成年後見はいま
コーナー

「成年後見はいま」

認知症などで判断能力が低下した人の生活と財産を、家庭裁判所に選ばれた親族や法律の専門家が守る「成年後見制度」。以前から使い勝手の悪さが指摘されている。市民を悩ませているのは、第三者が後見人になり、報酬の支払いも生じる点。実際に直面した二つの家族の例から課題を考えたい。

2021 6/1 9:36
くらし

信託や預貯金、手数料発生 後見制度支援信託の仕組みに困惑

姉の後見人になれなかった男性。制度に不満を募らせている

 福岡市の男性(76)は、成年後見制度にいい印象があった。これまで親族の後見人を2度務め、本人をみとってきた。

2021 5/25 17:32
くらし

「なぜ家族じゃない人が」報酬払うため減る財産 成年後見制度の課題

成年後見制度のパンフレットを見る夫。家族の希望はかなわず、妻の弟の後見人には司法書士が就いた

 認知症などで判断能力が低下した人の生活と財産を、家庭裁判所に選ばれた親族や法律の専門家が守る「成年後見制度」。以前から使い勝手の悪さが指摘されている。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR