥インフルエンザ緊急防疫対策会議

 福岡県宗像市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザが確認されたことを受け、佐賀県は25日、市町や養鶏関係団体を集めて緊急防疫対策会議を開催。ウイルスを養鶏場に侵入させない対策などを確認した。

2020 11/25 11:00
佐賀

佐賀・唐津市でコロナ感染防止対策「見える化」ステッカー配布へ 

唐津市が配布するステッカー(同市提供)

 佐賀県唐津市は24日、新型コロナウイルスの感染防止に取り組む市内の事業所にステッカーを配布すると発表した。25日から申し込みを受け付ける。

2020 11/25 6:00
佐賀

【動画あり】75年以上続く伝統行事「鋳造実習」佐賀・鳥栖工高

溶けた鉄を鋳型に流し込む鳥栖工業高の生徒(中央)

 佐賀県鳥栖市の鳥栖工業高で16日、校内の溶解炉を使った鋳造実習があり、機械科2年生ら44人が機械の部品作りに挑んだ。75年以上続く伝統行事で、同高によると、校内の溶解炉を使って実習を行う高校は全国でも珍しいという。

2020 11/24 11:00
佐賀

佐賀・小城町のカフェ「BASE ogi」にギャラリースペースがオープン

「たくさんの人に使ってほしい」と話す荒川司さん(左)と、個展を開催中の志田三都子さん

 佐賀県小城市小城町のカフェ「BASE ogi(ベースオギ)」に、絵画や工芸を展示できるギャラリースペースがオープンした。責任者の荒川司さん(66)は「多くの市民に有効活用してほしい」と話している。

2020 11/23 11:00
佐賀

呼子元気に、よさこい披露 朝市通り練り歩く 地元と佐賀大のチーム

呼子朝市通りで踊る嵐舞のメンバー

 新型コロナウイルスの影響で客足が鈍っている佐賀県唐津市呼子町を盛り上げようと、地元のよさこいチーム「彩海(さいか)」と佐賀大のよさこいサークル「嵐舞(らんぶ)」の計約50人が22日、呼子朝市通りを練り歩き華やかに彩った。 発起人は彩海の山根敬光代表(32)。

2020 11/23 11:00
佐賀

秋の伊万里湾 花火1500発彩る コロナ対策でシークレット開催

秋の伊万里湾を彩った大輪の花火

 秋の伊万里湾を彩る「伊万里湾大花火」大会が21日夜にあり、大輪が夜空と水面を鮮やかに染めた。 佐賀県伊万里市などで作る実行委員会が2018年から毎年続ける人気行事。

2020 11/22 11:00
佐賀

昔の流行?地域信仰? ハート形手水鉢の謎 みやき町南部に点在

宮村観音堂にあるハート形の手水鉢

 佐賀県みやき町南部に点在する「ハート形」の手水(ちょうず)鉢が、恋愛成就のパワースポットとして若者の人気を集めている。「ハートフルタウン」をうたう町によると、手水鉢は石造りで、多くは神社仏閣にある年代物らしい。

2020 11/21 11:00
佐賀

明治から昭和の酒造り伝える 佐賀県から光栄菊酒造本蔵など文化財に

光栄菊酒造の本蔵の天井に張り巡らされているはり

 国の文化審議会が20日、文部科学相に答申した登録有形文化財(建造物)には、佐賀県内から小城市三日月町織島の「光栄菊(こうえいぎく)酒造」の「通り蔵及び本蔵」「煙突」など6件も盛り込まれた。県によると、6件は明治中期から昭和前期の建築物で、当時の酒造りをうかがい知れる建物だという。

2020 11/21 11:00
佐賀

独自の感性でコーヒー包む 自閉症作者のデザイン、SNSで広がり商品に

コーヒーのパッケージをデザインした瀬戸口楓子さん(左)と、母の庸子さん。背景は楓子さんの作品

 水性ペンで描くいくつもの丸をテーマに創作活動を続ける自閉症の瀬戸口楓子さん(20)=佐賀市=の作品が、ドリップパックコーヒーのパッケージに採用され、注目を集めている。会員制交流サイト(SNS)での交流をきっかけに、三重県の団体が依頼した。

2020 11/20 11:00
佐賀

「秋の有田陶磁器まつり」開幕 新作展示や特価品販売、23日まで

ギャラリー「職人舎」で開かれている作品展

 焼き物の里で町歩きや買い物を楽しむ「第16回秋の有田陶磁器まつり」が19日、佐賀県有田町で始まった。まつりに合わせた新作の展示や特価品販売のほか、初日は有田焼卸団地のアリタセラで、先人や使われなくなった茶わんに感謝する「第38回茶わん供養」があった。

2020 11/20 11:00
佐賀

「鍋島緞通」文様で有田焼 女性グループ「TASUKI」が第1弾作品

女性後継者グループ「TASUKI」の(左から)蒲地亜紗さん、諸隈千佳さん、吉島夕莉子さん

 佐賀県を代表する伝統工芸、有田焼と鍋島緞通(だんつう)の担い手として家業を継いだ女性3人が、若手後継者グループ「TASUKI」を立ち上げた。共作の第1弾として、鍋島緞通の伝統文様を描いた有田焼の染め付け皿を制作した。

2020 11/19 11:00
佐賀

「末永く触れて」故陶山さん愛用のピアノ地元に寄贈 佐賀・鳥栖市

父のピアノの音色に笑顔を見せる藤崎美枝子さん(左)と陶山武司さん

 校歌や社歌など今も歌い継がれる数多くの曲を作った佐賀県鳥栖市の音楽教育家陶山聰(すやまさとし)さん(1907~99)が愛用したピアノが22日、生家に近い市の公共施設「旭まちづくり推進センター」(同市儀徳町)に寄贈される。同日の贈呈式を前に、陶山さんの家族らが調律を終えたばかりのピアノの音色に耳を澄まし、陶山さんの功績に思いをはせた。

2020 11/18 11:00
佐賀

「防げたかも」思い悩んだ日々…佐世保小6殺害遺族、犯罪被害者の支援訴え

 犯罪被害者の支援のあり方を考えるフォーラムが17日、佐賀市のメートプラザ佐賀であった。2004年に長崎県佐世保市の小6女児同級生殺害事件で亡くなった御手洗怜美さん=当時(12)=の次兄(31)が事件後の日々を振り返り、支援の大切さを訴えた。

2020 11/18 6:00
佐賀

【動画あり】ウナギさん大きくなってね 子どもたちが稚魚放流

ウナギの稚魚を放流する児童たち

 佐賀県は17日、神埼市とみやき町の筑後川にニホンウナギの稚魚計4250匹を放流した。 資源保存を目的に1974年から毎年実施。

2020 11/17 11:00
佐賀

太良町課長を逮捕 虚偽公文書作成などの疑い 県警

写真はパトカーのイメージです。本文とは関係ありません

 佐賀県警捜査2課と鹿島署は16日、太良町が発注した立木などの伐採業務を巡り、業者の契約期間を不正に延長する文書を作成したなどとして、虚偽有印公文書作成と同行使の疑いで鹿島市高津原、同町建設課長の田崎一朗容疑者(60)を逮捕した。 逮捕容疑は昨年12月上旬、町が随意契約で鹿島市の業者に発注した伐採業務(約240万円)に関し、契約期間を延長させるための文書を自身で作り、町役場の職員に起案者欄に押印させて虚偽の公文書1通を作成し、課内に備え付けて行使した疑い。

PR

PR

注目のテーマ