新天地 翔る
コーナー

「新天地 翔る」

2021年の筑後版では、魅力あふれる筑後地方に人を呼び込もうという企画「ちっごに来んの!」を展開します。第1弾の新年連載「新天地 翔(かけ)る」では、筑後に移り住み、羽ばたこうとしている人々を紹介します。

2021 1/13 11:00
福岡

「家族守る」地方から世界王者へ 宮崎県→久留米市のプロボクサー

WBOのアジア・パシフィック・ウエルター級チャンピオンベルトを持つ別府優樹選手

 夜明け前、福岡県久留米市の筑後川河川敷。がっしりとした男性が黙々とジョギングをしていた。

2021 1/12 11:00
福岡

耳納連山に一目ぼれ 山口県→久留米市移住の黒田さん

耳納連山を背にして立つ黒田俊光さん

 黒々とした耳納(みのう)連山を背景に、白い煙がたなびいている。 一目ぼれだった。

2021 1/11 11:00
福岡

持続可能な生活実現できた 英国→八女市の写真家・グラフィックデザイナー

古民家を少しずつ改修し、昔ながらの田舎暮らしを楽しむルパート・シングルトンさん

 雪が残る軒をくぐり玄関を開けると、まきストーブのある土間で、はんてん姿の家主が迎えてくれた。 「日本の伝統的な暮らしはとてもサステナブル(持続が可能)。

2021 1/10 11:00
福岡

地方に感じた可能性 福岡市→大牟田市移住のイタリアンシェフ

自慢のピザを持つ古賀太一朗さん

 トスカーナのようだ。古賀太一朗さん(31)は、自身のイタリア料理店「ターチ」がある福岡県大牟田市を、1年暮らした異国の地と重ねる。

2021 1/8 11:00
福岡

ブランドの誇り継承 福津市→大木町移住の拜郷さん

丹精込めて育てた「あまおう」を収穫する拜郷朋昭さん

 クリークが張り巡らされた広大な田園地帯に、イチゴのハウスが並ぶ。拜郷(はいごう)朋昭さん(37)は、福岡県大木町で新規就農して6年目。

2021 1/7 11:00
福岡連載

スポーツ観光の可能性探る 鹿児島県→うきは市移住の阿世知さん

フットサル教室で指示を出す阿世知大作さん

 指導中の表情はいつも柔和だ。子どもたちは「教室に入ったら、ますます楽しくなった」と体操やフットサルに熱中する。

2021 1/6 11:00
福岡連載

みんなを受け入れるカフェに 北海道と沖縄→久留米市移住の夫婦

自然と人が集うコーヒー店を営む照井雄佳さん(右)と愛子さん

 そのカフェには、いろんな人がやって来る。転職活動の面接結果を知らせに訪れる女性。

2021 1/5 11:00
福岡

観光の未来図描く「御花」デザイナー 長野→柳川市移住の竹中さん

地域への思いを込めて企画を提案する竹中逸人さん

 竹中逸人(はやと)さん(30)の名刺の肩書は「デザイナー」だ。転職して昨年5月、福岡県柳川市にやって来たばかり。

2021 1/4 11:00
福岡

伝統工芸の町で腕磨く蒔絵職人 静岡県→八女市移住の窪田さん 

八女市で蒔絵職人として歩み始めた窪田伊麦さん

 伝統の技を感じさせる白壁の町家が気に入った。先輩職人の指導は、厳しさの中にも思いやりを感じた。

2021 1/3 11:00
福岡

鶏「平飼い」自慢の卵 農家増やしたい 長崎→うきは市移住の森さん

生産した卵を持つ「るなファーム」の森智寛さん

 卵を割って驚く人も多いだろう。黄身の色が白に近いのだ。

PR

PR