まとめ

「社会保障・労働」

「社会保障・労働」に関するこれまで扱われたニュース一覧を最新順に掲載しています。

2022 1/22 6:02
福岡経済経済

ヤマト、24年から輸送に貨物機導入 日航傘下が運航、北九州空港も活用

ヤマトホールディングスが導入する貨物専用航空機のイメージ(ヤマトHD提供)

 宅配便大手のヤマトホールディングス(HD)は21日、地方と首都圏を結ぶ長距離輸送の手段として、貨物専用の航空機を導入すると発表した。2024年4月から、北九州など地方3空港と、羽田、成田の両空港を往復する。

2022 1/22 6:00
経済

クーリングオフ、人相手にはできない【ウェブこの1本】

「超短期解雇」後を絶たず 試用期間中 専門家「雇用責任再認識を」(18日)出勤2日目に告知された女性、解雇予告も手当もなかった女性-。確かに、法律や判例では使用者側に有利なものがある。

2022 1/20 6:01
経済福岡くらし

営業時間が変わります ソラリアプラザ、2月17日から 働き方改革の一環で時間短縮へ

 西日本鉄道(福岡市)は19日、同市・天神の商業施設「ソラリアプラザ」の営業時間を2月17日から試験的に短縮すると発表した。働き方改革の一環で、8月末まで。

2022 1/19 6:00
経済社説・コラム

賃上げ「成長」あってこそ【経済記者の目】

経済記者の目

 「分配よりも成長が先。 5日、福岡市で開かれた福岡商工会議所の新年祝賀会。

2022 1/18 17:32
くらし

「超短期解雇」後を絶たず 試用期間中 専門家「雇用責任再認識を」

試用期間中、2度にわたり解雇を告げられた女性(右)。理由に納得できず、退社が残念でならない(写真の一部を加工しています)

 働き手が仕事に就いた後、ごく短い試用期間中に辞めさせられるケースが後を絶たない。試用中の解雇を巡っては、雇い主に幅広い権利を認めた判例があり、法律にも使用者に有利な条文があることが背景にある。

2022 1/18 6:00
社会社会

技能実習生の妊娠、進まない理解 熊本の双子遺棄、19日に控訴審判決

双子の一周忌法要に参列する女性被告

 熊本県芦北町で2020年11月、死産した双子の遺体を自宅に放置したとして、死体遺棄罪に問われたベトナム国籍の女性技能実習生(22)の控訴審判決が19日、福岡高裁で言い渡される。予期せぬ妊娠が分かった被告は「妊娠したら帰国させられる」と信じ込み、なかなか周囲に相談ができず、逮捕された。

PR

PR