コーナー

「福岡連載アーカイブ」(2ページ目)

「福岡連載アーカイブ」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2017 8/10 15:24
福岡

森へおいでよ 筑豊の自然再発見<46>ハゼノキ 蝋の木が灯した希望

(1)ハゼノキの葉の付き方は、ヤマハゼのほか、ヤマウルシなどにも似る。覚えておくと危険を回避できる撮影場所は飯塚市健康の森公園(飯塚市自然体験プログラム「いいねん!」)

 植物は、見るだけではなく、触ったり、匂いを嗅いでみたりすると、より親しみがわく。しかし、観察会などで「触らないで」と言わなければならないものもある。

2017 8/10 6:00
福岡

【記憶を訪ねて 戦後72年(4)】「戦争はすべての人を苦しめる」

海軍時代の写真や感謝状を背に平和への思いを語る坂本弘之さん

 今の平和が奪われ、自分が戦地に送られたら…。 昨今の政治状況や国際情勢を見ていると不安がよぎる。

2017 8/9 17:18
福岡

【記憶を訪ねて 戦後72年(3)】18歳の死、風化させない

久世龍郎一等飛行兵の慰霊碑(左奥)。毎年8月8日に慰霊祭が行われ、今年も自衛隊OBらが駆けつけた

 なぜ、筑豊に空襲はなかったのか-。国内有数の産炭地で、戦時中は燃料供給の拠点だった。

2017 8/9 17:04
福岡

【記憶を訪ねて 戦後72年(2)】「日常の暮らし 当たり前ではない」

中学生に自身の体験を語る西川光義さん

 中学3年生の8月。15歳の私は、受験勉強もそっちのけで、サッカーの練習に明け暮れていた。

2017 8/9 17:04
福岡

【記憶を訪ねて 戦後72年(1)】「平和の意味 若者に伝えたい」

戦争体験を語る杉林宏さん

 息をのみ、言葉が見つからなかった。かきあげた髪の下に、肌色にふくれあがった傷があった。

2017 8/3 14:48
福岡

森へおいでよ 筑豊の自然再発見<45>魅力の里山 森こそ楽しさの源泉

(1)アズキガイ。県絶滅危惧2類撮影場所は嘉麻市熊ケ畑ひまわり畑(熊ケ畑ひまわり畑みんなで花を咲かせよう事業)

 里山の恩恵についてはこれまでも当シリーズにおいてことあるごとに触れてきたが、里山の魅力について語り尽くせたわけでは、決してない。今回は、あえて、里山の真の魅力について考えたい。

2017 7/27 13:28
福岡

森へおいでよ 筑豊の自然再発見<44>英彦山の絶滅危惧種 災害で環境に変化も

(1)英彦山上空を飛ぶクマタカ

 英彦山(添田町)には豊かな生態系がある。その生態ピラミッドの頂点に君臨するのがクマタカである=写真(1)。

2017 7/27 6:00
連載

今天中国~中国のいま(50) 「思春期の国」の将来

高層ビルが林立する北京。建設中のビル(中央左)は108階建て。北京で最も高いランドマークになる

 ついに、というべきか。中国・上海市に先月、24時間営業の無人コンビニエンスストアが登場した。

2017 7/25 6:00
連載

今天中国~中国のいま(49) 新都市も指導者次第

県政府庁舎前にあった「雄安新区」建設推進をうたう生け垣=河北省保定市雄県

 中国の農村部を訪ねると、地元政府庁舎の巨大さにあぜんとすることがある。例えば、浙江省にある人口40万人ほどの県の庁舎は、全面ガラス張りで日本の首相官邸を上回る規模。

2017 7/21 6:00
連載

今天中国~中国のいま(48) ゲーム中毒も急速に

大人気ゲーム「王者栄耀」の公式ホームページ。三国志のキャラクターも登場する(写真の一部を加工しています)

 中国で今、スマートフォンのゲームが物議を醸している。その名は「王者栄耀」。

2017 7/20 14:40
福岡

森へおいでよ 筑豊の自然再発見<43>色鮮やかなキノコ 「虹の七色」に挑んだ

(1)撮影場所はサンビレッジ茜(やるKIDS)

 キノコは意外と彩り豊かで、森の中をよく観察すると、赤色や黄色のキノコに出合う確率も結構高い。そこで今回は、今まで筆者が出合ったキノコで虹の七色を表現できるのかに挑戦したい、と思う。

2017 7/17 6:00
連載

今天中国~中国のいま(47) 自立心が旺盛な理由

天安門広場を歩く中国人民解放軍の幹部ら(共同)

 北京名物、羊肉のしゃぶしゃぶが有名な北京の老舗料理店が今、閉店の危機に立たされている。 関係者によると、入居するビルの所有者が突然、即時立ち退きを要求してきたという。

2017 7/13 13:45
福岡

森へおいでよ 筑豊の自然再発見<42>交尾中 そっとのぞいて、ね

(1)ホソハリカメムシ撮影場所は飯塚市立菰田小学校(菰田児童クラブ)

 交尾中のむしを見つけた子供に対し、大人はしばしば「結婚している」と表現する=写真(1)。しかし「交尾=結婚」ではない。

2017 7/12 6:00
連載

今天中国~中国のいま(46) 偽の「新聞記者」現る

多くのメディア関係者が集まった記者会見場=北京

 「コピー天国」と呼ばれる中国。「偽物でも安くて丈夫です」と、知人女性がかばんや時計、財布を見せてくれたことがある。

2017 7/11 6:00
連載

今天中国~中国のいま(45) 公式発表はごますり

 中国共産党機関紙、人民日報に先日、珍しい記事が掲載された。事件事故に関する各地方政府の公式発表を批判する内容だ。

2017 7/6 15:00
福岡

森へおいでよ 筑豊の自然再発見<41>白亜紀の世界 太古に思いをはせる

(1)ワキノサトウリュウの歯化石のレプリカ。先端が欠けている(宮若市)

 恐竜が闊歩(かっぽ)していた約1億2千万年前、中生代白亜紀前期の関門層群脇野亜層群(かんもんそうぐんわきのあそうぐん)と呼ばれる地層が、宮若市や飯塚市、直方市などに分布している。脇野亜層群は、川や湖に、泥や砂、火山灰、礫(れき)などが積もってできた堆積岩で構成され、その一部は道路の舗装材やセメントに混ぜる砕石として盛んに採掘された。

2017 7/6 6:00
連載

今天中国~中国のいま(44) バナナと自由の「味」

大学生らの集会で掲げられた「香港独立」の旗=香港

 香港人を「バナナ」に例える言い方があるという。地元の人の話によると、人種的には肌は黄色いが、一皮むくと白人のよう。

2017 6/29 15:03
福岡

森へおいでよ 筑豊の自然再発見<40>香りを楽しむ 心で「聞いて」みよう

(1)樟脳の結晶 撮影場所はエコ工房(飯塚市自然体験プログラム「いいねん!」)

 筆者らの観察会は、視覚、触覚、味覚、嗅覚、聴覚の五感を駆使して楽しむことを旨としている。もちろん、視覚と聴覚以外は、場合によっては危険を伴うこともあるため、なんでもかんでも、という訳にはいかない。

2017 6/27 6:00
連載

今天中国~中国のいま(43) 文化財を見つけたら

1974年に見つかった秦始皇帝陵の兵馬俑。貧村は有数の観光拠点に一変した=西安市

 明・清朝時代の旧王宮、故宮博物院(北京)で先日、異例の「しのぶ会」が開かれた。対象は研究者でも指導者でもない。

2017 6/24 6:26
連載

今天中国~中国のいま(42) 「お一人さま」ボックス

電話ボックスのような「ミニカラオケ」。百貨店などに増えている。=北京

 北京のショッピングモールの1階エントランスに電話ボックスのような「箱」が並んでいた。中に椅子二つとマイク、ヘッドホンがある。

PR

PR

注目のテーマ